スポンサーリンク

【MLB移籍2018】エンゼルスがクリス・ヤングと2016 HRキングのクリス・カーターを獲得

エンゼルス

LAAが2人の野手を獲得

大谷投手のスプリング・トレーニング開始でますます盛り上がっているエンゼルスですが、現地2018年2月18日、2人のベテラン野手を獲得しました。

クリス・ヤング

まず一人目は外野手のクリス・ヤング(※同姓同名の長身のピッチャーではありません)で、1年で合意です。

今季34才となるベテランは20代をダイヤモンドバックスで過ごし、その後はアスレチックス、メッツ、ヤンキース、レッドソックスと渡り、2017年11月にFAとなっていました。

年齢といい、今季の交渉次第では引退も?と心配していたのですが、移籍先が決まってよかったです。

ただし、CF マイク・トラウト、LF ジャスティス・アップトン、RF コール・カルフーンの3人が固いエンゼルスなのでバックアップとしての補強となります。これは致し方ありませんね。ベテランですし、いい活躍を期待したいと思います。

クリス・カーター

もう一人、クリスが入りました。

2016年に41本(当時ブルワーズ)でナ・リーグHRキングとなったクリス・カーターです。クリス・カーターとはマイナー契約。

この人は長打力があるものの三振が多く、さらに守備(1B/LF)も今ひとつですからせっかくのHRキングの実績もなかなか市場では価値があがりません。2017年のFA市場でも結構時間がかかりました。

ヤンキースを退団

また、シーズンの成績も打率.201、HR8本とまったく振るわず、ヤンキースを7月で解雇されてしまいました。その後、アスレチックスに拾われたのですが、トリプルAから上がることなくシーズンを終えました。

本当にもったいない逸材なのですが、今の野球ではHRだけというのは厳しいです。

アーロン・ジャッジ起用に貢献してしまう

ただ、この人の不調だったゆえにアーロン・ジャッジがよりゲームに出やすくなったという一面もありました。

今季は早くメジャーに上がってもらい、本来の魅力を見せてもらいたいところです。確実性がもう少し上がればいいんですけどね。

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

コメント

NEW

【MLB 2021】大谷選手、2日連続のHR!18号、19号!
【粘着剤ルールへの反応】タイラー・グラスノーとアレックス・コブのコメント
【MLB規制】高粘着異物の具体的な運用が明らかに(追記あり)
【MLBボール】投球時の高粘着の異物による滑り止め規制の開始
トレード注目のマックス・シャーザー、怪我は右の鼠径部で軽症(追記あり)
【MLB2021】大谷選手、自打球直後に二塁打!投げては奪三振8で勝利に貢献
【MLB2021】「好調」ニック・マドリガル(CWS)、右ハムストリングを傷め長期離脱へ
【MLB2021】ルーク・ウィリアムス、メジャー初HRは「サヨナラ」!
【MLB2021】ケブライアン・へイエスとボビー・ウィット・Jr.がベース踏み損ねでHRが無効に
【MLBデビュー】チームUSAでの活躍で昇格したルーク・ウィリアムス、初ヒットはセイフティー!!
【MLB アウトライト】フィリーズがスコット・キンガリーに厳しい決断
【MLB2021】レッドソックス、ライバル対決をスイープ!
【MLB2021】ジェシー・ウィンカーが今季2度めの1試合3HR!レッズはカージナルスをスイープ
”See you in TOKYO” チームUSA、東京五輪出場決定!トッド・フレイジャーが4-4!
【MLB2021】今季初のライバル対決はレッドソックスが勝利!デバースが先制3ランHR!
【MLB2021】ダルビッシュ投手、メッツ戦で投打に活躍し6勝目!
【ROAD to 東京】アメリカ大陸予選、チームUSAがスーパー・ラウンドへ
【MLB 2021】ロイヤルズ、噂のエドワード・オリバレスが昇格後も好調
【MLB2021】101mphが10球!ジェイコブ・デグロムがまた異次元の投球
【東京五輪2021】アメリカ大陸予選!ジャレン・デュラン、トリストン・カサスほかチームUSAのロスターが決定
タイトルとURLをコピーしました