スポンサーリンク

【2023ALCS7】レンジャーズが11得点でアストロズを粉砕! WSへ進出!MVPはアドリス・ガルシア

レンジャーズがALペナントを制覇

 現地2023年10月23日、レンジャーズ@アストロズのGame7はすごいゲームでしたね。戦前ではアストロズに分があるか?と思われました。というのもGm3で不安を撒き散らした形となったマックス・シャーザーと、やはりPSに強いという印象を与えたクリスチャン・ハビエルの顔合わせだったからです。

 しかし、結果は予想を裏切るレンジャーズの強烈な破壊力が投手陣をサポート。ブルース・ボーチー監督もスペシャルな継投を見せ、レンジャーズが見事にアストロズに勝利。2011年の以来のワールドシリーズ進出を決めました。

【YOUTUBE】The Texas Rangers are GOING TO THE WORLD SERIES!!

TEX、電光石火の初回の3得点

 これほどまでにうまくいくのか?というレンジャーズの初回の攻撃でした。なんとクリスチャン・ハビエルを1アウトでノックアウトするという強烈な破壊力でした。

  1. セミエン:強いSSゴロで1アウト
  2. シーガー:2球目の甘いボールをRFへ特大のソロHR (TEX 1, HOU 0)
  3. カーター:BB
  4. ガルシア:あわやHRかというLFウォール直撃のシングル(打った後、余韻に浸りました)(TEX 2, HOU 0)
  5. ガーバー:モーションの大きいハビエルからガーバーが2盗に成功。ガーバーはLF前ヒット。LFのブラントリーが打球を肩で弾き、ガルシアが生還(TEX 3, HOU 0)
  6. ハイム:LFへシングル
    ハビエルはここで降板。メイトンにスイッチ。
  7. ロウ:三振で2アウト
  8. ヤング:空振り三振で3アウト

シャーザー、WSが楽しみな投球

 このゲームのポイントはなんと言ってもマックス・シャーザーの出来。レンジャーズの戦法からも先制逃げ切りのパターンしかない訳ですからシャーザーがどれだけのボールを投げるのかという点と場合によってはショート・イニングでの降板も納得させるという点にありました。 

 そのマックス・シャーザーは立ち上がり、いきなりホセ・アルトゥーベにLFウォール直撃の2塁打を浴び、スコアリング・ポジションでヨルダン・アルバレスを迎える大ピンチ。ホセ・アブレイユにタイムリーを打たれ1点を許し、3-1となったものの、マイケル・ブラントリーを4-6-3のダブルプレーにし止めてピンチを脱出。どうなることかと思われた立ち上がりでした。

 シャーザーは3回裏にアレックス・ブレグマンにソロHR、ヨルダン・アルバレスにLFへあわやHRかという三塁打を許し、ホセ・アブレイユを3Bゴロに打ち取ったところでお役御免となりました。

 2.2IPで被安打4、失点2、自責点2、BB 2、SO 2、HR 1。数字は決してよくありませんが、Gm3の時とベロシティーは変わらなかったものの、ボールの切れがGm3とは格段に違いました。Gm3はいわば病み上がりの登板でしたが、この日はかなり調子を戻してきたという投球だったと思います。これはワールドシリーズでの投球がかなり楽しみでもあります。

スペシャル・リレー:モンゴメリー登板

 この日は総力戦と決めていたボーチー監督は2番手にジョーダン・モンゴメリーを起用。

 モンゴメリーは期待に答え、3回2アウトから5回まで計2.1イニングを投げ、被安打3、スコアレスに抑える好投。ここで締めたのは大きかったですね。

試合を決めたTEXの4回の4得点

 3回裏を終えてスコアは4−2。レンジャーズはまだセイフティー・リードではありませんでした。

 しかし、4回表にビッグイニングを作り4得点を上げ、7-2とリードを拡大。これでアストロズの意欲をくじいたと思います。

 アストロズの投手はJP・フランス。

  • ヤング:LFへのシングル
  • タベラス:三振で1アウト
  • セミエン:BB
  • シーガー:1B強襲の内野安打で満塁
  • カーター:RF線にタイムリー・トリプル。ヤング、セミエンが生還。(TEX 6, HOU 2)
  • ガルシア:1アウト、2、3塁で三遊間に2点タイムリー・シングル(TEX 8, HOU 2)
  • ガーバー:2Bフライで2アウト
  • ハイム:RFへシングルで2アウト1、3塁に。
  • JP・フランスが降板。ヘクター・ネリスにスイッチ
  • ロウ:BBで2アウト満塁
  • ヤング:SSゴロで攻撃終了

アドリス・ガルシア 5-4、5 RBI

 レンジャーズ打線の核となったのがやはりアドリス・ガルシア。1回の第1打席でのLFへの大きなHR性のシングルの後は、3回表にはRFへソロHR。その後は2点タイムリー、1Bフライ、左中間へのソロHRとこの日は5-4、5RBIでした。

 レンジャーズはモンゴメリーの後は、ジョシュ・スボルツ、アロルディス・チャップマン、そしてホセ・レクラクとつなぎ、この3人で4イニング、2失点に抑え、このまま逃げ切りました。

 最終的なスコアは11-4です。

MLB Gameday: Rangers 11, Astros 4 Final Score (10/23/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

MVPはアドリス・ガルシア

 ALCSからはシリーズMVPが決まりますが、アドリス・ガルシアに決定。

 ALCSは7試合で、28打数10安打!打率.357、OBP .400、SLG .893、OPS 1.293。HR 5、RBI 15、SB 1、SO 6。

  • 4試合連続HRはポストシーズン史上4番目に長い記録
  • 20 RBI(WC/ALDS/ALCS含む)は、2011年にデビッド・フリースが記録した21RBIに次ぐポストシーズン2位タイ。タイ記録のもう一人はチームメイトのコーリー・シーガーで2020年にドジャースで記録したもの。
    • ちなみにフリースとシーガーは20試合での達成に対し、アドリス・ガルシアは12試合で達成。WSもあるので記録更新は間違いないところ。
  • ALCS での15 RBIは、1シリーズのRBIとしては最多記録。それまでは2011年のALCSでネルソン・クルーズが記録した13 RBIが最多でした。

 アドリス・ガルシアのまさにレコード・セッティングなALCSの記録でした。

実はNPB出身

 なお、アドリス・ガルシアはキューバの国内リーグから出て初めての外国リーグがNPBだったという選手です。2016年に読売ジャイアンツに所属。ファームでは28試合で111-26、.234/.274/.396でHR 4、RBI 12、SB 2。しかし、1軍では4試合で7-0。ヒットレスでした。この時は23歳です。

 レンジャーズ、おめでとうございます!ネイトのWSでの勇姿がまた見られるのも嬉しい限りです。

M・ガーバーが脇腹にHBP

 なお、心配なのはミッチ・ガーバーです。6回表、ブライアン・アブレイユの97mphの豪速球を左脇腹にもろに受けました。肋骨が折れていないか?を心配しております。こちらは判明し次第、追記します。なお、ランナーには出ましたがトラビス・ジャンコウスキーに交代しています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
【MLB2024】ピート・クロウ=アームストロング(カブス/NLROY候補)がメジャー初HRを放つ!
【MLB2024】A’sが投手力でヤンキースをねじ伏せる!JP・シアーズ、メイソン・ミラーがシャットアウト・リレー
タイトルとURLをコピーしました