スポンサーリンク

【ALDS2019-Gm1】ヤンキースがツインズとの打撃戦を制し、先勝!ルメイユが5-3-4RBI!

MLB TOP 2の破壊力の対戦

現地2019年10月4日、レギュラーシーズン勝率2位と3位のALDSが行われました。

ツインズ@ヤンキースの対戦は、少し肌寒くなってきたニューヨークのブロンクスで気温14.4度の中、行われました。

今年のアンセムは合唱形式が多いですね。

ロスター

DV容疑がかかってしまったドミンゴ・ヘルマンは外れました。左肩痛のC.C.サバシアも報道通り外れました。長期離脱の選手の名前も記載しますと、右肘痛で今季アウトになったアーロン・ヒックス、右肩痛のジョナサン・ホルダー、左アキレス腱部分断裂のデリン・ベタンセスは当然外れています。

回復が微妙であったジオ・アルシェアは入り、左ふくらはぎ痛のマイク・トークマンが外れました。

シーズン終盤に復帰となったジャンカルロ・スタントン、ゲイリー・サンチェス、エドウィン・エンカーナシオンはロスターイン。ヤンキース残留熱望キャメロン・メイビンも入りました。

左打者

野手の左打ちはディディ・グレゴリアス、タイラー・ウェイド、ブレット・ガードナーのみです。

ツインズは9月に左肩手術となったバイロン・バクストンは当然アウト。トレードデッドラインで獲得したサム・ダイソンも右肩手術で2020年後半復帰なので、もちろんアウト(ツインズはパドレスに対してケガを知ってたんじゃないか?とクレームを起こしています)。

回復が微妙だった選手としては右腹斜筋を傷めていた3Bのエイーレ・アドリアンサ、右足首ねんざのルイス・アラエス、右腹斜筋を傷めていたマーウィン・ゴンザレス、左肩の筋肉の一部を傷めていたマックス・ケプラーは入りました。

投手では、禁止薬物(Performance Enhancing Drungs:PEDs)使用により60試合のサスペンションを受けているマイケル・ピネダはもちろんアウト。

シーズン終盤に不調となった10勝左腕のマイケル・ペレスが外れました。シーズン序盤はほんとうによかったんですけどね。

左打者

野手で左打ちはジェイソン・カストロ、ルイス・アルバエスに加え外野手3人(ケイブ、ケプラー、ロサリオ)。

エイーレ・アドリアンザ、マーウィン・ゴンザレス、ホルヘ・ポランコの3名はスイッチ・ヒッターです。

スタメン

ヤンキースの強烈なスターティングラインナップ。

ツインズは捕手のミッチ・ガーバーを1番起用です。

(サマリー)

シーズンHR数がともに300本を超えたMLB NO.1とNO.2の破壊力を持つ同士の戦い。

【2019レギュラーシーズン チームスタッツ】
  • HR 数(MIN:307-MLB 1位、NYY:306-MLB 2位)
  • AV. (MIN:270-MLB 2位、NYY:.267-MLB 4位)
  • Runs: (NYY:943-MLB 1位、MIN:939-MLB 2位)

壮絶な殴り合いをピシャっと止めるほど出来のいいラッキーボーイ的な投手が現れるかどうかが鍵を握る対戦でもありますが、Game1は双方合わせて5HRが飛び出しました。

ツインズがホルヘ・ポランコとネルソン・クルーズの2本のソロで先制リードするも、3回裏にヤンキースが長短打を絡めて3点を奪い逆転。

5回表にツインズはホルヘ・ポランコのタイムリーで同点。

5回裏、ヤンキースは四死球を絡めてグレイバー・トーレスが2点タイムリー二塁打で5-3と再びリード。

6回表、ツインズはミゲル・サノのソロHRで5-4の1点差に迫るも、その裏、ヤンキースはD.J.ルメイユとブレット・ガードナーの2本のソロHRで7-4とリードを拡大。

7回裏、ヤンキースは四球を3つ絡めて、D.J.ルメイユが走者一掃のタイムリー二塁打で10-4に。

ヤンキースは計7名の投手をリレーし、初戦を取りました。

BOX SCORE

D.J.ルメイユが4打点の活躍

1番を打ったルメイユが5打数3安打4打点の活躍。

ゴールド・グラブ3度受賞の名手も2回表には珍しいイージーエラーがありました。

スタンドからMVPコールが起こっていたのは良かったと思います。

今後の展開

両チームともに無傷でやり過ごすのは不可能な打線です。

このゲームはエラーが1ずつありましたが、記録されないエラーを含めこれから守備でどれだけ相手に無駄な進塁を抑えるかが鍵になるかもしれません。

最後、あの1点が・・・ということにならない方が勝つのではないかと思います。

Game2は田中投手とランディー・ドブナクです。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 契約 2023】ポスティング受理わずか1日!レッドソックスが吉田正尚選手を速攻で獲得!
【MLB 2023 FA】アーロン・ジャッジはヤンキースに決定!9年/360Mドル保証の超大型契約へ
【MLB FA 2023】注目SSのトレイ・ターナーはフィリーズに決定!11年/300Mドルの豪華契約へ
【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
タイトルとURLをコピーしました