スポンサーリンク

【2023ALCS3】シャーザー、ボールが走らず4回5失点!C・ハビエルがまた好投し、HOUが1勝目

2023 ALCS Gm3 HOU 8 @ 5 TEX (TEX 2-1リード)

 現地2023年10月18日、レンジャーズの2連勝で迎えたALCS Gm3は、舞台をグローブライフ・フィールドに変えて行われました。 

 このゲームの注目はレンジャーズ先発のマックス・シャーザー。

 マックス・シャーザーは9月13日付けでTeres major (大円筋)の張りによりIL入り。当初は少なくとも8〜12週間の欠場が予想され、シーズンの残りはもちろんのこと、ポストシーズンも無理だとみなされていました。しかし、とにかく投げることが大好きなサイ・ヤング賞を3度受賞した右腕は地道にリハビリに励み、9月26日にはブルペン・セッションを開始。10月7日にはLIVE BPも行い、ALDSのロスターからは漏れたものの、無事にALCSのロスターに入り、話題になっていました。

 どこまで調子を取り戻したかが注目されましたが、ちょっと厳しい結果となりました。

シャーザー、ボールが走らず

 1回表を三者凡退に仕留め、上々の立ち上がりを見せたシャーザーですが、4シームは93-95mphというところでやはりノーマルなシャーザーではありませんでした。

 70mph台のカーブをうまく使い、緩急を見せる工夫をしていたものの、2回表にヨルダン・アルバレスへの死球をきっかけに2本のタイムリーを浴びて3失点。

 3回表には先頭のホセ・アルトゥーベにPS通算25本目となるソロHRを浴び4失点目。4回表にはホセ・アブレイユに二塁打を許し、スイングの鋭いマウリシオ・ドゥバンにタイムリーを打たれ5失点目。シャーザーは4.0イニングを投げきり、63球を費やしました。被安打5、失点5、自責点5、BB1、HBP1、SO4、HR 1。

 確かに2イニングにややボールが走り出したのですが、ベロシティー不足を力で補おうとした結果、コマンドに乱れが生じたという結果だったと思います。むしろショート・イニングでの登板であって欲しかったのですが、さすがにメジャーを代表する投手にそういったオファーは失礼なのでしょう。マネジメント的には任せるという姿勢を示すしかないでしょうね。難しいところですね。

クリスチャン・ハビエルはまた好投

 アストロズ先発のクリスチャン・ハビエル(Cristian Javier)は、レギュラー・シーズンでは10勝を上げたものの(5敗)、ERAは4.56とキャリア・ワーストのシーズンでした。もともとBBは多い投手ですが、前年に比べてH9が5.4%から7.9%へ、HR9も1.0%から1.4%へ悪化。BB9は3.1%から3.4%への微増ですが、コマンドが悪かったので被安打増につながったようなシーズンでした。

ところが、ポストシーズンに入って調子が上がり、ツインズとのALCS Gm3では5.0イニングで1ヒッター、スコアレス投球を演じ、前年のワールドシリーズGm4でコンバインドノーヒッターを演じたあの投球を想起させる投球でした。

クリスチャン・ハビエルの2022年のPSの投球

GmDateOpp.ResultInningsIPHRERBBSOHR
ALDS G110/11SEAW,8-76-71.1111021
ALCS G310/22@NYYW,5-0GS-65.1100350
WS G411/2@PHIW,5-0GS-66.0000290

 この日は5.2イニングで被安打3、失点2、自責点2、BB1、SO3。ゲームスタートから15人中14人を凡退させ、ジョシュ・ヤングに2ランHRを打たれるまでは連続無失点イニングを20.1に伸ばしました。やはりポストシーズンに強いですね。

TEX、ALCS初のビハインド

 このシリーズは過去2戦、電光石火の攻撃でゲーム展開を優位に進めてきたレンジャーズですが、この日は逆の展開に。さらにシャーザー降板後もクリス・ストラットン、ジョン・グレイが失点。ブルペンも危なかっかしい投球に。

 攻撃の方は、5回裏から反撃。5回裏にはジョシュ・ヤングが2ランHRで2-5に。7回裏、2-7とリードを拡げられた状況でまたしてもジョシュ・ヤングが2打席連続の2ランHRを放ち、4-7と再び3点差に。8回裏にはアドリス・ガルシアがタイムリーを放ち5点目を奪うもブルペンが失点していたので、5-8に。

 結局、このままアストロズが8-5のスコアで逃げ切り、ALCS 1勝目を上げました。

MLB Gameday: Astros 8, Rangers 5 Final Score (10/18/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

TEX、2アウトからの得点

 この日のレンジャーズの得点はいずれも2アウトからのもの。2アウトまでになんとかしたかったところですが、考えようによっては淡白にならずに粘りの得点を上げたとも言えそうです。ちょっとリズムが狂いましたね。

行方は?

 ポストシーズンの7戦シリーズにおいて、3試合終了時点で2勝1敗とビハインドだったチームがシリーズを制したのは148回中44回(30%)。また、2勝0敗で迎えて第3戦に勝利したチームは、50回中13回(26%)シリーズを制しています。統計的にもまだレンジャーズの有利に変わりはないですが、相性の悪いグローブライフ・フィールドでのアストロズ戦ゆえ、何が起こるかわかりませんね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
【MLB2024】ピート・クロウ=アームストロング(カブス/NLROY候補)がメジャー初HRを放つ!
【MLB2024】A’sが投手力でヤンキースをねじ伏せる!JP・シアーズ、メイソン・ミラーがシャットアウト・リレー
タイトルとURLをコピーしました