スポンサーリンク

【2021ALDS_G1】アストロズ、ランス・マッカラーズ・Jrの好投でまず1勝!

アストロズ、強い!

 現地2021年10月7日、いよいよディビジョン・シリーズが開幕。ローカルタイムで午後3時9分、ア・リーグ勝率2位のアストロズと3位のホワイトソックスの対戦が始まりました。

 アストロズは下馬評通りの強さを発揮。計算どおりにGame1を制したというような結果となりました。ちなみに下馬評と言っても、FOXの解説陣の予想だけのことなのですが、この中で自身の出身クラブが出場していないA・ロッドがアストロズを本命にあげております。

ALDSロスター

 アストロズのロスターはご覧の通り。シーズン終盤に首を傷め、IL入りしてザック・グレインキが復帰。

 一方のホワイトソックスはご覧のロスター。ここは順当なロスターで、OFにビリー・ハミルトンが入りました。

マッカラーズ VS ランス・リン

 先発はアストロズがシーズン13勝5敗のランス・マッカラーズ・Jr.(Lance McCullers Jr.)。一方のホワイトソックスはルーカス・ジオリトではなく、ランス・リンを起用。ホワイトソックスのローテーションのシーズン成績は、ディラン・シーズン、カルロス・ロドンがともに13勝。ランス・リンとルーカス・ジオリトが11勝、ダラス・カイケルが9勝。5人のうち4人が二桁勝利で、正直誰が投げてもという成績ですが、経験豊富なオールドスクールのトニー・ラルーサが指名したのは、重鎮のランス・リンでした。

 初回はともに、三者凡退で斬って取る、上々の立ち上がりでした。

CWS、マッカラーズ・Jr.に封じられる

 ゲームの流れですが、下記のような展開となりました。

ALDS 2021 CWS@HOU Game1
  • 2回裏
    【HOUSTON】

    先頭のヨルダン・アルバレスがフルカウントから四球で出塁。1アウト後、カルロス・コレアのRF前シングルで1、2塁のチャンス。2アウトとなった後、ルーキーのジェイク・メイヤーズがRFへライン・ドライブのタイムリーを放ち、先制。(1-0)

  • 3回裏
    【HOUSTON】

    先頭のホセ・アルトゥーベが四球で出塁。マイケル・ブラントリーが送りバント。次打者のアレックス・ブレグマンの時にワイルドピッチでアルトゥーベは3塁へ進塁。ブレグマンの3Bゴロの間に、アルトゥーベが見事なスライディングでホームイン(2-0)。

    次打者のヨルダン・アルバレスがタイムリー・ダブル(3-0)。

  • 4回裏
    【HOUSTON】

    1アウトからジェイク・メイヤーズがCF前シングルで出塁。2アウト後、ホセ・アルトゥーベの二塁打で2アウト、2、3塁のチャンスに。ここでマイケル・ブラントリーがCF前にタイムリーを放ち、2点を追加(5-0)。

  • 5回表
    【CHICAGO】

    先頭のルイス・ロバートが3Bのブレグマンのスローイング・エラーで出塁するも、得点につながらず。

  • 5回裏
    【HOUSTON】

    先頭のヨルダン・アルバレスがCFへソロHR(6-0)。

  • 7回表
    【CHICAGO】

    先頭のホセ・アブレイユがシングルで出塁。しかし、直後のヤズマニ・グランダールがダブルプレーに倒れ、このイニングも得点ならず

    ランス・マッカラーズ・Jrは2アウト後、シングル2本を続けて打たれたところで降板。

  • 8回表
    【CHICAGO】

    ケンダール・グレイブマンから2アウト後、ようやく打線がつながり、ホセ・アブレイユのタイムリーで1点を返す(1-6)。

  • 9回表
    【CHICAGO】

    マウンドにはライアン・プレスリー。先頭打者が出塁するも、打線がつながらず無得点。


    6−1のスコアでアストロズがGame1に完勝。

 とにかく、強力なホワイトソックス打撃陣がアストロズ先発のランス・マッカラーズ・Jr.に完全に封じられました。ナックル・カーブ、シンカー、スライダー、4シームととにかく多彩で、的を絞らせず、尚且つバツグンのコントロール。

 失投も期待出来ずというスキのない素晴らしい出来でした。

ルーキー、ジェイク・メイヤーズとは

 アストロズはアルトゥーベの出来に影響されるクラブですが、この日はアルトゥーベはもちろん活躍。それに加えて、25才のOFのルーキー、ジェイク・メイヤーズ(Jake Meyers)が4-2、1RBIといい結果を出しました。

プロフィール

 CFのジョージ・スプリンガーが2021年からはトロントに移籍し、空いてしまったアストロズ。今季はマイルズ・ストロー(Myles Straw)が96試合を守ったのですが、その次に多かったのが、ジェイク・メイヤーズ。

ジェイク・メイヤーズは1996年6月18日生まれの25才。ドラフトは2017年のアストロズの13巡目。高校時代は、ネブラスカ州では有名な二刀流だったメイヤーズは大学でも二刀流で活躍。ドラフトイヤーの2017年は、ネブラスカの大学で投手として8勝、打者として二塁打7本、HR1本を放ちました。

 マイナーでは2018年に投手経験はあるものの、それ以降は打撃に専念。2019年にはダブルAまで昇格。2020年はマイナーキャンセルのため、成績なし。

 2021年8月1日にメジャーデビュー。49試合で、打率.260、OBP .323、SLG .438、HR 6、RBI 28をマーク。コーチ陣の信頼を勝ち取っています。

左投げ右打ち

 興味深いところは、メイヤーズは左投げ右打ち。実は投手でこのケースが案外多いですが、打者では割と珍しいです。

PSに勝つために呼ばれたラルーサ

 ホワイトソックスは昨季、WCシリーズで簡単に敗退し、そこに呼ばれたのがトニー・ラルーサ。培った経験で、若いタレントたちをPS勝利に導けるのか、ここを見るのも面白いですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】タナー・ハウクがシャットアウト勝利!試合時間はたったの1時間49 分!
【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!
【MLB2024】マイケル・ローレンツェンのレンジャーズ・デビューはスコアレス投球!
【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
タイトルとURLをコピーしました