スポンサーリンク

【2021ALDS_G1】アストロズ、ランス・マッカラーズ・Jrの好投でまず1勝!

スペシャル・イベント

アストロズ、強い!

 現地2021年10月7日、いよいよディビジョン・シリーズが開幕。ローカルタイムで午後3時9分、ア・リーグ勝率2位のアストロズと3位のホワイトソックスの対戦が始まりました。

 アストロズは下馬評通りの強さを発揮。計算どおりにGame1を制したというような結果となりました。ちなみに下馬評と言っても、FOXの解説陣の予想だけのことなのですが、この中で自身の出身クラブが出場していないA・ロッドがアストロズを本命にあげております。

ALDSロスター

 アストロズのロスターはご覧の通り。シーズン終盤に首を傷め、IL入りしてザック・グレインキが復帰。

 一方のホワイトソックスはご覧のロスター。ここは順当なロスターで、OFにビリー・ハミルトンが入りました。

マッカラーズ VS ランス・リン

 先発はアストロズがシーズン13勝5敗のランス・マッカラーズ・Jr.(Lance McCullers Jr.)。一方のホワイトソックスはルーカス・ジオリトではなく、ランス・リンを起用。ホワイトソックスのローテーションのシーズン成績は、ディラン・シーズン、カルロス・ロドンがともに13勝。ランス・リンとルーカス・ジオリトが11勝、ダラス・カイケルが9勝。5人のうち4人が二桁勝利で、正直誰が投げてもという成績ですが、経験豊富なオールドスクールのトニー・ラルーサが指名したのは、重鎮のランス・リンでした。

 初回はともに、三者凡退で斬って取る、上々の立ち上がりでした。

CWS、マッカラーズ・Jr.に封じられる

 ゲームの流れですが、下記のような展開となりました。

ALDS 2021 CWS@HOU Game1
  • 2回裏
    【HOUSTON】

    先頭のヨルダン・アルバレスがフルカウントから四球で出塁。1アウト後、カルロス・コレアのRF前シングルで1、2塁のチャンス。2アウトとなった後、ルーキーのジェイク・メイヤーズがRFへライン・ドライブのタイムリーを放ち、先制。(1-0)

  • 3回裏
    【HOUSTON】

    先頭のホセ・アルトゥーベが四球で出塁。マイケル・ブラントリーが送りバント。次打者のアレックス・ブレグマンの時にワイルドピッチでアルトゥーベは3塁へ進塁。ブレグマンの3Bゴロの間に、アルトゥーベが見事なスライディングでホームイン(2-0)。

    次打者のヨルダン・アルバレスがタイムリー・ダブル(3-0)。

  • 4回裏
    【HOUSTON】

    1アウトからジェイク・メイヤーズがCF前シングルで出塁。2アウト後、ホセ・アルトゥーベの二塁打で2アウト、2、3塁のチャンスに。ここでマイケル・ブラントリーがCF前にタイムリーを放ち、2点を追加(5-0)。

  • 5回表
    【CHICAGO】

    先頭のルイス・ロバートが3Bのブレグマンのスローイング・エラーで出塁するも、得点につながらず。

  • 5回裏
    【HOUSTON】

    先頭のヨルダン・アルバレスがCFへソロHR(6-0)。

  • 7回表
    【CHICAGO】

    先頭のホセ・アブレイユがシングルで出塁。しかし、直後のヤズマニ・グランダールがダブルプレーに倒れ、このイニングも得点ならず

    ランス・マッカラーズ・Jrは2アウト後、シングル2本を続けて打たれたところで降板。

  • 8回表
    【CHICAGO】

    ケンダール・グレイブマンから2アウト後、ようやく打線がつながり、ホセ・アブレイユのタイムリーで1点を返す(1-6)。

  • 9回表
    【CHICAGO】

    マウンドにはライアン・プレスリー。先頭打者が出塁するも、打線がつながらず無得点。


    6−1のスコアでアストロズがGame1に完勝。

 とにかく、強力なホワイトソックス打撃陣がアストロズ先発のランス・マッカラーズ・Jr.に完全に封じられました。ナックル・カーブ、シンカー、スライダー、4シームととにかく多彩で、的を絞らせず、尚且つバツグンのコントロール。

 失投も期待出来ずというスキのない素晴らしい出来でした。

ルーキー、ジェイク・メイヤーズとは

 アストロズはアルトゥーベの出来に影響されるクラブですが、この日はアルトゥーベはもちろん活躍。それに加えて、25才のOFのルーキー、ジェイク・メイヤーズ(Jake Meyers)が4-2、1RBIといい結果を出しました。

プロフィール

 CFのジョージ・スプリンガーが2021年からはトロントに移籍し、空いてしまったアストロズ。今季はマイルズ・ストロー(Myles Straw)が96試合を守ったのですが、その次に多かったのが、ジェイク・メイヤーズ。

ジェイク・メイヤーズは1996年6月18日生まれの25才。ドラフトは2017年のアストロズの13巡目。高校時代は、ネブラスカ州では有名な二刀流だったメイヤーズは大学でも二刀流で活躍。ドラフトイヤーの2017年は、ネブラスカの大学で投手として8勝、打者として二塁打7本、HR1本を放ちました。

 マイナーでは2018年に投手経験はあるものの、それ以降は打撃に専念。2019年にはダブルAまで昇格。2020年はマイナーキャンセルのため、成績なし。

 2021年8月1日にメジャーデビュー。49試合で、打率.260、OBP .323、SLG .438、HR 6、RBI 28をマーク。コーチ陣の信頼を勝ち取っています。

左投げ右打ち

 興味深いところは、メイヤーズは左投げ右打ち。実は投手でこのケースが案外多いですが、打者では割と珍しいです。

PSに勝つために呼ばれたラルーサ

 ホワイトソックスは昨季、WCシリーズで簡単に敗退し、そこに呼ばれたのがトニー・ラルーサ。培った経験で、若いタレントたちをPS勝利に導けるのか、ここを見るのも面白いですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。 

コメント

NEW

【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
タイトルとURLをコピーしました