スポンサーリンク

【MLBプロスペクト】噂のルーキー、Dバックスのコービン・キャロルがバットとスピードで早くも存在感を示す

2023 ROY!?

 現地2022年8月29日、Dバックスのコービン・キャロル(Corbin Carroll)が満を持してメジャー・デビューしました。「噂のルーキー」は早速、バットとスピードでその存在感を示し、2023年のROY候補に一躍その名を連ねることとなりました。

 コービン・キャロルの詳細は後述しますが、評価が高いのはその打撃にあるのですが、さらに輪をかけてすごいのがスピード。名刺代わりの動画があります。これは現地2022年8月30日のデビュー2戦目の走塁。

噂のルーキー、コービン・キャロルとは?

 コービン・キャロルは2000年8月21日生まれの22才。左投げ左打ちの外野手で、2019年アマチュア・ドラフトでDバックスから1巡目指名された選手。全体順位は16位。よく、16位まで残っていたなというくらいの逸材でもあります。

 ハイスクール時代のプレーを見たスカウト全員が2019年の高校生で最高の打者であり、非常に優れたアスリートであることを認めたほどの選手で、パーフェクトゲーム・オール・アメリカン・クラシックでMVPを獲得しております。

サイン直後のシーズンにトリプル7!

 ドラフト・イヤーの2019年、高校を卒業したコービン・キャロルはルーキー・レベル、クラスA-でプレー。両レベルを併せた成績は42試合で、154-46、打率.299、OBP .409、SLG .487をマーク。そして三塁打がなんと7(ルーキー:3、A-: 4)。

 2020年はマイナーがキャンセルとなりましたが、コービン・キャロルはトレーニング・サイトで大いに輝いていたと言います。

 2021年、コービン・キャロルはクラスA+に昇格。開幕して7試合で、打率.435、OBP .552、SLG .913をマーク。HRは2、三塁打も2、二塁打が1です。

2021年に肩を故障

 これなら、ダブルAでみっちり過ごして9月にデビューという流れもあったのですが、実はこの年にショルダー・イシューが発生し、残念ながらシーズンもこれで終了となってしまいました。

Pre-2022で19位

 2022年、コービン・キャロルはシーズン前に発表されたトップ・プロスペクト100で19位にランクイン。

 2022シーズンは怪我からの復帰ということもあり、まずは2試合ほどルーキー・レベルに所属し、実戦の空気を味わいました。そしてすぐにダブルAに昇格。

 ダブルAではみっちりと58試合に出場。打率.313、OBP .430、SLG .649をマーク。HR 16、三塁打 8、RBI 39、盗塁 20。

 そしてトリプルAへ。トリプルAでは打率.287、OBP .408、SLG .535、HR 7、RBI 22、盗塁 11をマーク。これはもう上で使いたくなりますね。

MLBデビュー2戦で5RBI

 現地2022年8月29日のフィリーズ戦でメジャー・デビュー。デビュー戦は8番RFで出場し、5打数1安打。

 デビュー2戦目の現地2022年8月30日のゲームでは、6番LFで先発出場し、5打数2安打、3RBI。早速、結果を出しております。

コンタクト、ハードヒット双方OK

 コービン・キャロルの打撃ですが、とりわけ普通の打撃フォームですし、ハーパーのようなパワーを貯める動きも目立ちません。本当に不思議な感じがするのですが、コンタクト、ハードヒットの双方を兼ね備えた打撃なのです。

 まず、バットに当てるコンタクトの技術ですが、彼はデビュー戦で1、2塁間をゴロで抜く渋い当たりの初ヒットを放ちました。これはインコースをさばいたというのもあるのですが、そもそもは反対方向への打球が多い選手なのです。つまり、投球によって瞬時に対応出来るということ。

 さらに、ハードヒット面ですが、デビュー2戦目のゲームであわやHRかという大きな当たりをCFに放ち、二塁打となったシーンがありました。これなどはハードヒットの典型でよく飛ばします。

 そして2022年のマイナーでの四球の数が442PA(打席数)に対して、67。選球眼も良いのです。

ゲームを変えるほどのスピード 

 上の埋め込み動画で上げた通り、そのスピードたるや驚くレベルです。今季、マイナーでの盗塁数は93試合で31個。

 彼が1番、あるいは3番を打ち、塁に出るとゲームの流れも変えてしまうかもしれません。それくらいスピードがあります。

身長が伸びた?

 コービン・キャロルのドラフト時の記事を読み返してみたのですが、その当時は複数のサイトをチェックして、170cmであることを確認しました。ただ、178cmくらいにも見えるとも書いていました。

 今回のデビュー2戦を契機にあらためてBaseball Referenceのページを見ると5フィート10インチ、177.8cmとなっています。

 ドラフト時より大きくなったのでしょうか!?彼の場合は身長など関係ないほど、打ととは思います。

 シアトル育ちのコービン・キャロルはひょっとしたら、イチロー選手の影響も少なからず受けているかもしれません。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました