スポンサーリンク

【MLB プロスペクト 2023】再生カブス”の投手陣の大きな武器になりそうなヘイデン・ウェズネスキーをご紹介

地味だが、かなり期待できる右腕

 日本時間2023年1月1日、新しい年が始まりました。

 新年一発目の記事は新鮮な気分になりそうなお話をと思いまして、プロスペクトに関するお話をしたためようかと思います。

 毎年、1月20日前後に来たるべきシーズンのトップ・プロスペクト100がMLBパイプラインから発表されます。今年のランキングNO.1はおそらくメッツの捕手、フランシスコ・アルバレスで間違いないかと思われます。筆者的には、DバックスのOFのコービン・キャロルを挙げたいところですが、ジョナサン・メイヨーさんの見立てがどうなるのか、注目です。

 本日採りあげたいプロスペクトはひょっとしたら、そのトップ100のランキングにも入らないかもしれず、しかもカブス内のプロスペクト・ランクでもおそらく中盤になる可能性が大きいです。存在としては割と地味です。

 しかし、確かな実力が見て取れる投手で、怪我なく1年を過ごせばシーズン終了後のROYの得票においても上位にランクされる可能性を秘めた投手。

 それが、カブスのプロスペクト右腕のヘイデン・ウェズネスキーです。

Hayden Wesneski Stats, Height, Weight, Position, Rookie Status & More | Baseball-Reference.com
Check out the latest Stats, Height, Weight, Position, Rookie Status & ...

ヘイデン・ウェズネスキーとは

 ヘイデン・ウェスネスキーは、1997年12月5日生まれの25才。テキサス州ヒューストン郊外のサイプレスの高校からサム・ヒューストン州立大学に進学。

 高校卒の2016年のアマチュアドラフトで、レイズから33巡目で指名を受けるもこれを拒否。サム・ヒューストン州立大学に進学し、3年時の2019年のアマチュアドラフトでニューヨーク・ヤンキースから6巡目指名を受けてプロ入り。大学3シーズンでオール先発で25勝9敗をマークしています。

 ドラフト後の2019 年は、ルーキー・レベルのアパラチアン・リーグ、プラスキー ヤンキースで、18 試合で 3 セーブをマーク。1 勝 1 敗、ERA 4.76 でリリーフのみの登板でした。

 さあ、いよいよプロとしてのフルシーズンという2020年、コロナ・パンデミックの影響でマイナーリーグがキャンセルされたため、悔しい思いを経験した投手でもあります。

 2021年はフルタイムのスターターとして稼働。クラスA+のハドソンバレー・レネゲーズ(Hudson Valley Renegades)、AAのサマセット・ペイトリオッツ(Somerset Patriots)、AAAのスクラントン/ウィルクスバー・レイルライダーズ(Scranton/Wilkes-Barre RailRiders)の3つのレベルで、計25試合に登板。このうち24スタートを任されました。 3レベルを併せて11 勝 6 敗、ERA 3.25 で、130 .1イニングで SOは151。 BB9が2.5、SO9は10.4。

 2022年はAAAのスクラントン/ウィルクスバーレで開幕を迎え、19スタート、89.2イニングを投げ、6勝7敗、ERA 3.51をマーク。

カブスへトレード(2022年8月)

 割と順調に成長していたヘイデン・ウェズネスキーですが、2022年8月1日、ヤンキースがカブスのリリーバーで2022年前半にERA 2.66と好成績を残していたスコット・エフロスを獲得したトレードでシカゴ・カブスに移籍。

カブスでメジャー・デビュー

 カブスに移籍後、AAAのアイオワ・カブスで5試合に登板したウェズネスキーは、0勝2敗、ERA 5.66 とあまり良い結果を出していなかったのですが、2022年9月5日にリグレーフィールドに招集され、翌日9月6日のレッズ戦でメジャーリーグ・デビューを果たしました。

 デビュー戦では、スターターのウェイド・マイリーがカイル・ファーマーに2度の長打を許すなどして4回を終えてカブスは1-3とリードを許している状況。ヘイデン・ウェズネスキーは2番手として5回表から登板。

【YOUTUBE】Hayden Wesneski K’s 8, Collects Win in Spectacular Debut

 そして、非常に度胸の良いピッチングを見せ、9回までの5イニングをわずか 2 安打に押さえて無失点投球。8つの三振を奪い、四球もわずか1つ。ウェズネスキーが登板した直後、カブス打線は鈴木選手の2ランHRなどで5回裏以降は毎回得点で9点を奪い、9-3のスコアで勝利。好投したヘイデン・ウェズネスキーに勝ちが転がり込み、デビュー戦で初勝利を上げました。

 2度目の登板となった9月11日のジャイアンツ戦でもリリーフで登板。6回から登板し、この日はHRを2本浴び、3.2イニングで3失点。

 そして2022年9月17日のロッキーズ戦からシーズン終了までの4試合はいずれも先発で登板。24.1イニングで2勝2敗、ERA 1.85と好投しました。2022シーズンは計6試合に登板し、33.0イニングで3勝2敗、ERA2.18。

 なお、9月23日にはイマキュレート・イニングを達成しています。

ルーキーステータス

 このようにヘイデン・ウェズネスキーすでにメジャー・デビューを果たしており、33.0イニングを投げていますが、投手は50イニング以内であればルーキー・ステータスを維持できますので、2023シーズンのROYへの参加資格があります。

スライダーが武器 

 ヘイデン・ウェズネスキーのファストボールは4シームで、93.0mphから96.0mphというところ。球種は4シーム、カット、シンカー、スライダー、チェンジアップ。

 スライダーは相当自信があるようで、左打者に対してアウトコースのボールゾーンから枠内に入れるバックドアでストライクを取ることも可能。カットとの区別はつきにくいですが、カウント球とフィニッシュ球と2パターンを使い分けているように思います。

 フォームを見ても四球が少ないのはおわかりいただけると思います。2022年のBB9は1.9で、コントロールが良いのが魅力です。

ローテーションのNO.5に入るか? 

 リビルドの期間を終え、完全にナ・リーグ中地区のコンテンダーに戻ったカブスは、今オフはダンスビー・スワンソン、コディー・ベリンジャーなど、FAの大物ヒッターを獲得。

 ローテーションも良く、マーカス・ストローマン、カイル・ヘンドリクスのトップ2に加えて、ドリュー・スマイリー、ジェイムソン・タイヨンがおり、なかなか層が厚いです。ヘイデン・ウェズネスキーはローテーションNO.5のスポットを狙い、スプリング・トレーニングに参加します。

 なかなかおもしろい存在なので、注目です!

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました