スポンサーリンク

【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ

テクニカルな豪腕

 MLB Pipelineが毎年1月終盤にそのシーズンのトップ・プロスペクト100を発表します。こちらは2021シーズン前の”Pre-2021”のランク。

 ”Pre-2022″はおそらく、オリオールズのアドリー・ラッチマン、ロイヤルズのボビー・ウィット・Jr がNO.1-2に入るかと思われます。楽しみですね。

プロスペクトランクの発表とロックアウトの解除

 今年は現地2022年1月2日時点でまだロックアウト中。これが早ければ1月後半に解除となり、様々なディールが一斉に成立すると思われ、そうなるとトップ・プロスペクト達の注目が薄れてしまいます。もっとも、ロックアウトがスプリング・トレーニング辺りまで延期すればそうはなりませんし、もう少し長くなる可能性さえあります。

 レンジャーズがスプリング・トレーニングのGameのチケットをそうそうにパッケージで販売したという一報もあり、筆者はスプリング・トレーニングまでには終わるとは思っていますが、どうなるでしょうか?一部、未解決でも早めに切り上げないと長引けば長引くほどBaseballの危機になるのは違いないでしょう。

 よって、筆者が注目しておきたいプロスペクトを何名か取り上げさせてもらいたいと思います。今回はナショナルズのケイド・カヴァーリです。

ケイド・カヴァーリとは?

 ケイド・カヴァーリ(Cade Cavalli)は、1998年8月14日生まれの23才。

Cade Cavalli Amateur, College & Minor Leagues Statistics & History | Baseball-Reference.com
All Professional Baseball Statistics for Cade Cavalli.

 高卒時の2017年にブレーブスから29巡目指名を受けたものの、拒否。オクラホマ大学に進学。2020年にナショナルズから1巡目指名(全体22位)を受け、プロ入り。サイニング・ボーナスは$3.027M。

 Pre-2021年のMLB.comのトップ・プロスペクト・ランク100では99位にランクイン。

 2021年はクラスAアドバンスト、ダブルA、トリプルAと経験。もうデビュー寸前というところまで行きました。

 それもそのはずです。完成度が非常に高い投手です。

奪三振率が高い

 身長は6-4で193cmで体型はガッチリしています。この大きな体で、腕のスイングは高い角度から出てきます。非常に打ちにくい投手です。

 ダブルAでは11試合で11先発。58.0 イニングを投げ、3勝3敗、ERAは2.79。BBは35、SOは80。BB9は5.4、SO9は12.4をマーク。

トリプルAでは6試合で6スタート。24.2イニングを投げ、1勝5敗、ERAは7.30。BBは13、SOは24。BB9は4.7、SO9は8.8。トリプルAでは結果が出ませんでしたが、その高い能力は2022シーズンのメジャー・デビューは間違いないと言われています。

ファストボールが重そう

 コントロールの精度はまだ改善の余地がありそうです、魅力は角度のあるファストボール。97-99mphはもうマイナーレベルで出しています。

変化球も良い

 カーブが82-85mph、80mph後半のスライダー、カット、それより少し下のレンジでチェンジアップも。

 カーブがカウント球でもあると同時にファストボールをより速く、強く見せるのに役立っています。

 2022年のデビューは間違いないケイド・カヴァーリ。大いに期待したい投手ですし、ぜひ注目してらいたいと思います。

 腕のスイングも大きく、肘に負担をかけていないところがまた魅力でもあります。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました