スポンサーリンク

【MLB2023】ヤンキース、打撃不振のアーロン・ヒックスをDFAに(追記あり)

ヤンキースのロスター調整

 ロスターの動きとしてはかなり大きなニュースが入ってきました。

 現地2023年5月20日、ニューヨーク・ヤンキースは打撃不振がつづくOFのアーロン・ヒックス(Aaron Hicks)をDFAにしたことを発表しました。

今季は打率.188

 今季のアーロン・ヒックスは現地2023年5月20日時点で76試合の出場で打率.188、OBP .263、SLG .261、HR 1、RBI 5と大苦戦。クラブ内でどんどん起用の優先順位が下がり、アイザイア・カイナー=ファレファをOFとして起用する傾向が出てきたほど。

アーロン・ヒックスとは

 アーロン・ヒックスは1989年10月2日生まれで今季は33歳で開幕を迎えました。もともとは2008年のアマチュア・ドラフトでツインズから1巡目指名、全体14位でプロ入りした選手。

 2013年に23歳でメジャー・デビューを果たしました。デビュー・イヤーはCFを守り、81試合に出場したものの、打率.192、OBP .259、SLG .338と苦戦。2014年は出場試合が減って69試合。打率は.215。

 2015シーズンに97試合に出場し、打率.256、OBP .323、SLG .398とやや改善。しかし、打撃力が期待されるOFとしては物足りないシーズンを過ごしてきました。デビュー後はむしろそのスーパー・アームが注目されるなど、守備のイメージが非常に強い選手でした。

 2015年オフにツインズが捕手のジョン・ライアン・マーフィーを獲得したトレードでヒックスはヤンキースへ移籍。

 2016年は123試合に出場。しかし、打率が.217とやはり苦戦しました。2017年は88試合の出場にとどまるも、打率は.266と改善。良い傾向が見えてきました。

 そして、2018年は137試合に出場し、打率.248、OBP .366、SLG .467をマーク。HRも27を数え、RBI は79をマーク。オフにはMVP投票にも名を連ねるほど良いシーズンを過ごしました。

 しかし、その後は怪我にも悩まされ、出場試合も減り、2019年から2021年の3年間で打率は.223、HR20。

 2022年はヘルシーになり、130試合に出場するも、打率.216、OBP .330、SLG .313、HR8。

 今季だけでなく、2019年以降は打撃面で大きなインパクトを残せていませんでした。

アーロン・ヒックスの契約

 上述の通り、2018年だけ素晴らしい成果を残したアーロン・ヒックスは、2019年が調停のファイナル・イヤーに該当したこともあり、ヤンキースは一旦は2019年のサラリーを$6Mで提示し、サインしたのですが、その後長期契約に変更。2019年のサラリーを上書きした形となりました。

 その長期契約がこちら。

  • 7 年/$70M (2019-25) + 2026 $12.5M クラブ・オプション
    • $2Mサイニング・ボーナス
    • $6M (2019)、$10.5M/年(2020-23)、$9.5M/(2024-25)、$12.5M(2026):クラブオプション($1Mバイアウト)

 今季のサラリーは$10.5M。さらに2024年以降は$9.5M x 2年+$1Mバイアウトが残っており、来季以降だけで合計$20Mの残債。今季は残り試合が半分以上ありますから、半分+$5Mを加算したとして、総計でざっと$25M以上を捨ててしまうことになります。 

今後の動き

 DFAとなり、もしもトレードが成立した場合獲得したクラブがこれを引き継ぐことになり、今季の成績を考えた場合はその線はほぼありません。

 よって、ヒックスはこのままウェーバーにかけられ、ウェーバーをクリアー(手を挙げるクラブがないこと)すればリリースとなり、FAです。

 そしてFA後に契約したクラブがメジャー契約でサインした場合、メジャー最低年俸の日割りでの獲得ということに。

グレッグ・アレンがアクティブ・ロスターに

 なお、ヤンキースは空いたロスターにグレッグ・アレン(Greg Allen)を入れることを発表。

 グレッグ・アレンは1993年3月15日生まれの30才。ガーディアンズのOFとして活躍してきました。

 その後は各クラブを転々としまして、2020年のコロナ・パンデミックのシーズンのトレードデッドライン(この時は8月31日)で、右腕のマイク・クレビンジャーらとともにパドレスへ移籍。

 翌2021年1月にパドレスからヤンキースへトレードで移籍。2021シーズンはトリプルAとメジャーを行き来する状態で、シーズンオフにマイナーへオプションとなり、2021年11月5日にパイレーツがウェーバーでクレームオフしました。

 2022年もパイレーツでは46試合しか出場出来ず、打率.186。9月末にはパイレーツがDFAにし、10月にFAとなりました。

レッドソックスとの間でトレード

 2023年1月にレッドソックスとマイナー・ディールでサイン。スプリング・トレーニング前に一度メジャー・ロスターに上がりましたが、その後、マイナーにアサインされ、レッドソックスでのメジャー出場はなし。

 2023年5月20日にレッドソックスとヤンキース間でトレードが成立。グレッグ・アレンがヤンキースに移籍し、レッドソックスは、ヤンキースから18才の右腕、ディエゴ・ヘルナンデスを獲得。

 そしてグレッグ・アレンは、20日のレッズ戦で早速、ゲームに出場。代走でゲームインし、1得点を上げております。そしてそのままRFの守備に。20日のゲームではまだ打席には立っておりません。

アーロン・ヒックスと言えばアーム!

 アーロン・ヒックスを一躍有名にしたのは、このプレーでしたね。105,5mphスロー。まるで投手のような左手と体重移動。

 2022年は古巣ツインズを相手にこのようなスローも披露。

 ついでにツインズ時代のヒックスも登場するメジャーOFのストロング・アーム集はこちらです。

追記:リリース

 現地2023年5月26日、ウェーバー公示期間が終了した(ウェーバーをクリアー=獲得に手が上がらなかった)アーロン・ヒックスに対し、ヤンキースは正式にリリースしたと発表しました。

 これでヒックスはFAとなり、上述の通り新しく獲得するクラブはMLB最低年俸の日割りで契約を結ぶことができるようになり、ヤンキースは残債を負います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
タイトルとURLをコピーしました