スポンサーリンク

【MLBスタッツ2019】ロイヤルズのウィット・メリフィールドがシーズン200安打を達成

右打者での200安打はアルトゥーベ以来

現地2019年9月22日、ロイヤルズ@ツインズのゲームが行われ、ロイヤルズの1番打ったウィット・メリフィールド(Whit Merrifield)が5打数3安打を放ち、シーズン通算安打をちょうど200としました。

メリフィールド、2年連続最多安打が濃厚

この日のメリフィールドはツインズ先発のマーテン・ペレスから第1打席で9球粘り、LF前シングル。4回の第3打席ではザック・リテルからSSゴロ内野安打。6回の代4打席ではLF前にライン・ドライブのシングルを放ち3安打を放ち、シーズン累計200安打に。

今季は15試合連続ヒットを含めて、まめに打ってましたね!ロイヤルズは残り5試合。メリフィールドがどこまで安打を伸ばすか注目しています。

メリフィールドは2018年も両リーグ通じて最多の192安打を放っておりました。

シーズン安打数ランキング(9月22日時点)

2019年のシーズン安打記録を見ておきたいと思います。メリフィールドがトップの200安打なのですが、他の選手の状況はご覧の通り。

【両リーグ通じての安打数】(現地2019年9月22日時点)

  • 1. ウィット・メリフィールド(KCR):200
  • 2. D.J. ルメイユ(NYY):192
  • 3. ラファエル・デバース(BOS):190
  • 4. ケーテル・マルテ(ARI):187
  • 5. ホルヘ・ポランコ(MIN):184
  • 6. マット・アルビーズ(ATL):183
    • マーカス・セミエン(OAK):183
  • 8. ザンダー・ボガーツ(BOS):181
  • 9. ノーラン・アレナド(COL):180
  • 10. ニコラス・カステヤーノス(CHC): 178
    • チャーリー・ブロックモン(COL):178

ヤンキースのD.J. ルメイユは打率ランキングでもア・リーグ2位。

打率の1位はホワイトソックスのティム・アンダーソンの.334ですが、まだ規定打席に足りておらず、残り試合で到達する見込みです。ただし、ティム・アンダーソンの安打数は161。

よって、メリフィールド以外に200安打を達成しそうな選手はD.J. ルメイユとラファエル・デバースになりそうです。

2017年は4人が達成

なお、2017年には4人の選手が200安打を達成しています。

  • 1. チャーリー・ブロックモン(COL): 213
  • 2. ホセ・アルトゥーベ(HOU):204
  • 3. エンダー・インシアーテ(ATL):201
    • ディー・ゴードン(MIA): 201

アルトゥーベが右打者として200安打超えを達成。

2016年はトップ4人を右打者が独占

なお、2016年はあり得ない結果で、上位4人を右打者が独占し、そのうちの2人がレッドソックスというすごい結果になっておりました。

  • 1. ホセ・アルトゥーベ(HOU): 216
  • 2. ムーキー・ベッツ(BOS):214
  • 3. ジーンセグラ(ARI):203
  • 4. ダスティン・ペドロイア(BOS): 201

ホセ・アルトゥーベのシーズン最多安打

右打者のホセ・アルトゥーベのシーズン最多安打は2014年の225安打です。

Jose Altuve Stats | Baseball-Reference.com
2021: 31 HR, .278 BA, 83 RBI,Career: 164 HR, .308 BA, 639 RBI, 2B, 2017 AL MVP, 7xAllStar, GG, Astros 2011-2021, b:R/t:R, 4x H Leader, born in Venezuela. 1990

ジーター、ミギー、M・ヤングなど

2012年にはデレク・ジーター(NYY)が216安打、ミゲル・カブレラ(DET)が205安打。右打者2人のみが200安打超えを達成しました。

2011年はエイドリアン・ゴンザレス(BOS)とマイケル・ヤング(TEX)が213安打、ジャコビー・エルズベリー(BOS)が212安打、スターリン・カストロ(CHC)が207安打を放ちました。この内、右打者はマイケル・ヤングとスターリン・カストロ。

そして2010年でようやくイチロー選手が登場し、214安打。ロビンソン・カノーがちょうど200安打となっています。ふたりとも左打者ですね。

こう考えると2004年のイチロー選手の262安打がいかにとんでもない数字なのかがよくわかりますね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
タイトルとURLをコピーしました