スポンサーリンク

【MLBスタッツ2019】ロイヤルズのウィット・メリフィールドがシーズン200安打を達成

右打者での200安打はアルトゥーベ以来

現地2019年9月22日、ロイヤルズ@ツインズのゲームが行われ、ロイヤルズの1番打ったウィット・メリフィールド(Whit Merrifield)が5打数3安打を放ち、シーズン通算安打をちょうど200としました。

メリフィールド、2年連続最多安打が濃厚

この日のメリフィールドはツインズ先発のマーテン・ペレスから第1打席で9球粘り、LF前シングル。4回の第3打席ではザック・リテルからSSゴロ内野安打。6回の代4打席ではLF前にライン・ドライブのシングルを放ち3安打を放ち、シーズン累計200安打に。

今季は15試合連続ヒットを含めて、まめに打ってましたね!ロイヤルズは残り5試合。メリフィールドがどこまで安打を伸ばすか注目しています。

メリフィールドは2018年も両リーグ通じて最多の192安打を放っておりました。

シーズン安打数ランキング(9月22日時点)

2019年のシーズン安打記録を見ておきたいと思います。メリフィールドがトップの200安打なのですが、他の選手の状況はご覧の通り。

【両リーグ通じての安打数】(現地2019年9月22日時点)

  • 1. ウィット・メリフィールド(KCR):200
  • 2. D.J. ルメイユ(NYY):192
  • 3. ラファエル・デバース(BOS):190
  • 4. ケーテル・マルテ(ARI):187
  • 5. ホルヘ・ポランコ(MIN):184
  • 6. マット・アルビーズ(ATL):183
    • マーカス・セミエン(OAK):183
  • 8. ザンダー・ボガーツ(BOS):181
  • 9. ノーラン・アレナド(COL):180
  • 10. ニコラス・カステヤーノス(CHC): 178
    • チャーリー・ブロックモン(COL):178

ヤンキースのD.J. ルメイユは打率ランキングでもア・リーグ2位。

打率の1位はホワイトソックスのティム・アンダーソンの.334ですが、まだ規定打席に足りておらず、残り試合で到達する見込みです。ただし、ティム・アンダーソンの安打数は161。

よって、メリフィールド以外に200安打を達成しそうな選手はD.J. ルメイユとラファエル・デバースになりそうです。

2017年は4人が達成

なお、2017年には4人の選手が200安打を達成しています。

  • 1. チャーリー・ブロックモン(COL): 213
  • 2. ホセ・アルトゥーベ(HOU):204
  • 3. エンダー・インシアーテ(ATL):201
    • ディー・ゴードン(MIA): 201

アルトゥーベが右打者として200安打超えを達成。

2016年はトップ4人を右打者が独占

なお、2016年はあり得ない結果で、上位4人を右打者が独占し、そのうちの2人がレッドソックスというすごい結果になっておりました。

  • 1. ホセ・アルトゥーベ(HOU): 216
  • 2. ムーキー・ベッツ(BOS):214
  • 3. ジーンセグラ(ARI):203
  • 4. ダスティン・ペドロイア(BOS): 201

ホセ・アルトゥーベのシーズン最多安打

右打者のホセ・アルトゥーベのシーズン最多安打は2014年の225安打です。

Jose Altuve Stats | Baseball-Reference.com
2021: 31 HR, .278 BA, 83 RBI,Career: 164 HR, .308 BA, 639 RBI, 2B, 2017 AL MVP, 7xAllStar, GG, Astros 2011-2021, b:R/t:R, 4x H Leader, born in Venezuela. 1990

ジーター、ミギー、M・ヤングなど

2012年にはデレク・ジーター(NYY)が216安打、ミゲル・カブレラ(DET)が205安打。右打者2人のみが200安打超えを達成しました。

2011年はエイドリアン・ゴンザレス(BOS)とマイケル・ヤング(TEX)が213安打、ジャコビー・エルズベリー(BOS)が212安打、スターリン・カストロ(CHC)が207安打を放ちました。この内、右打者はマイケル・ヤングとスターリン・カストロ。

そして2010年でようやくイチロー選手が登場し、214安打。ロビンソン・カノーがちょうど200安打となっています。ふたりとも左打者ですね。

こう考えると2004年のイチロー選手の262安打がいかにとんでもない数字なのかがよくわかりますね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 契約 2023】ポスティング受理わずか1日!レッドソックスが吉田正尚選手を速攻で獲得!
【MLB 2023 FA】アーロン・ジャッジはヤンキースに決定!9年/360Mドル保証の超大型契約へ
【MLB FA 2023】注目SSのトレイ・ターナーはフィリーズに決定!11年/300Mドルの豪華契約へ
【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
タイトルとURLをコピーしました