スポンサーリンク

【MLBスタッツ2019】ロイヤルズのウィット・メリフィールドがシーズン200安打を達成

右打者での200安打はアルトゥーベ以来

現地2019年9月22日、ロイヤルズ@ツインズのゲームが行われ、ロイヤルズの1番打ったウィット・メリフィールド(Whit Merrifield)が5打数3安打を放ち、シーズン通算安打をちょうど200としました。

メリフィールド、2年連続最多安打が濃厚

この日のメリフィールドはツインズ先発のマーテン・ペレスから第1打席で9球粘り、LF前シングル。4回の第3打席ではザック・リテルからSSゴロ内野安打。6回の代4打席ではLF前にライン・ドライブのシングルを放ち3安打を放ち、シーズン累計200安打に。

今季は15試合連続ヒットを含めて、まめに打ってましたね!ロイヤルズは残り5試合。メリフィールドがどこまで安打を伸ばすか注目しています。

メリフィールドは2018年も両リーグ通じて最多の192安打を放っておりました。

シーズン安打数ランキング(9月22日時点)

2019年のシーズン安打記録を見ておきたいと思います。メリフィールドがトップの200安打なのですが、他の選手の状況はご覧の通り。

【両リーグ通じての安打数】(現地2019年9月22日時点)

  • 1. ウィット・メリフィールド(KCR):200
  • 2. D.J. ルメイユ(NYY):192
  • 3. ラファエル・デバース(BOS):190
  • 4. ケーテル・マルテ(ARI):187
  • 5. ホルヘ・ポランコ(MIN):184
  • 6. マット・アルビーズ(ATL):183
    • マーカス・セミエン(OAK):183
  • 8. ザンダー・ボガーツ(BOS):181
  • 9. ノーラン・アレナド(COL):180
  • 10. ニコラス・カステヤーノス(CHC): 178
    • チャーリー・ブロックモン(COL):178

ヤンキースのD.J. ルメイユは打率ランキングでもア・リーグ2位。

打率の1位はホワイトソックスのティム・アンダーソンの.334ですが、まだ規定打席に足りておらず、残り試合で到達する見込みです。ただし、ティム・アンダーソンの安打数は161。

よって、メリフィールド以外に200安打を達成しそうな選手はD.J. ルメイユとラファエル・デバースになりそうです。

2017年は4人が達成

なお、2017年には4人の選手が200安打を達成しています。

  • 1. チャーリー・ブロックモン(COL): 213
  • 2. ホセ・アルトゥーベ(HOU):204
  • 3. エンダー・インシアーテ(ATL):201
    • ディー・ゴードン(MIA): 201

アルトゥーベが右打者として200安打超えを達成。

2016年はトップ4人を右打者が独占

なお、2016年はあり得ない結果で、上位4人を右打者が独占し、そのうちの2人がレッドソックスというすごい結果になっておりました。

  • 1. ホセ・アルトゥーベ(HOU): 216
  • 2. ムーキー・ベッツ(BOS):214
  • 3. ジーンセグラ(ARI):203
  • 4. ダスティン・ペドロイア(BOS): 201

ホセ・アルトゥーベのシーズン最多安打

右打者のホセ・アルトゥーベのシーズン最多安打は2014年の225安打です。

Jose Altuve Stats, Height, Weight, Position, Rookie Status & More | Baseball-Reference.com
Check out the latest Stats, Height, Weight, Position, Rookie Status & ...

ジーター、ミギー、M・ヤングなど

2012年にはデレク・ジーター(NYY)が216安打、ミゲル・カブレラ(DET)が205安打。右打者2人のみが200安打超えを達成しました。

2011年はエイドリアン・ゴンザレス(BOS)とマイケル・ヤング(TEX)が213安打、ジャコビー・エルズベリー(BOS)が212安打、スターリン・カストロ(CHC)が207安打を放ちました。この内、右打者はマイケル・ヤングとスターリン・カストロ。

そして2010年でようやくイチロー選手が登場し、214安打。ロビンソン・カノーがちょうど200安打となっています。ふたりとも左打者ですね。

こう考えると2004年のイチロー選手の262安打がいかにとんでもない数字なのかがよくわかりますね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024FA】マーリンズがティム・アンダーソンと1年契約で合意
【MLB2024FA】レイズ、SS補強にアーメッド・ロザリオを獲得
【MLB2024FA】ブルワーズがブランドン・ウッドラフと再契約へ
【MLB2024FA】レッドソックスが”トミー・ジョン”リハビリ中のリアム・ヘンドリクスと2年契約で合意!
【MLBトレード2024】ロイヤルズ、レッドソックスからジョン・シュライバーを獲得
【MLB2024FA】フィリーズがウィット・メリフィールドと1年契約で合意
【MLB2024FA】ホワイトソックスがマイク・ムスターカスとマイナー契約
【MLB2024】オリオールズは怪我のニュースからスタート!カイル・ブラデッシュ(UCL)、ガナー・ヘンダーソン(腹斜筋)が怪我
【MLB2024FA】フィリーズがスペンサー・ターンブルを獲得!2021年にノーヒッターを達成
【MLB2024FA】ジャイアンツが注目FAのホルヘ・ソレアーを獲得!3年契約で合意
【MLB2024】ナショナル・リーグ中地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB2024】アメリカン・リーグ中地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB2024FA】レイズがフィル・メイトンを獲得したディールについて
【MLB2024】アスレチックス、2028年からのラスベガス移転に悪戦苦闘中
【MLB2024】レッドソックスがマイケル・フルマーとマイナー契約!2024年は投げられない!
【MLB2024FA】ドジャース、肩の手術を終えたクレイトン・カーショウと再契約へ(追記あり)
【MLB契約2024】ロイヤルズが”スーパー・エリート”のボビー・ウィット・Jr.と11年/288.78Mドル保証で延長契約!
【MLB2024】ドジャースがブルペンを更新!ケイレブ・ファーガソンをトレードし、ライアン・ブレイジャーと2年契約
【MLB2024】マリナーズがホワイトソックスからグレゴリー・サントスをトレードで獲得
【MLB2024】セオ・エプスタインがレッドソックスの親会社のフェンウェイ・スポーツ・グループに参加
【MLB2024】メッツがアダム・オッタビーノ、藤浪投手、ジェイク・ディークマンを獲得
【MLBトレード2024】オリオールズがブルワーズからコービン・バーンズを獲得!
【MLB2024】コーリー・シーガーがスポーツ・ヘルニアの手術を受けるも、シーズンへの影響は最少
【MLB2024FA】注目FAのジャスティン・ターナーはブルージェイズと1年契約で合意
【MLB2024】マリナーズがツインズからホルヘ・ポランコをトレードで獲得!
【MLB2024FA】ロイヤルズがアダム・フレイジャーと1年契約で合意
【MLB2024FA】注目リリーバーのヘクター・ネリスはカブスとサイン!
【発表!】MLB 2024トップ・プロスペクト・ランク100!1位はオリオールズのジャクソン・ホリデー!
【MLB2024FA】レンジャーズがデービッド・ロバートソンを獲得!1年/11.5Mドル保証でサイン
【MLB2024FA】Dバックスがジョク・ピダーソンを獲得!1年/12.5Mドル保証で合意
タイトルとURLをコピーしました