スポンサーリンク

【MLBニュース2019】マッカッチェンがヒザ十字靭帯断裂でシーズンアウトも、ジェイ・ブルースが2HRを放ち存在感を見せつける!

現地2019年6月3日のパドレス戦の初回のランダウンプレーで左ヒザを傷めてそのままゲームを退場したアンドリュー・マッカッチェン(Andrew McCutchen)。

フィリーズの新陳代謝

1日経過し、現地2019年6月4日、病院で精密検査を受けたところ、左ヒザのACL(Anterior Cruciate Ligament)断裂が判明しました。

カッツはACL断裂と判明

ACLは前十字靭帯のことで、これが損傷するとヒザが抜けると言われるような症状が出たり、運動はもとよりとにかくまともに歩けなくなります。

今回治りにくい箇所が断裂したということで、マッカッチェンは2019年のシーズンの残りを治療に専念することになりました。復帰は2020年。

インフィールドフライでは??

なお、塁審が速攻でインフィールド・フライを宣告していればこんなことにならなかったのにと筆者は思っています。MLBではなぜかインフィールドフライの宣告をしないことがあります。これは研究中です。基準がよくわからないので分かり次第記事にします。

順調だった2019年

ここまで非常に順調だったマッカッチェン。とくに5月はよくて、打率.282、HR5、打点19とフィリーズの攻撃力の重要なパートを担っておりました。

よって、この怪我は本当に残念。

マッカッチェンとは3年契約

一応、整理のための情報ですが、フィリーズとマッカッチェンは2018年のウィンター・ミーティングで合意。

3年5,000万ドル、2022年はクラブオプションで1,500万ドル且つ300万ドルのバイアウトという内容でした。その1年目で上記のように非常に順調だったのに残念と言うしかしないです。

ジェイ・ブルースがLFへ

2019年の贅沢税のしきい値の$206Mを大きく下回っているフィリーズ。

現地2019年6月1日には、補強の目的でマリナーズからジェイ・ブルース(Jay Bruce #32)を獲得したのは記事にも書かせていただきました。

そもそもはジェイ・ブルースの獲得はDVで逮捕されたオデュベル・ヘレーラ(Odubel Herrera)の左バットを失った穴埋めとしての補強でした。

よって、当初はジェイ・ブルースは代打として起用することを考えておりました。

外野はCFにアンドリュー・マッカッチェン、あるいはスコット・キンガリーを起用し、マッカッチェンがCFを守るときはニック・ウィリアムズがLF、RFはブライス・ハーパーという布陣だったのですが、プランを変更!

RFのハーパーはもちろん変わらず、CFにはスコット・キンガリーがメインで入り、LFにジェイ・ブルースが入ることになりました。

アダム・ヘイスリーをコールアップしCFへ

そして、2017ドラフト1巡目のCF、アダム・ヘイスリー(Adam Haseley)のコールアップも決定しました。今回のコールアップがMLBデビューとなります。

23才、左投げ左打ち。マッカッチェンの右バットを失ったあとの左バットではありますが、致し方ありません。

ジェイ・ブルース、2HR、1ダブル、6RBI

そして迎えた現地2019年6月4日のパドレスとのGame2。

フィリーズは6番LFでジェイ・ブルースを起用。また、スコット・キンガリーは本来内野手なので、3Bとして出場。

そしてコールアップしたばかりのアダム・ヘイスリーも8番CFで起用しました。

ゲームはパドレスがルーキーのクリス・パダック、フィリーズは右腕のジェラッド・アイコフが先発。

序盤から点が入る展開でしたが、中盤にフィリーズが一気に攻め込みました。4回と5回に計7得点を奪い、7回を終えて8−3に。

8回裏にエドガー・ガルシアが捕まり、フィリーズは3点を奪われるものの9−6で逃げ切りました。

殊勲だったのが、移籍したばかりのジェイ・ブルース。

2回表にフィリーズでの初打席を二塁打で飾ったジェイ・ブルースは乗りました。

4回の第二打席では2ランHR、さらに5回の第三打席は満塁で打席が回ってきてなんとグランドスラム!第四打席は外野フライに倒れたものの、この日は4打数3安打、6打点!うち二塁打1、本塁打2という活躍でした。

なお、デビュー戦となったヘイスリーのメジャー初ヒットは次回に持越しです。

ジェイ・ブルース、しびれました!

この人はやっぱりナ・リーグが合うんですかね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!(追記あり)
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
タイトルとURLをコピーしました