スポンサーリンク

【MLB2019】BOSのスティーブン・ライトがPEDs使用で80試合の出場停止!2年連続ゆえ、もはや行動がナックル

スティーブン・ライト、今年はPEDs

現地2019年3月6日ですが、レッドソックス・ファンにとってはちょっとつらい報道がありました。

現役でも数少ないナックルボール使いとして知られているスティーブン・ライト(Steven Wright)が、PEDs (Performance Enhancing Drugs)、いわゆる禁止薬物を使用したとして、規約違反のかどで2019年の開幕から80試合のサスペンション(出場停止処分)となりました。

これは前年のDV処分によるサスペンションを含めて2年連続。

もはやどうなるかわからない人という意味で、やっている行動がナックル並みにわからない人です。

手術後の回復に使用か?

スティーブン・ライトは2018年11月13日に左膝の手術を受けております。関節鏡検査と創面切除手術なので、ミラーを入れて患部を探り、その悪いところを削る手術と考えていいと思います。

レッドソックスは今季はブルペンで使うつもりでいたようです。その期待もあり、早くワークアウトしなければと焦ったのかもしれませんが、いずれにせよ、回復を早めるために当該物質を服用したと思われます。

なぜか「家畜」という言葉が

陽性が出たのはGrowth Hormone Releasing Peptide 2 (GHRP-2)という物質。英文名の通り、成長ホルモンのようですね。

この薬の名で検索すると、「日本家畜学会報」というホームページが一番上でヒットします。学術論文なので読んではおりませんが、成長促進で家畜へ使用した場合の影響について書かれてあるのは容易に想像はつくので、どういう理由であれ、選手には摂取してほしくないですね。

コメント

五輪のドーピングテストにおいても風邪薬がひっかかってしまったりだとか、すり替えられてしまうなどのトラブルもあると聞きますので、ご本人のコメントも掲載しておきます。意図的にやってはいないという主張で、ごねるつもりは毛頭ないとのことです。

I was notified by MLB that I failed a test under the Joint Drug Prevention and Treatment Program during this past offseason. Although I do not dispute the validity of the test, I was shocked as I have never intentionally ingested anything for performance-enhancing purposes. I have fully cooperated with MLB and will continue to try and identify the source of the result.


MLBからオフシーズンに行った禁止薬物のテストで陽性が出たという通知を受けました。私はテストの有効性に異議を唱えませんが、パフォーマンスを向上させる目的で意図的に何かを摂取したことが一度もなかったので、私自身ショックを受けました。 私はこれまでMLBに全面的に協力してきましたし、これからもそうします。そして結果の出所を突き止めたいと思っています。

2018年はDVでサスペンション

スティーブン・ライトは2018年にも15試合のサスペンションを受けております。このときはDV(ドメスティック・バイオレンス)。2017年の12月に警察沙汰になるような騒ぎがありました。

Red Sox pitcher Wright suspended 15 games
BOSTON -- Red Sox pitcherSteven Wright has accepted a 15-game suspension without pay for violating Major League Baseball's Joint Domestic Violence, Sexual Assau...

さすがに2年連続サスペンションは不名誉ですね。

スティーブン・ライトの実績

Steven Wright Stats | Baseball-Reference.com
Career: 24-16, 3.86 ERA, 271 SO, P, AllStar, RedSox 2013-2019, t:R, born in CA 1984, Knucksie

スティーブン・ライトは現在34才。サンディエゴ出身で大学はハワイの大学です。

2006年インディアンス2巡目指名。2012年のトレードデッドラインでラース・アンダーソンとのトレードでレッドソックスへ。

2018年は15試合のサスペンションもあり、3スタート、16リリーフで3勝1敗、ERA 2.68。

キャリアハイは2016年、オールスター出場、24スタート、156.2イニング、4完投、1完封で13勝6敗、ERA 3.33。

再契約済み

スティーブン・ライトは2019年1月に調停を回避して、1年137万5,000ドルで合意。前年より27万5,000ドルアップしておりました。

期待料も入っていたところなので、背信と言われても仕方ないかもしれません。

ジョー・ケリー、キンブレルなしの状況

長いシーズンゆえ、トラブルはつきものなので、筆者はスティーブン・ライトを先発で起用するかと思っていました。

しかし、すでにクリス・セール、デービッド・プライス、ネイサン・イオバルディ、リック・ポーセロ、エドゥアルド・ロドリゲスとすでに豪華な5人が決まっているゆえにブルペンでの起用プランだったようです。

そのブルペンですが、前年に活躍したジョー・ケリーはドジャースに移籍。さらにクローザーのクレイグ・キンブレルはもう移籍が濃厚ですから、リリーフが1枚不足するのは痛いところです。

ただ、リリーフ陣も豊富で、マット・バーンズ、ライアン・ブレイジャー、ブランドン・ワークマン、ヒース・ハンブリー、ヘクター・ベラスケス、ボビー・ポイナー(L)、タイラー・ソーンバーグ、ブライアン・ジョンソン(L)らがおり、ライトのサスペンションによる補強はなさそうです。

違った意味でも注目

スティーブン・ライトですが、2年連続でこういうトラブルを起こしてしまいました。こういった人生の悪いトラップのサイクルにハマってしまった場合、どういうふうに悪い流れから抜け出るのか、そういう意味でもライトを見ていきたいと思います。

何より残念なのは、あのおかしな軌道のボールを見る機会が大幅に減ってしまうことです。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました