スポンサーリンク

【MLB2019】レイズ、タンパとモントリオールの2シティーフランチャイズの許可をゲット

モントリオールにMLBが戻ってくる

現地2019年6月20日のニュースです。

ア・リーグ東地区のタンパベイ・レイズがカナダ、モントリオールとフロリダのタンパの2つのフランチャイズを使用する許可をMLB機構から得ました。

セント・ピーターズバーグの市長はおかんむり

突然の2シティー・フランチャイズ・プランに驚いたのはファンばかりではありません。トロピカーナ・フィールドの地元、セント・ピーターズバーグの市長は「聞いてないよ」とばかりにかなりおかんむりです。

というのはレイズはイーバー・シティーでの新スタジアム建設が立ち消えとなり、2027年までトロピカーナのリース期限を延長していたからです。

いわゆるダブル・フランチャイズはほぼ初めての試みです。

過去には、2003年と2004年にモントリオール・エクスポスがプエルトリコのサンフアンで年間22試合をやったことがある程度。

いつから始まるのか?

2023年が最速でのスタート、2024年が現実的なスタートとして考えられています。

これから詳細は詰めていく

まだまだ決まっていないことが多く、タンパとモントリオールでそれぞれ何試合設定するのかなど、これから決めることは山積みです。

モントリオールがいい理由

ESPNのジェフ・パッサンさんの情報をまとめると、やはりタンパ地域での球場の用地獲得がネックである点が上げられています。

イーバー・シティーの件は、地権者が最後は市長にNOを突きつけました。便利さなどの集客を考えるとタンパ地域ではイーバー・シティーがベストだったのですが、それが立ち消えたことでレイズとしては行き詰まっていた感がありました。

タンパはヤンキースのテリトリー

これは筆者の考えなのですが、タンパ地域はそもそもヤンキースのテリトリーと言えます。

タンパ・ヤンキース(シングルAアドバンス)というマイナーのチームもありますし、スプリング・トレーニングで使っているGeorge M. Steinbrenner Fieldはタンパにあります。

George M. Steinbrenner Field | New York Yankees
Get all the details on the Spring Training home of the New York Yankees.

この辺は長年、ヤンキースが長年使っていた地域でヤンキース・ファンが多いところ。

日ハムが北海道でファンを獲得したのとは事情が違ってきます。そもそも応援するチームがマイナーリーグではありますが、そこにあるわけですし、春になれば有名選手がわんさかいるわけですから、ここでファン獲得は当初から厳しかったと言えるでしょう。

その点、モントリオールは野球に飢えていますから、レイズとしては歓迎されそうです。

フィールドの王者もスタンドは閑散

レイズと言えば、涙ぐましい努力でア・リーグ東地区をのし上がってきたクラブ。

2019年4月11日時点での贅沢税算出のルールに則った選手の年俸総額はMLB28位の$88.8M。1位のレッドソックスが$236.7Mで2位のヤンキースが$226.7M。同地区にこれだけ強烈な2クラブがある中で、総額1/3で首位争いをする、ある意味フィールドの王者と言っても過言ではない知恵の結集したクラブ。

しかし、観客動員は下がり続けており、2019年の観客数は55万2,740人でMLBワースト2。1位はドジャースの189万2,132人(現地2019年6月20日時点)。

キャパの多い少ないもありますが、選手は満員のスタジアムで野球がやりたいと望んでいるのではないでしょうか?(推測)

モントリオールの位置

モントリオールでも試合をすることで観客動員が増えるかどうか、おそらく計算のもとで下した決断でしょう。その数字はわかりませんが、セントピーターズバーグよりは集客も地元での人気も見込めると踏んだのでしょう。

あらためてモントリオールの位置を確認したのですが、MLBクラブが結構密集している位置関係にあります。ボストンのあるマサチューセッツ州も近いです。

レイズが長期的にモントリオールに本格的に移るのかどうかは定かではありません。

1976年のモントリオール五輪の年にオープンしたスタジアムで古いですが、屋根付きですし、寒さの問題はクリアーできると思います。

新スタジアムを作るにしても協力的に進めてくれそうです。

モントリオール・エクスポスはいつまで?

現ブルージェイズのヴラディーミル・ゲレーロ・ジュニアのお父さんがいたモントリオール・エクスポスは1969年から2004年まで存続。ナ・リーグ東地区に入っていました。

その伝統は2005年からワシントン・ナショナルズが引き継いでいます。

1994年首位フィニッシュも・・・

エクスポスは1994年にナ・リーグ東地区1位という記録が残っています。クローザーにジョン・ウェッテランドがいた時です(ジョン・ウェッテランドの記事)。

せっかくの首位ポジションのシーズンでしたが、この年は8月11日でシーズン終了。そうです。ストライキが行われた年だったんですね。この年はポストシーズンも中止。

エクスポスは1981年以来のポストシーズン出場のチャンスを逸してしまいました。そしてそのままナショナルズへ。

また情報が入ればアップデートしたいと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
タイトルとURLをコピーしました