スポンサーリンク

【レッドソックス2012】フェンウェイ・パークは100周年

2012年:フェンウェイ・パーク100周年

MLBファンの方なら、「フェンウェイ・パークに行って、ホットドック片手に野球を見る」というのが願望リストの中にあるではないでしょうか?(^.^)

なにを隠そう、私もそのうちの一人なのですが、フェンウェイ・パークには「あこがれ」に近いものがあります。「フィールド・オブ・ドリームス」はよかったですよね。

そんなフェンウェイ・パークは今年で100周年。1912年のオープンで、アメリカでもっとも愛されている球場と呼ばれています。

ちなみに甲子園球場は1924年の完成です。

古い球場の不便さは皆さんも経験されていると思います。

観客としては、

  • 椅子の前後の距離が短い。
  • 椅子自体が狭い!
  • 目の前に鉄柱がある!
  • グランドが見えにくい!

選手側からも

  • ロッカールームが狭い
  • 通路が狭い
  • 不便

など、どうしても時代に合わなくなったが故に建て替えのニーズは高まります。フェンウェイ・パークもご多分に漏れず、何度も「建て替え」のムードが高まったことがあります。

しかし、それを乗り越え今ではMLBの球場の中で最もチケットを入手しにくい球場とまで呼ばれるようになりました。

球団オーナーのジョン・W・ヘンリーは「パリ(フランス)にエッフェル塔があるように、ボストンにはフェンウェイ・パークがある」と述べています(^.^)

2012年フェンウェイ・パークのスペック

  • 最大収容人数 : 37,493 人
  • 左翼 – 310ft(約94.5m)
  • 左中間 – 379ft(約115.5m)
  • 中堅 – 390ft(約118.9m)
  • 中堅最深部 – 420ft(約128.0m)
  • 右中間 – 380ft(約115.8m)
  • 右翼 – 302ft(約92.0m)
  • グリーンモンスターの高さ – 37 ft (約11.3m)

今の野球からするとちょっとサイズが物足りないのは致し方ないところです。

ミュージアムのサイトです。↓

Fenway Park Living Museum

フェンウェイ・パークとマサチューセッツ州の位置関係

ボストンはこんなところに位置しています。

フェンウェイ 大地図解説つき 

 

コメント

NEW

【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
タイトルとURLをコピーしました