【レッドソックス2012】フェンウェイ・パークは100周年

2012年:フェンウェイ・パーク100周年

MLBファンの方なら、「フェンウェイ・パークに行って、ホットドック片手に野球を見る」というのが願望リストの中にあるではないでしょうか?(^.^)

なにを隠そう、私もそのうちの一人なのですが、フェンウェイ・パークには「あこがれ」に近いものがあります。「フィールド・オブ・ドリームス」はよかったですよね。

そんなフェンウェイ・パークは今年で100周年。1912年のオープンで、アメリカでもっとも愛されている球場と呼ばれています。

ちなみに甲子園球場は1924年の完成です。

古い球場の不便さは皆さんも経験されていると思います。

観客としては、

  • 椅子の前後の距離が短い。
  • 椅子自体が狭い!
  • 目の前に鉄柱がある!
  • グランドが見えにくい!

選手側からも

  • ロッカールームが狭い
  • 通路が狭い
  • 不便

など、どうしても時代に合わなくなったが故に建て替えのニーズは高まります。フェンウェイ・パークもご多分に漏れず、何度も「建て替え」のムードが高まったことがあります。

しかし、それを乗り越え今ではMLBの球場の中で最もチケットを入手しにくい球場とまで呼ばれるようになりました。

球団オーナーのジョン・W・ヘンリーは「パリ(フランス)にエッフェル塔があるように、ボストンにはフェンウェイ・パークがある」と述べています(^.^)

2012年フェンウェイ・パークのスペック

  • 最大収容人数 : 37,493 人
  • 左翼 – 310ft(約94.5m)
  • 左中間 – 379ft(約115.5m)
  • 中堅 – 390ft(約118.9m)
  • 中堅最深部 – 420ft(約128.0m)
  • 右中間 – 380ft(約115.8m)
  • 右翼 – 302ft(約92.0m)
  • グリーンモンスターの高さ – 37 ft (約11.3m)

今の野球からするとちょっとサイズが物足りないのは致し方ないところです。

ミュージアムのサイトです。↓

フェンウェイ・パークとマサチューセッツ州の位置関係

ボストンはこんなところに位置しています。

フェンウェイ 大地図解説つき 

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク