スポンサーリンク

【MLB2019】バーランダーがキャリアハイの15Kを達成するも、ブルワーズが延長14回にムースの一発で逆転!

意地のぶつかり合い

現地2019年6月12日のブルワーズ@アストロズのゲームはすごかったですね。

延長14回の死闘で4時間16分かかりました。

バーランダーがキャリアハイの15K

圧巻だったのはアストロズ先発のジャスティン・バーランダー(Justin Verlander )のピッチングですね。

7回100球を投げきり、キャリアハイの15三振を奪いました。

この日は100球中75球がストライク。25人のバッターから29回空振りを奪い、そのうち17球がスライダーでした。

その模様です。

バーランダーのキャリア・ハイが15だというのは意外でした。

もっと計上していそうでしたが、14個がこれまでのキャリハイでした。

15Kにまつわる記録

また今回の15Kにはいろいろと記録がついております。

  • バーランダーが初めてNO-NOを達成したのが12年前の2007年6月12日(VTR
  • ミニッツメイド・パークでの最多奪三振タイ(あと一人はダルビッシュ投手。2013年8月15日に15Kを上げております。)
  • 1試合15K以上 NO Walkは史上二人目。一人はランディー・ジョンソン。1998年8月28日に16K NO Walkを達成。なおアストロズの投手としては初。
  • 1試合15K以上は1908年以来15度目の達成(今季はクリス・セールも達成済み)
  • 1試合15K以上はピッチ・トラックの計測が始まった2008年からは5度目。シャーザーが2度、あとはカルロス・カラスコ、ダニー・ダフィー。

バーランダー、被安打4、被本塁打3

ブルワーズから15Kを奪い素晴らしいピッチングを見せてくれたバーランダーなのですが、実は先制点も許したのでした。

初回にライアン・ブラウンから一発、さらに2回にはヤズマニ・グランダールから一発。2回で0−2ビハインドの状況でした。

アストロズは4回裏に2アウトからヒットが続き3得点を上げ、一旦は3−2とリードします。

ところが、7回表、バーランダーはエリック・テームズにアウトコースのファストボールを合わされ、ソロHRを喫し、3−3の同点に追いつかれてマウンドを降りたのでした。

結局、バーランダーは7回、被安打4、失点3、与四球0、奪三振15。

ブルワーズ、投手陣が粘り

ブルワーズの先発はブランドン・ウッドラフ。4回裏に2アウトから3点を奪われたのは痛かったのですが、7回を投げきり、被安打4、失点3、奪三振6、被本塁打0と好投。

ウッドラフはまたしてもいいピッチングを見せましたね。

ブルワーズはその後、アレックス・クラウディオが8回に1ポイント、ジェレミー・ジェフレスが8回の残りと9回を担当。

ジョシュ・へイダーが10回を投げ、ジュニオール・ゲラが11回と12回を投げました。最後はエイドリアン・ハウザーが13回と14回を担当。

これ以上長いとちょっとまずい展開でしたが、6人で見事なリレーを見せてくれました。

結局、先発のウッドラフが3点を奪われただけで、ブルペンは無失点リレーです。

ムースが勝ち越し2ラン

ブルワーズが延長14回、先頭のイェリッチがシングルで出塁。ライアン・ブラウンが倒れた後、マイク・ムスターカスが値千金の2ランHRで2点を勝ち越し。

さらにヤズマニ・グランダールとヘスス・アギラルでもう1点を奪いこの回計3点。

6−3でブルワーズが勝ったのでした。

ブルワーズ、いいゲームをしますね。前日は敗れたとはいえ強いです。

BOX SCORE

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
タイトルとURLをコピーしました