スポンサーリンク

【MLB2019】インディアンス、シェーン・ビーバー、1ヒット・シャットアウトで10勝目

惜しい!6回までNO-NO

現地2019年7月24日、インディアンスのシェーン・ビーバー(Shane Bieber #57)がブルージェイス打線を相手に素晴らしい投球を見せてくれました。

立ち上がりから素晴らしい出来だったシェーン・ビーバーは2回の裏に先頭のヴラディーミル・ゲレロ・ジュニアに四球を与えた以外は完璧な投球。

順調に6回までNO-NOペースで進みましたが、7回裏先頭のエリック・ソガードにグランドルール・ダブルを打たれて記録は途絶えました。

しかし終わってみればこのヒット1本。

9回、102球を投げきり、被安打1、無失点、奪三振10で今季10勝目(3敗)を上げました!

92-93なのに伸びがすごい

ファストボールは平均で92-93mph(148.6kmh-149.66kmh)というところでしたが、スピンレートがいいのか非常に伸びのあるボールでブルージェイズ打線が振り遅れている場面がなんども見られました。

持ち球はファストボール、チェンジアップ、カット、スライダー。

チェンジアップが87mph(140.01kmh)前後、スライダーとカットが82−84mph(131.96-135.18kmh)という速度帯。

ファストボールとカット/スライダーの速度の変化が15kmhほどあるので、余計にファストボールが速く見えるのだと思います。

打たせて取る真骨頂

何よりすごかったのが球数。6回を終えて66球というすごいペース。

ビーバーの場合、グランドボール(GB)が多い日とフライボール(FB)、もしくはラインドライブ(LD)の多い日と結構極端に分かれるのですが、この日はフライボールとラインドライブが多い日でした。

  • GB:4
  • FB:13
  • LD:6

うまくタイミングを外したということが言えると思います。

マーカス・ストローマンが最後の登板

一方のブルージェイズ先発はマーカス・ストローマン(Marcus Stroman #6)。このトレードデッドラインで移籍がほぼ確実と言われていますが、その噂通りにブルージェイズの投手として最後のトロントのマウンドに立ちました。本人も十分にその自覚を持って投げていたと思います。

ストローマンは7回、被安打5、失点1、与四球1、奪三振6。

インディアンスはオスカー・メルカド(Oscar Mercado) 、ジョーダン・ルプロウ(Jordan Luplow)、グレッグ・アレン(Greg Allen)などの活躍で4得点を上げ、4−1でブルージェイズに勝利しました。

インディアンス、首位を伺う勢い

ア・リーグ中地区首位のツインズは7月はもたもたしています。現地2019年7月25日時点で8勝10敗で、シーズン合計は61勝40敗。

一方のインディアンスは59勝42敗で首位ツインズとのゲーム差がわずか2.0に。ワイルドカード争いにおいても1枠目にランクイン。

オフに打点のある打者をごっそり出したので、シーズン序盤は貧打に苦しみましたが、得失点差は+52 (461−409)に回復。

なぜか新陳代謝がうまく行ったという、他クラブからすれば羨ましい状況に。

バウアーを出すのか?

この好調ムードの中、現地2019年7月24日はバウアーについてフィリーズとミーティングを持っています。バウアーについてはほかにもヤンキースの名前も上がっており、インディアンスは本当に出すかもわかりません。

残り一週間。余談を許さなくなってきました。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました