スポンサーリンク

【MLB2023】200勝のアダム・ウェインライトが代打で登場!スタジアムが多いに盛り上がる!(追記あり)

レッズ大勝の中、代打で登場

 現地2023年9月29日、ブッシュ・スタジアムで行われたレッズ@カージナル戦。今季、ナ・リーグ中地区最下位で不本意なシーズンとなったカージナルスですが、この日が160試合目。このゲームも含めて残り3試合となったこともあり、ブッシュ・スタジアムには38,964名もの観客が訪れました。

4回を終えてレッズが14-2

 カージナルスにとっても、最後のシリーズだけにファンの前で良い姿を見せたかったところですが、この日は先発のジェイク・ウッドフォードが初回からレッズ打線の猛攻に合いました。

 1回表にはニック・マルティーニに3ランHR、2回表にはウィル・ベンソンのタイムリー・トリプル、ジョナサン・インディアの2ランHR、スペンサー・スティールのソロHRで2回途中で7失点で降板。

 2番手ケイシー・ローレンスも2HRを浴びるなど5失点、4回途中からリレーしたアンドリュー・スアレスも勢いを止めることが出来ず、4回を終えてスコアは2-14でレッズが大量リード。

6回に代打アダム・ウェインライトが登場

 ゲームは中盤に落ち着きを見せ始め、5回表、6回表はレッズは無得点。

 そして6回表、イニング先頭でDHのルークン・ベイカーに打席が回ってきたところで、ピンチヒッターがダグアウトの最上段に足を踏み入れました。バッティング・グローブをはめ、打席の準備をし始めたのはなんど投手のアダム・ウェインライト。

 彼が打席に入った時、この日まるで良いことがなかったセントルイスのファンの熱狂は最高潮に。

 レッズのマウンドは長身のブランドン・ウィリアムソン。

 その初球、アウトハイの93.4mphの4シームに喰らいついたアダム・ウェインライト。その鋭いスイングに期待を抱かせます。

 2球目、アウトコースへの90.8mphのカットボールはボールゾーンでしたウェインライトは鋭く振り抜きます。いい当たりでしたが結果は2Bゴロ。しかし、ファンはこの打席を見ただけでもスタジアムに足を運んだ価値はあったかもしれませんね。なお打球速度は102.1マイル(約153キロ)。良い当たりだったはずです。

 なお、試合は19-2でレッズが快勝しています。

MLB Gameday: Reds 19, Cardinals 2 Final Score (09/29/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 勝ったレッズは、Dバックス、マーリンズ、カブスの状況次第という他力の要素が必要ですが、わずかながら、WC3位の望みを繋げております。

NLWC#ClubW-LW%GB to 3位
1PHI89-70.560PS進出決定
2AZ84-76.525
3MIA83-76.522
4CHC82-78.5131.5
4CIN82-78.5131.5
現地2023年9月29日終了時点のNLWC順位

伏線はカントリー・コンサート!

 唐突ですが、実はアダム・ウェインライトはカントリー歌手でもあります。下記は2023年1月に行われたコンサートの模様。そう言えば、2023年のオープニング・デーのナショナル・アンセムも歌いましたね。

 その下記の埋め込みのステージでのこと。アダム・ウェインライトは観客として観に来ていたオリバー・マーモル監督をステージに引っ張り出し、もっと打つチャンスを与えると約束させていました。

 これが今回の代打での伏線だったわけです。

マーモル監督「今しかない!」

 そしてこの日、オリバー・マーモル監督はその時の約束を守るべく、事前にクラブハウスに降りて、ウェインライトに『あと2日どうなるかわからないから、今すぐやろう』と伝えて打席に送り出したのでした。大敗しているゲーム状況、引退までのカウントダウンが始まっているウェインライトの残り時間から考えると、まさにこの時しかありませんでしたね。

 なお、アダム・ウェインライトは、準備もできていて、試合前のBP(Batting Practice)で3本のHR打を放ち、バッティング・ケージに集まるチームメイトたちを驚かせていました。

アダム・ウェインライトの打撃

 MLBでは2022シーズンから正式にナ・リーグもユニバーサルDHを採用。それ以降はたとえ大敗した状況であっても投手が打席に入る機会はめったに無くなりました。昨年、デービッド・ロバートソンが嬉しそうに打席に入ったのを見ましたが、その時以来、投手の打席は見た記憶がありません。その意味でも大谷選手の二刀流は投手の打席をしっかり見られるという点で楽しみでもあります。

 打撃の良い投手は多く、とりわけ、現役ではロイヤルズのザック・グレインキ。ザックは今季、ネクストで用意をしていたものの、打席に立つことはなく、未遂でした。まだ残り2日、どうなるかはわかりません。

 また、今は投手専任ですが、かつては守備にも就いたことのある現フィリーズのノーヒッター投手、マイケル・ローレンツェンもすごい打者です。さらに2023年4月に契約の残り期間がありながら、Dバックスからリリースとなっているマディソン・バンガーナーも凄い打撃でした。

 そしてアダム・ウェインライトも実はこのカテゴリーに入ります。

 2005年のデビューから2021年まで424試合、846打席に立ち、742打数143安打、二塁打39、三塁打2、HR 10を放っております。ウェインライトは2017年にはシルバー・スラッガー賞も受賞しております。

 2005年にデビューしたアダム・ウェインライトはもともとリリーバーだったこともあり、メジャー初打席となったのは、2006年5月24日のジャイアンツ戦。この時も2番手として登板し、イニングまたぎの登板となり、たまたま打席が回ってきました。

 そしてメジャー初打席の初球、ジャイアンツの左腕、ノア・ローリーからHRを放ちました。メジャー初打席で初球HRは、MLB史上31人しかいないと言われております。

30日にはミニ・コンサートも

 アダム・ウェインライトは現地2023年9月18日にキャリア通算200勝を達成。42才まで現役を続けてきて、区切りの数字を達成しました。

 現役生活も残りわずか。実は30日の試合後にミニ・コンサートも開き、3曲のカントリー・ミュージックを披露する予定です。そして2024年初頭にファースト・アルバムがリリースされる予定です。

追記:コンサートの模様を少し

 こんな規模でやるアーティストもなかなかいませんよね。

 以上、AL/NLともにワイルドカード争いがあまりにも熾烈だったので、少し和むようなトピックをしたためました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
【MLB2024】ピート・クロウ=アームストロング(カブス/NLROY候補)がメジャー初HRを放つ!
【MLB2024】A’sが投手力でヤンキースをねじ伏せる!JP・シアーズ、メイソン・ミラーがシャットアウト・リレー
タイトルとURLをコピーしました