スポンサーリンク

【MLB2019】マックス・シャーザー、監督を追い返しシーズンハイの15K!

MLBニュース

”My arm felt great!”

現地2019年6月2日のナショナルズ@レッズ戦。

レッズのスローバック・ジャージのストッキングが高校野球のそれのようで非常にかっこいいものだったのですが、そんなレッズのスローバック・ジャージのさわやかさを吹き飛ばす情熱の投球を見せてくれたのがナショナルズ先発のマックス・シャーザーでした。

マックス・シャーザーはシーズンハイとなる15奪三振を記録しました。

8回120球の熱投

8回の2アウト目、ニック・センゼルから14個目の三振を奪い、球数が117球に到達したところで、ナショナルズ監督のデーブ・マルチネスがマウンドに向かいました。

それを察知したシャーザーは、監督に向かって何やらクレーム。

試合後のデーブ・マルチネスは、some non-professionalな言葉を交わしたとだけ記者に応えましたが、あきらかに「なんでマウンドに来るんだ!」をかなり汚くした言葉を発した模様(笑)。

監督の方もエースの気概をよくわかっているので、単に励ましに行ったような形となりました。

直後、シャーザーはジョーイ・ボットからシーズンハイとなる15個目の三振を奪い、マウンドを降りました。

それにしてもすごい気概でしたね。

7回まで僅差のリード

ゲームの方は7回を終えて2-1とナショナルズが僅差でリードしていた状況。シャーザーの気合の入りようもわかりますね。

8回表にブライアン・ドージャーのタイムリーシングルでナショナルズが4−1とリードを広げたのでした。

レッズ先発はソニー・グレーでしたが、5回を被安打5、失点2とこちらはこちらでナイスなゲームメイクをしたのでした。

ナショナルズは最後は抑えのショーン・ドゥーリトルにつなぎ、4−1で逃げ切りました。

• Box score

シャーザー、ようやく3勝目

今季、登板日にチームが負けることが多かったシャーザー。

13スタートでようやく3勝目となりました。

シーズン奪三振は117。これはナ・リーグだけでなくMLBでトップです。なおア・リーグ1位、MLB2位はアストロズのゲリット・コールで112K。ゲリット・コールの方が12スタートと1試合少ないのですが、前年同様にこの二人がMLBの奪三振を引っ張りそうです。

シャーザーはERA 3.06、WHIPが1.13です。

34才、まだまだボールがうなっています。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2021】エンゼルスのパトリック・サンドバルが9回1アウトまでNO-NO!
【MLB2021】ラファエル・デバース、24才の若さでキャリア100HR
【東京五輪2021】ドミニカ共和国のロスターと野球のスケジュール
【MLB2021】出ずっぱりの大谷選手、スタメン回避へ ! 今季3試合目のOFF
【MLBトレード2021】これはサプライズ!メッツが左腕のリッチ・ヒルを獲得
【MLB】インディアンスの新ニックネームはGuardians(ガーディアンズ)に決定
【MLBトレード2021】レイズがツインズからネルソン・クルーズをトレードで獲得!ポストシーズンにロックオン!
【MLB2021】ヤーミン・メルセデスが引退騒動!その真意とは?(追記あり)
【MLBリハビリ】クリス・セール、復帰へ大きな一歩!マイク・トラウトはベースランニング開始
【MLB2021】大谷選手、今季最高の投球!A’sはビューティフル・リレーで流れを阻止し、後半に逆転
【MLB2021】ジャレン・デュランがメジャー初HR!
【MLB契約延長】ランス・リンがホワイトソックスとラグジュアリー・エクステンション
【MLB2021】大谷選手がローボールを34号!ブランドン・マーシュがデビューするもエンゼルスはシリーズを負け越し
【MLB Injury2021】ジェイコブ・デグロム、前腕部ハリで離脱!NLイーストに影響も
【MLB 2021】パドレス@ナショナルズ戦が球場外の銃声で大騒動となりサスペンデッドに
【MLB2021】ジェイク・クロネンワースがサイクル安打を達成!パドレスは24得点
【MLB 2021】エンゼルス、後半戦勝利スタートとならず!大谷選手は土壇場で2点タイムリー
【MLB2021】レッドソックス、盤石の体勢で後半戦をスタート!E・ロッドが好投!タナー・ハウクがメジャー復帰へ
【MLB移籍2021】ブレーブス、トレードでジョク・ピダーソンを獲得!カブスの売りモードは加速しそう
【MLB契約2021】レッドソックス、マット・バーンズと2年延長でサイン
タイトルとURLをコピーしました