スポンサーリンク

【MLB2019】ヤンキース、2012年以来のア・リーグ東地区ペナントを制覇!

2019シーズン、100勝目

とうとうこの時がやってきましたね。

現地2019年9月19日、ニューヨーク・ヤンキースが7年ぶりとなる実に2012年以来のア・リーグ東地区ペナントを制覇しました。

おめでとうございます!

そんなに空いていたか??

2012年とは東日本大震災の翌年ではないですか。そんなに空いていたかと思い、調べてみましたらやはりそうでした。

ジョー・トーリ就任から2019までのヤンキース成績ログ

【出来事】
  • 2018:アーロン・ブーンが監督に就任
  • 2017:アーロン・ジャッジ、MLBデビュー(52 HR)
  • 2016:A・ロッド、ラストイヤー
  • 2014: デレク・ジーター、ラストイヤー
  • 2013: マリアーノ・リベラ、ラストイヤー
  • 2012:黒田投手加入!(〜2014まで)、7/23にイチロー選手が加入(〜2014まで)
  • 2011:ホルヘ・ポサーダ、ラストイヤー
  • 2008:監督にジョー・ジラルディが就任
  • 2006: バーニー・ウィリアムズ、ラストイヤー(1991〜)、王建民19勝!(2007年も19勝)
  • 2004:A・ロッド加入
  • 1999:A・ソリアーノ、MLBデビュー(2002年まで/2013-14は再加入)
  • 1996: ジョー・トーリが監督に就任。初年度から下馬評を覆し、ATLからWSで勝利!
  • 1995: 監督はバック・ショーウォルター(最後の年)、D・ジーター、M・リベラ、J・ポサーダがメジャーデビューの年

こうやって見ると、やはりデレク・ジーターのデビューから始まり、彼を起点にチーム構成が考えられ、ジーターの衰えとともに超黄金期がなくなったのがわかります。

しかし、ジーターの最晩年の2013から2014年の2年ほどでよくぞチームを立て直したなと思います。ディディ・グレゴリアスの獲得というのもありますが、やはりチーム構成がうまいですね。

New York Yankees Team History & Encyclopedia | Baseball-Reference.com
New York Yankees Team History & Encyclopedia

1996年ワールドシリーズ Game3に関する記事

地区優勝は19回目(1976、1977、1978、1980、1981、1996、1998、1999、2000、2001、2002、2003、2004、2005、2006、2009、2011、2012、2019)となります。

田中投手が先発

現地2019年9月19日のヤンキー・スタジアムでのエンゼルス戦ですが、ヤンキースの先発は田中投手でした(Masahiro Tanaka )。

田中投手は4回表にコール・カルフーンにソロHRを浴びましたが、失点はこれのみ。7回まで投げ切り、球数はたったの86!被安打4、失点1、奪三振6で今季11勝目を上げました。

遅い球(カーブ)を効果的に使って、バッターがアウトコースを張っているなと思ったら、インコースにスプリットを投げたり(チェンジアップかと思いましたが、後でログを見たらスプリットとなっていました)、もうすごいテクニシャンぶりでした。

田中投手は今季IL入りはなし。6月に第二子が誕生した際にパタニティ・リーブを取得したのみ。大きく貢献しましたね。

BOX SCORE

PSに痛手?!ドミンゴ・ヘルマンがDV容疑

7年ぶりの地区優勝が決まったこの日、1年間コンスタントに勝ち続けた投のMVPとも言っていいドミンゴ・ヘルマンがDV容疑でMLB-MLBPAのDVポリシー違反となり、アドミニストレーティブ・リーブに入りました。

これは7日間続き、この間はもちろんゲームには出られません。

調査が続き、全容が明るみになった場合はポストシーズンも出られないのではないか?と推測されます。

しかし、ゲームの勝負どころだけでなくこういった制度でさえもしっかりと対応してくるヤンキースがどう反論するか、注目しています。

せっかくのめでたい日にちょっとドミンゴ・ヘルマンの話題はもったいなかったですね。彼の活躍がなければ勝ててないです。

後日になりますが、今季ヤンキースはけが人だらけだったのにもかかわらず、なぜ勝てたのか、分析して記事にしたいと思います。

D.J. ルメイユにAwardを

ドミンゴ・ヘルマンが投の主役なら、オフェンスの主役はD.J.ルメイユだったと思います。1年間、ずっと出続けたことも大きかったですし、守備の安定力はもちろん、打撃でも.329、25HRと圧倒的な数字を残しています。

彼の存在感に報いるAwardが与えられればと思います。

とにかく、おめでとうございました。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】エンゼルス、アストロズ投手陣から20三振を奪われる!1試合ではMLB最多タイ!
【MLB2022】”MAX 102.4mph!”ブレーブスのルーキー、スペンサー・ストライダーが剛球連発で4勝目
【MLB2022】タイガースのライリー・グリーン、メジャー初HRはサヨナラHR
【MLB2022】マンフレッド・コミッショナー、ロボ・アンプ導入、32クラブ拡大プランを語る
【MLB2022】好調ノーラン・アレナドがサイクル安打を達成!しかし、フィリーズが勝利
【MLB2022】パイレーツ、2試合連続で1試合3HRを放つ選手が出現!
【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
タイトルとURLをコピーしました