スポンサーリンク

【MLBニュース2019】ア・リーグ中地区の好調右腕、ルーカス・ジオリト(CWS)とジェイク・オドリッジ(MIN)が揃って8勝目

ア・リーグ中地区の好調な2人の右腕

現地2019年6月2日は日曜日ということでデーゲームが多かったですね。

そしていよいよ現地2019年6月3日からMLBドラフトが始まるということでドラフト前最後のフルカードというところでした。

3日は4カードしかありません。

そんな中、ア・リーグ中地区の好調な右腕2人がこの日もいいピッチングを見せてくれました。まずは以前も取り上げたこの人からです。

ルーカス・ジオリト、無双状態に突入

インディアンスとのゲームに登板したルーカス・ジオリト(Lucas Giolito)はこの日も抜群の安定感を披露。

8回途中1アウトまで投じ、インディアンス打線を散発5安打、9三振を奪う投球を見せてくれました。

連打なし!

ところどころで安打は許すものの、この日は連打なし!打たれた次の回は3人で斬るなど、締め方も抜群です。

【現地2019年6月2日、CLE戦のジオリトの投球概略】

  • 1回表:被安打1
  • 2回表:三者凡退
  • 3回表:被安打1
  • 4回表:三者凡退
  • 5回表:被安打1(初の長打:2塁打)
  • 6回表:被安打1もダブルプレーで三人で斬って取る
  • 7回表:三者凡退
  • 8回表:1アウト後にシングルを許したところで交代

ジオリト、直近は6戦登板で6連勝

ルーカス・ジオリトは5月は6度登板し、5勝0敗。5月2日のレッドソックス戦でチームは6−4で勝利したものの、この日は勝ち星はつかず。

その次の5月7日からこの日の登板まで6戦に登板し、6連勝と絶好調です。

もう今のジオリトは無双状態ですね。

この日の勝利でルーカス・ジオリトは8勝目(8勝1敗)。ERAは2.54です。

ジェイク・オドリッジ、レイズを6回無失点

そしてア・リーグ中地区でもう一人、好調な投手がいます。それがツインズのジェイク・オドリッジ。

現地2019年6月2日時点で40勝18敗となり、勝利数では西地区トップのアストロズと並んでいるものの、勝率でア・リーグトップに立っているツインズ(アストロズは40勝20敗)。

その好調ツインズを守りの面で支えているのがジェイク・オドリッジ(Jake Odorizzi)、29才。

この日、降板後にリリーバーが攻められ、終わって見れば9−7での勝利となりましたが、6回まで登板したジェイク・オドリッジはレイズ打線を被安打3、無失点、9三振を奪う好投。

見事なゲームメイクを披露しました。

ジェイク・オドリッジとは

ジェイク・オドリッジは26才になったばかりの右腕で、2008年ブルワーズ1巡目でプロ入り。

2010年にブルワーズとロイヤルズ間で発生したトレードでロイヤルズへ移籍。

このときのトレードはザック・グレインキがブルワーズへ移ったトレードです。ブルワーズは2015年のロイヤルズのWSチャンプを後押ししたようなトレードとなりました。

【2010年12月19日のトレード】

ブルワーズ Gotロイヤルズ Got
ザック・グレインキ
ユニエスキー・ベタンコート
ジェイク・オドリッジ
ロレンゾ・ケイン
アルシデス・エスコバー
ジェレミー・ジェフレス

その後、2012年12月のトレードでレイズへ。

【2012年12月9日のトレード】

ロイヤルズ Gotレイズ Got
ウェイド・デービス
ジェームズ・シールズ
エリオット・ジョンソン
ジェイク・オドリッジ
ウィル・メイヤーズ
マイク・モンゴメリー
パトリック・レナード

そして2018年2月にマイナーの選手とのトレードでツインズに移籍していました。

冴え渡るツーシームとスプリット

ジェイク・オドリッジは2シーマーです。そう呼ぶには球種が豊富なのですが、ファストボールの基本はツーシームです。

持ち球はツーシーム、4シームに加え、スライダー、カーブ、カットボールそしてスプリット。

ツーシームの割合が一番多く、あとは4シームとスライダーとスプリットが同じようなその1/2ほどの配球でそれぞれは同じ割合。カットボールとカーブはごくたまに投げる程度。

横の変化に加えて縦のスプリットまであるのですから、幻惑されますね。

直近9戦で8勝

ジェイク・オドリッジは開幕して3戦は勝てず、黒星が2つ先行しましたが、4月17日のブルージェイズ戦からこの日のゲームまで9戦に登板し、8勝。5月20日のエンゼルス戦で勝ちがつかなかっただけで、こちらも絶好調です。

この日の勝利で今季8勝目です(8勝2敗)。ERAはなんと2.16!

ツインズ、投手王国化

ツインズはジェイク・オドリッジに加え、エースのホセ・ベリオス、カイル・ギブソン、マーティン・ペレスといずれも7勝か6勝を上げています。

ツインズはいつの間にやら、投手王国となっていますね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!(追記あり)
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
タイトルとURLをコピーしました