スポンサーリンク

【MLBニュース2019】菊池投手、ブロンクス初登板で輝く!最長の8回2アウトまで投げ、2勝目

菊池投手、ヤンキー・スタジアム初登板

現地2019年5月8日、マリナーズの菊池投手がいいピッチングを見せてくれました!

メジャー9戦目となった登板は、自身初のヤンキース戦、しかもヤンキー・スタジアムでの初登板。

自己最長の8回2アウトまでマウンドに

菊池投手が対戦した本日のヤンキースのラインナップはご覧のメンバー。

2番には今の打線の核とも言えるルーク・ボイトを起用(1B)。すでに怪我から復帰しているミゲル・アンドゥハーは5番DHに、捕手にはオースティン・ロマイン、3Bにはジオ・ウルシェラ、マイク・トーチマンはCF、キャメロン・メイビンはLFでの出場です。

スタントン、ジャッジ、ヒックスの3人の外野手が欠場しているとは言え、それでも勝っているヤンキースです。

菊池投手は立ち上がりこそ、ストライクとボールがはっきりしていましたが、右打者のアウトコースに決まるカーブが効果的で、これでカウントを稼げました。

そして徐々に自身のペースで投球。

ファストボールのMAXは94.9mph(152.73km/h)を記録。チェンジアップ、スライダー、カーブと緩急と横の揺さぶりで思うようにスイングさせませんでした。

スライダーとカーブも上手に使っていたと思います。

8回途中(7.2イニング)、106球、被安打3、失点1、奪三振3、与四球1。

マリナーズ打線が14安打、10得点

菊池投手の大きな支援となったのがマリナーズ打線の爆発力。

ヤンキース先発のルーキー、ジョナサン・ロアイシガ(Jonathan Loaisiga)を攻め、4回までに4得点。さらに、2番手のルイス・セッサからも1得点を上げ、5回を終了し5-1とリード。

ロアイシガは4回、被安打6、失点4で降板しました。

マリナーズは2回にミッチ・ハニガーのHR、5回にはエドウィン・エンカーナシオンのHR、8回にはリオン・ヒーリーのHRが出ております。

Mariners 10, Yankees 1 (Final Score) on MLB Gameday
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone info, and Statcast data for Mariners vs. Yankees at Yankee Stadium

SSにはディラン・ムーア

マリナーズのSSにはまもなく27才になるディラン・ムーアが入りました。

ディラン・ムーアは今季はまだルーキーステータス。ゲーム途中からの出場も含め、すでに28試合に出場。打率.229、HR 2本。

守備では3Bに入ることが多かったのですが、この日はSSでした。

ここまで3Bとしてのエラーは3つ。これは3月30日に1日3個のエラーをおかした時の記録です。

SSとしてのエラー、あるいは2Bとしてのエラーはありません。

SSに難しいゴロがよく飛びましたが、安心してみていられる守備でした。

ティム・ベッカムはベンチ

SSのレギュラー、ティム・ベッカムはこの日はベンチ。

4月にエラーしまくって菊池投手のリズムを崩したことがありました。3月と4月のエラーは11個を数えました。一応、ベッカムの名誉のために記しますと、5月に入ってからはまだエラーはありません。

菊池投手、2勝目

菊池投手はこの日の勝利で2勝目。とにかく数字につながったのがよかったですね。

ゲームはマリナーズが10-1で勝利しています。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
タイトルとURLをコピーしました