スポンサーリンク

【MLBニュース2019】菊池投手、ブロンクス初登板で輝く!最長の8回2アウトまで投げ、2勝目

スポンサーリンク

菊池投手、ヤンキー・スタジアム初登板

現地2019年5月8日、マリナーズの菊池投手がいいピッチングを見せてくれました!

メジャー9戦目となった登板は、自身初のヤンキース戦、しかもヤンキー・スタジアムでの初登板。

自己最長の8回2アウトまでマウンドに

菊池投手が対戦した本日のヤンキースのラインナップはご覧のメンバー。

2番には今の打線の核とも言えるルーク・ボイトを起用(1B)。すでに怪我から復帰しているミゲル・アンドゥハーは5番DHに、捕手にはオースティン・ロマイン、3Bにはジオ・ウルシェラ、マイク・トーチマンはCF、キャメロン・メイビンはLFでの出場です。

スタントン、ジャッジ、ヒックスの3人の外野手が欠場しているとは言え、それでも勝っているヤンキースです。

菊池投手は立ち上がりこそ、ストライクとボールがはっきりしていましたが、右打者のアウトコースに決まるカーブが効果的で、これでカウントを稼げました。

そして徐々に自身のペースで投球。

ファストボールのMAXは94.9mph(152.73km/h)を記録。チェンジアップ、スライダー、カーブと緩急と横の揺さぶりで思うようにスイングさせませんでした。

スライダーとカーブも上手に使っていたと思います。

8回途中(7.2イニング)、106球、被安打3、失点1、奪三振3、与四球1。

マリナーズ打線が14安打、10得点

菊池投手の大きな支援となったのがマリナーズ打線の爆発力。

ヤンキース先発のルーキー、ジョナサン・ロアイシガ(Jonathan Loaisiga)を攻め、4回までに4得点。さらに、2番手のルイス・セッサからも1得点を上げ、5回を終了し5-1とリード。

ロアイシガは4回、被安打6、失点4で降板しました。

マリナーズは2回にミッチ・ハニガーのHR、5回にはエドウィン・エンカーナシオンのHR、8回にはリオン・ヒーリーのHRが出ております。

The Official Site of Major League Baseball

SSにはディラン・ムーア

マリナーズのSSにはまもなく27才になるディラン・ムーアが入りました。

ディラン・ムーアは今季はまだルーキーステータス。ゲーム途中からの出場も含め、すでに28試合に出場。打率.229、HR 2本。

守備では3Bに入ることが多かったのですが、この日はSSでした。

ここまで3Bとしてのエラーは3つ。これは3月30日に1日3個のエラーをおかした時の記録です。

SSとしてのエラー、あるいは2Bとしてのエラーはありません。

SSに難しいゴロがよく飛びましたが、安心してみていられる守備でした。

ティム・ベッカムはベンチ

SSのレギュラー、ティム・ベッカムはこの日はベンチ。

4月にエラーしまくって菊池投手のリズムを崩したことがありました。3月と4月のエラーは11個を数えました。一応、ベッカムの名誉のために記しますと、5月に入ってからはまだエラーはありません。

菊池投手、2勝目

菊池投手はこの日の勝利で2勝目。とにかく数字につながったのがよかったですね。

ゲームはマリナーズが10-1で勝利しています。

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク