スポンサーリンク

【MLBニュース2019】菊池投手、ブロンクス初登板で輝く!最長の8回2アウトまで投げ、2勝目

日本人メジャーリーガー

菊池投手、ヤンキー・スタジアム初登板

現地2019年5月8日、マリナーズの菊池投手がいいピッチングを見せてくれました!

メジャー9戦目となった登板は、自身初のヤンキース戦、しかもヤンキー・スタジアムでの初登板。

自己最長の8回2アウトまでマウンドに

菊池投手が対戦した本日のヤンキースのラインナップはご覧のメンバー。

2番には今の打線の核とも言えるルーク・ボイトを起用(1B)。すでに怪我から復帰しているミゲル・アンドゥハーは5番DHに、捕手にはオースティン・ロマイン、3Bにはジオ・ウルシェラ、マイク・トーチマンはCF、キャメロン・メイビンはLFでの出場です。

スタントン、ジャッジ、ヒックスの3人の外野手が欠場しているとは言え、それでも勝っているヤンキースです。

菊池投手は立ち上がりこそ、ストライクとボールがはっきりしていましたが、右打者のアウトコースに決まるカーブが効果的で、これでカウントを稼げました。

そして徐々に自身のペースで投球。

ファストボールのMAXは94.9mph(152.73km/h)を記録。チェンジアップ、スライダー、カーブと緩急と横の揺さぶりで思うようにスイングさせませんでした。

スライダーとカーブも上手に使っていたと思います。

8回途中(7.2イニング)、106球、被安打3、失点1、奪三振3、与四球1。

マリナーズ打線が14安打、10得点

菊池投手の大きな支援となったのがマリナーズ打線の爆発力。

ヤンキース先発のルーキー、ジョナサン・ロアイシガ(Jonathan Loaisiga)を攻め、4回までに4得点。さらに、2番手のルイス・セッサからも1得点を上げ、5回を終了し5-1とリード。

ロアイシガは4回、被安打6、失点4で降板しました。

マリナーズは2回にミッチ・ハニガーのHR、5回にはエドウィン・エンカーナシオンのHR、8回にはリオン・ヒーリーのHRが出ております。

Mariners vs. Yankees | 05/08/19
The Official Site of Major League Baseball

SSにはディラン・ムーア

マリナーズのSSにはまもなく27才になるディラン・ムーアが入りました。

ディラン・ムーアは今季はまだルーキーステータス。ゲーム途中からの出場も含め、すでに28試合に出場。打率.229、HR 2本。

守備では3Bに入ることが多かったのですが、この日はSSでした。

ここまで3Bとしてのエラーは3つ。これは3月30日に1日3個のエラーをおかした時の記録です。

SSとしてのエラー、あるいは2Bとしてのエラーはありません。

SSに難しいゴロがよく飛びましたが、安心してみていられる守備でした。

ティム・ベッカムはベンチ

SSのレギュラー、ティム・ベッカムはこの日はベンチ。

4月にエラーしまくって菊池投手のリズムを崩したことがありました。3月と4月のエラーは11個を数えました。一応、ベッカムの名誉のために記しますと、5月に入ってからはまだエラーはありません。

菊池投手、2勝目

菊池投手はこの日の勝利で2勝目。とにかく数字につながったのがよかったですね。

ゲームはマリナーズが10-1で勝利しています。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB 2021】相手からのマークが集中する中、大谷選手が放った45号は価値あり!
【祝】200勝を達成したジョン・レスター、カージナルスのラスト・スパートを支える
【MLB】サルバドール・ペレス、ジョニー・ベンチ超えの46号!
【MLB 2021】ブレーブスから2連続!今度はエディー・ロザリオがサイクル安打を達成!
【MLB2021】マネーボール再びなるか!?アスレチックス、大逆転もあり得るすごいスケジュール(追記あり)
大谷選手、復帰マウンドで輝く!8イニングの熱投!
【MLB2021】マーカス・セミエンが40HR!
【MLB噂2021】メッツがフロントオフィス・サーチを開始!ビリー・ビーン、セオ・エプスタインの名前が上がる
【MLB2021】サルバドール・ペレスが45号HR!ジョニー・ベンチに並ぶ快挙
【MLB2021】大谷選手、腕の痛みでA’s戦の先発を回避(追記あり)
【MLB2021】ライアン・ブラウンが引退を表明。
【MLBワード】”マジック・ナンバー”と”エリミネーション・ナンバー”(リライト版)
【MLB2021】マックス・シャーザー、ニア・パーフェクトで3000K!イマキュレート・イニングも達成
【MLB 2021】ブルワーズ、バーンズ&へイダーでコンバインド・ノーヒッターを達成!
【MLB2021】大谷選手、登板日に44号を放つも、ワイルドなアストロズに苦戦
【2973安打】”この自在感!”ミゲル・カブレラ、9打席連続安打!
【レッドソックス】ハンター・レンフローとMLBに何があった?・・・そしてクリス・セールがテスト陽性へ
【MLB契約】”当然!”レイズ、エリック・二ーアンダー氏の昇進と複数年契約を発表
【2020 HOF受賞式典】「ありがとう!1人を除いて」デレク・ジーターのユーモアあふれるスピーチ
【MLB 2021】ジョー・アデルがブレイク・スネルのノーヒッターを破る殊勲のタイムリー
タイトルとURLをコピーしました