スポンサーリンク

【MLBニュース2019】菊池投手、ブロンクス初登板で輝く!最長の8回2アウトまで投げ、2勝目

菊池投手、ヤンキー・スタジアム初登板

現地2019年5月8日、マリナーズの菊池投手がいいピッチングを見せてくれました!

メジャー9戦目となった登板は、自身初のヤンキース戦、しかもヤンキー・スタジアムでの初登板。

自己最長の8回2アウトまでマウンドに

菊池投手が対戦した本日のヤンキースのラインナップはご覧のメンバー。

2番には今の打線の核とも言えるルーク・ボイトを起用(1B)。すでに怪我から復帰しているミゲル・アンドゥハーは5番DHに、捕手にはオースティン・ロマイン、3Bにはジオ・ウルシェラ、マイク・トーチマンはCF、キャメロン・メイビンはLFでの出場です。

スタントン、ジャッジ、ヒックスの3人の外野手が欠場しているとは言え、それでも勝っているヤンキースです。

菊池投手は立ち上がりこそ、ストライクとボールがはっきりしていましたが、右打者のアウトコースに決まるカーブが効果的で、これでカウントを稼げました。

そして徐々に自身のペースで投球。

ファストボールのMAXは94.9mph(152.73km/h)を記録。チェンジアップ、スライダー、カーブと緩急と横の揺さぶりで思うようにスイングさせませんでした。

スライダーとカーブも上手に使っていたと思います。

8回途中(7.2イニング)、106球、被安打3、失点1、奪三振3、与四球1。

マリナーズ打線が14安打、10得点

菊池投手の大きな支援となったのがマリナーズ打線の爆発力。

ヤンキース先発のルーキー、ジョナサン・ロアイシガ(Jonathan Loaisiga)を攻め、4回までに4得点。さらに、2番手のルイス・セッサからも1得点を上げ、5回を終了し5-1とリード。

ロアイシガは4回、被安打6、失点4で降板しました。

マリナーズは2回にミッチ・ハニガーのHR、5回にはエドウィン・エンカーナシオンのHR、8回にはリオン・ヒーリーのHRが出ております。

Mariners 10, Yankees 1 (Final Score) on MLB Gameday
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone info, and Statcast data for Mariners vs. Yankees at Yankee Stadium

SSにはディラン・ムーア

マリナーズのSSにはまもなく27才になるディラン・ムーアが入りました。

ディラン・ムーアは今季はまだルーキーステータス。ゲーム途中からの出場も含め、すでに28試合に出場。打率.229、HR 2本。

守備では3Bに入ることが多かったのですが、この日はSSでした。

ここまで3Bとしてのエラーは3つ。これは3月30日に1日3個のエラーをおかした時の記録です。

SSとしてのエラー、あるいは2Bとしてのエラーはありません。

SSに難しいゴロがよく飛びましたが、安心してみていられる守備でした。

ティム・ベッカムはベンチ

SSのレギュラー、ティム・ベッカムはこの日はベンチ。

4月にエラーしまくって菊池投手のリズムを崩したことがありました。3月と4月のエラーは11個を数えました。一応、ベッカムの名誉のために記しますと、5月に入ってからはまだエラーはありません。

菊池投手、2勝目

菊池投手はこの日の勝利で2勝目。とにかく数字につながったのがよかったですね。

ゲームはマリナーズが10-1で勝利しています。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
タイトルとURLをコピーしました