スポンサーリンク

【MLB2021】ダルビッシュ投手、メッツ戦で投打に活躍し6勝目!

ダルビッシュ投手、連敗を止める

 現地2021年6月3日(水)からパドレスは地元サンディエゴでメッツを迎えての4ゲームシリーズです。パドレスはこの後、カブスとの3ゲームシリーズを経て、再びシティ・フィールドでメッツを相まみえますので、このシリーズでは「嫌な相手」と印象づけたいところ。

カブスとメッツの対戦がつづく

 また、パドレスは直前のカブスとの3ゲームシリーズでスイープされており、なおかつその前のアストロズとの3ゲームシリーズのGame3を落としているため、4連敗中でした。

 今季はズルズル負け続けることはなさそうなパドレスではありますが、やはり連敗は止めておきたいところ。そこにダルビッシュ投手が投打にわたる活躍でチームの連敗をストップさせました。

SDP、ダルビッシュ投手登板日は11勝1敗

 ダルビッシュ投手は今季、このゲームを入れて12試合に登板しているのですが、ダルビッシュ投手が登板した日のパドレスの成績はなんと11勝1敗!ダルビッシュ投手が登板すると、パドレスはほぼ負けないのです。

 唯一黒星がついたのは例のドジャース戦。4月17日にサンディエゴでクレイトン・カーショウと、ものすごい投手戦を演じ、0-2で惜敗したときだけ。ダルビッシュ投手は5回2アウトまでノーヒットピッチングでしたから、これはもう敗戦のカウントに入れるのは気の毒なくらいの投球でした。

 今季はとりわけ、チームに貢献していることは明白ですね。

ダルビッシュ投手、6回途中、2失点

 この日のメッツ戦ですが、相手先発がタイワン・ウォーカー。先取点を上げたくない相手です。ダルビッシュ投手は最高の立ち上がりを見せ、3イニングを終えてランナーを出したのは四球の1個のみ。

 ダルビッシュ投手のこのリズムの良いピッチングがパドレスに流れを呼び込みました。

タティス・Jr.が先制17号2ランHR

 3回裏、パドレスは先頭のマニー・マチャードが四球で出てチャンスメイク。1アウト後、打席にはフェルナンド・タティス・Jr.。

 タティス・Jr. は4球目の4シームをフルスイング。やや上がりすぎたか?と思われた打球でしたが、これをメッツのCFのメイソン・ウィリアムスがウォール際でリーピングキャッチを実行。一旦はグラブに収まり、ナイスプレーというところだったのですが、残念ながら完全に捕球しておらず、ボールはグラブから出てそのままスタンドへ流れました。

 このHRでパドレスは2点を先制。ダルビッシュ投手を投げやすくさせました。タティス・Jr.のHR数はこれで17本目。ヴラディーミル・ゲレロ・Jr.と並びました。

ダルビッシュ投手が打席でチャンスメイク

 また、パドレスは4回裏にランナーを一人置いて、ダルビッシュ投手がバスターでライト線に二塁打を放ち、チャンスメイク。

 それをジュリクソン・プロファーがシングルで還して3-0に。ダルビッシュ投手は第1打席でLF前にシングルを放っていて、この日はマルチ安打。

 5回裏にはワイルド・ピッチでもう1点をもぎ取り、4-0とリード。

 4回裏と5回裏の追加点もダルビッシュ投手がしっかり抑えていたので流れを呼び込んだと言ってよいと思います。

 6回表、ダルビッシュ投手はジェームズ・マッキャンに2ランHRを浴び、ドミニク・スミスに死球を与えたところで降板となりました。スコアは4-2。

 ダルビッシュ投手は5.1イニングで被安打4、失点2、自責点2、与四球1、与死球1,奪三振5という成績でした。

パガンが失点

 パドレスはダルビッシュ投手降板後、ティム・ヒル、クレイグ・スタメンが無失点投球でナイス・リレー。 

 ただ、8回表にマウンドに上ったエミリオ・パガンがビリー・マッキニーに三塁打を打たれ1失点。エミリオ・パガンはドジャースとの2度めのシリーズでは肝心なところでHRを打たれ、この時期が底だったのですが、その後はらしさを取り戻していました。この失点は7試合ぶり。 

 ここでひっくり返されてはダルビッシュ投手の勝ち星も消えるところでしたが、なんとか4-3と1点リードを保ったまま、マーク・マランソンへスイッチ。

 9回表、マーク・マランソンはランナーを2人出すも、無失点に抑え、パドレスが連敗を4で止めたというゲームでした。

 ダルビッシュ投手の投打にわたる活躍がチームに良い刺激を与えたゲームだっと思います。

 ダルビッシュ投手は今季6勝1敗、ERA2.25、奪三振は84。6勝はナ・リーグでは4位タイ、ERAでは8位、奪三振は4位です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
タイトルとURLをコピーしました