【MLB2020】「絶好調!」前田健太投手、6回スコアレスで2戦2勝!ツインズとの相思相愛ぶりが結果にも表れる

良いなと思ったらシェアお願いします

前田投手、6回1ヒッター、スコアレス

 現地2020年8月1日、今季からミネソタ・ツインズに移籍している前田健太投手が、今季2度めの先発マウンドへ。インディアンスを相手に6回を1ヒッター、スコアレスに抑える好投を見せました。

 これで前田投手は戦2勝。ツインズ投手陣を牽引しています。

ムーキー・ベッツとD・プライスがドジャースに移籍。BOS-LAD-MINで前田投手も動くブロックバスタートレードが成立しました

内野安打1本のみの完璧な投球

 この日の前田投手の投球は完璧そのもの。対戦相手のインディアンス打線は2番にホゼ・ラミレスが座り、フランシスコ・リンドールが3番、カルロス・サンタナが4番、フランミル・レイエスが5番にいるという強烈なラインナップにも関わらずです。

 1回表は3番のフランシスコ・リンドールを警戒して四球を出したものの、2回から4回までは三者凡退。3回表は、サンディー・レオン、ダニエル・ジョンソン、セイザー・ヘルナンデスという下位から始まるターンをきっちりと三者三振に仕留める徹底ぶり。

 5回表、1アウトからブラッドリー・ジマーに2B前の内野安打を打たれましたが、これも打者の芯を外し、2B前のボテボテのハーフフライのような当たりで完全に投手勝利の打球。

 6イニング目も上位打線を三者凡退に。前田投手は6回、83球、被安打1、失点0、与四球1、奪三振6。

ミゲル・サノが2発

 ツインズ打線も好投の前田投手を援護。ミゲル・サノが3回裏にカルロス・カラスコからソロHRを放ち先制。4回裏にはエディー・ロサリオがソロHRを放ち、2点目。さらにミゲル・サノが5回裏にも2打席連続となるソロHRを放ち、中盤でしっかりと援護しました。

 ツインズは前田投手降板後は、右腕のトレバー・メイ、同じく右腕のコディー・スタシャクが1イングずつ無失点でリレー。最後は2019年に30SVを上げた左腕のテイラー・ロジャースが締め、インディアンスにスコア3−0で勝利しました。

The Official Site of Major League Baseball

前田投手、開幕2連勝

 これにより、前田投手は7月26日の登板から2試合連続で勝利投手に。

 2試合を終えて前田投手は、11.0イニングで被安打5、失点2、被本塁打1、与四球2、奪三振12。

 なお、この被本塁打1の2失点は2020年初先発で、ホワイトソックスと対戦した際に、ルイス・ロバートに打たれた1発。ルイス・ロバートのメジャー初HRは前田投手で、今後ルイス・ロバートが大成すればある意味歴史に名を刻む形になります。

現地2020年7月27日、ホワイトソックスの「怪物」ルーキー、ルイス・ロバートがメジャー初HRを放っています!とにかくおもしろいツインズとホワイトソックス戦。今後も楽しみです。

冴えるスプリット

 前田投手の4シームは92-94mph(148.06kmh-151.27kmh)。この4シームが伸びがあって計測以上の威力を発揮していますが、それ以上にこれを早く見せる工夫が随所に見られ、得意のスライダーとともにさらに遅いカーブでそれを演出。

 そして公式サイトではチェンジアップ、あるいはシンカーとなっていますが、右打者の膝下に沈むスプリットが実にコントロールがよく、この2戦ではフィニッシュとして機能しています。

ベリオスに代わってツインズを牽引

 ツインズの2020年の開幕投手はホセ・ベリオスです。ツインズの大黒柱と言っていい投手ですが、今のところ2戦を投げ0勝1敗、ERA 7.00と結果が出ていません。

 前田投手はホセ・ベリオスに代わってツインズを牽引しているような成績となっています。

 なお、開幕2戦2勝で前田投手のさらに上を行くのがインディアンスのシェーン・ビーバー。未だスコアレスでERA 0.00です。

 このゲームを終え、ツインズは6勝2敗でALセントラル首位です。

ツインズ移籍の真相

 前田投手がツインズに入った経緯を当ブログで書くわけにいきませんので、公式チャンネルでぜひご確認ください。

 そしてツインズとある点で相思相愛。実際、ほとんどラブコールというほどの熱心な勧誘でした。その相思相愛のポイントとは?

 さらにもう少しヒントを。前田投手はカープで97勝、MLBでこの日の勝利を含めて49勝を上げています。この点も大きな要素です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

コメント

  1. irolyn より:

    このカード初戦の方はベリオスちょっと不運だと思いましたね、ビーバーが圧巻も圧巻
    ベイリー、ドブナックのグッドサプライズでオドリッジ不在をゆったりと待てるのは素晴らしい

    すっかり忘れていたピネダはCOVIDでアウトなんでしょうか?(PEDのペナルティ?)

    ロバートの勢いも止まりませんけどヤストレムスキーもなんかスパークしてますね

    • hirotee より:

      irolyn様
      こんばんは。
      >ベイリー、ドブナックのグッドサプライズ
      そうですね。私は特にドブナックの活躍に驚いています。進化していますね。

      >すっかり忘れていたピネダは
      私も忘れるところでした。PEDSのサスペンションがちょうど60Daysでしたので、
      オートマティックにアウトですね。

      時間があるので、もうちゃんとやってもらいたいです。
      ルーキー時代は糸を引くファストボールで本当に驚いたものですが、
      怪我以来、もうぎりぎりでやっているのでしょうね。

      コメント、ありがとうございました。