スポンサーリンク

【MLB2020】「絶好調!」前田健太投手、6回スコアレスで2戦2勝!ツインズとの相思相愛ぶりが結果にも表れる

前田投手、6回1ヒッター、スコアレス

 現地2020年8月1日、今季からミネソタ・ツインズに移籍している前田健太投手が、今季2度めの先発マウンドへ。インディアンスを相手に6回を1ヒッター、スコアレスに抑える好投を見せました。

 これで前田投手は戦2勝。ツインズ投手陣を牽引しています。

内野安打1本のみの完璧な投球

 この日の前田投手の投球は完璧そのもの。対戦相手のインディアンス打線は2番にホゼ・ラミレスが座り、フランシスコ・リンドーアが3番、カルロス・サンタナが4番、フランミル・レイエスが5番にいるという強烈なラインナップにも関わらずです。

 1回表は3番のフランシスコ・リンドーアを警戒して四球を出したものの、2回から4回までは三者凡退。3回表は、サンディー・レオン、ダニエル・ジョンソン、セイザー・ヘルナンデスという下位から始まるターンをきっちりと三者三振に仕留める徹底ぶり。

 5回表、1アウトからブラッドリー・ジマーに2B前の内野安打を打たれましたが、これも打者の芯を外し、2B前のボテボテのハーフフライのような当たりで完全に投手勝利の打球。

 6イニング目も上位打線を三者凡退に。前田投手は6回、83球、被安打1、失点0、与四球1、奪三振6。

ミゲル・サノが2発

 ツインズ打線も好投の前田投手を援護。ミゲル・サノが3回裏にカルロス・カラスコからソロHRを放ち先制。4回裏にはエディー・ロサリオがソロHRを放ち、2点目。さらにミゲル・サノが5回裏にも2打席連続となるソロHRを放ち、中盤でしっかりと援護しました。

 ツインズは前田投手降板後は、右腕のトレバー・メイ、同じく右腕のコディー・スタシャクが1イングずつ無失点でリレー。最後は2019年に30SVを上げた左腕のテイラー・ロジャースが締め、インディアンスにスコア3−0で勝利しました。

前田投手、開幕2連勝

 これにより、前田投手は7月26日の登板から2試合連続で勝利投手に。

 2試合を終えて前田投手は、11.0イニングで被安打5、失点2、被本塁打1、与四球2、奪三振12。

 なお、この被本塁打1の2失点は2020年初先発で、ホワイトソックスと対戦した際に、ルイス・ロバートに打たれた1発。ルイス・ロバートのメジャー初HRは前田投手で、今後ルイス・ロバートが大成すればある意味歴史に名を刻む形になります。

冴えるスプリット

 前田投手の4シームは92-94mph(148.06kmh-151.27kmh)。この4シームが伸びがあって計測以上の威力を発揮していますが、それ以上にこれを早く見せる工夫が随所に見られ、得意のスライダーとともにさらに遅いカーブでそれを演出。

 そして公式サイトではチェンジアップ、あるいはシンカーとなっていますが、右打者の膝下に沈むスプリットが実にコントロールがよく、この2戦ではフィニッシュとして機能しています。

ベリオスに代わってツインズを牽引

 ツインズの2020年の開幕投手はホセ・ベリオスです。ツインズの大黒柱と言っていい投手ですが、今のところ2戦を投げ0勝1敗、ERA 7.00と結果が出ていません。

 前田投手はホセ・ベリオスに代わってツインズを牽引しているような成績となっています。

 なお、開幕2戦2勝で前田投手のさらに上を行くのがインディアンスのシェーン・ビーバー。未だスコアレスでERA 0.00です。

 このゲームを終え、ツインズは6勝2敗でALセントラル首位です。

ツインズ移籍の真相

 前田投手がツインズに入った経緯を当ブログで書くわけにいきませんので、公式チャンネルでぜひご確認ください。

 そしてツインズとある点で相思相愛。実際、ほとんどラブコールというほどの熱心な勧誘でした。その相思相愛のポイントとは?

 さらにもう少しヒントを。前田投手はカープで97勝、MLBでこの日の勝利を含めて49勝を上げています。この点も大きな要素です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. irolyn より:

    このカード初戦の方はベリオスちょっと不運だと思いましたね、ビーバーが圧巻も圧巻
    ベイリー、ドブナックのグッドサプライズでオドリッジ不在をゆったりと待てるのは素晴らしい

    すっかり忘れていたピネダはCOVIDでアウトなんでしょうか?(PEDのペナルティ?)

    ロバートの勢いも止まりませんけどヤストレムスキーもなんかスパークしてますね

    • hirotee より:

      irolyn様
      こんばんは。
      >ベイリー、ドブナックのグッドサプライズ
      そうですね。私は特にドブナックの活躍に驚いています。進化していますね。

      >すっかり忘れていたピネダは
      私も忘れるところでした。PEDSのサスペンションがちょうど60Daysでしたので、
      オートマティックにアウトですね。

      時間があるので、もうちゃんとやってもらいたいです。
      ルーキー時代は糸を引くファストボールで本当に驚いたものですが、
      怪我以来、もうぎりぎりでやっているのでしょうね。

      コメント、ありがとうございました。

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】ナ・リーグ東地区の首位攻防が面白い!ブレーブスがデグロム先発ゲームに勝利し、シリーズ勝ち越し!
【MLB2022】A’s、S・ピスコッティー、J・ラウリーに続き、エルビス・アンドラスをリリース!(追記あり)
【MLB2022】ラッチマン効果絶大!オリオールズがブルージェイズに逆転勝ち!ついに勝利数で並ぶ!
【MLB2022】レンジャーズ、クリス・ウッドウォード監督を解任へ!FA補強の結果が出ず(追記あり)
【MLB2022】サンディー・アルカンタラがパドレス打線を7回スコアレス!一方、プロファーはチームメイトから怒られる
【MLB2022】マイケル・ワカが復帰戦で快投!ヤンキースを7回2ヒッターでシリーズ勝利に導く
【MLB2022】フランミル・レイエス、DFA後に蘇る!カブス移籍3試合で打率.417!
【MLB2022】フェルナンド・タティス・Jr.がシーズン・エンディングへ!禁止薬物テストで陽性反応
【MLB2022】ガーディアンズ、ALセントラルの首位に躍り出る
【MLB】2022フィールド・オブ・ドリームスはグリフィー親子、ハリー・ケリーが登場!鈴木選手が先制打
【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
タイトルとURLをコピーしました