スポンサーリンク

【2019年DFA後】牧田投手、マイナーを選択!エルパソ・チワワズに在籍し、奮闘中!

チワワズはSDPのトリプルA

現地2019年7月4日時点での情報です。

ちょっと気になっていた牧田投手の動向が判明しましたので記事にしておきたいと思います。

牧田投手はWBC2013のときにアメリカ・マスコミから「フリスビーのようだ!」と評されました。

あの美しく、且つマシーンからホップして出てくるような不思議なアンダースローを今後もアメリカで見せつけてもらいたいと筆者は思っております。

しかし、2019年の牧田投手はなかなか厳しい状況ですね。

2019年4月はダブルAスタート

牧田投手は2019年4月、パドレスのダブルAで、ロゴがかわいくて有名なアマリロ・ソッドプードルズで4月を迎えていました。

ちなみにこれがそのロゴです↓。

凝っているデザインが山のようにあるマイナーリーグの中で安定して高い評価を受けているかわいいデザインです。

3月のスプリング・トレーニングでは招待選手としてメジャー・キャンプに参加した牧田投手でしたが、開幕メジャー入りとはならず。

そしてExtended Spring Trainingで再調整するもやはりメジャー入りとなりませんでした。

しかし、6月17日に突然のメジャーへのコールアップが!そこまでは皆様もよくご存じですよね。

6月に突然のコールアップ

パドレスの投手陣に故障者が出た訳ではなかったので、このコールアップに「??」と思った方も多かったのではないでしょうか?

たった1日でDFAへ

そしていやな予感は当たるもので、翌日、たった1日でDFA、つまりメジャー契約から外されました。

その後どうなったのか、情報がなかなか入ってきませんでした。

  • ウェーバーでクレームオフした(=求めた)クラブがあったのか?
  • クリアーウェーバー(クレームなし)となって、どうしたのか?
    • マイナーを選んだのか、
    • それとも日本に帰国するのか

DFA後は7日以内に動かないといけないので、早めに結果がわかると思っていたのですが、これがなかなか情報が出てきませんでした。

筆者もその後はオールスターなり、いろいろな情報をトレースしているうちに時間が経過してしまいました。

DFA後、マイナーを選択

今、牧田投手がマイナーにいる事実からしか判断できないのですが、DFA後はどうやらウェーバーでクリアー・クレーム、つまり獲得先がなかったようです。

そうなるとマイナーかFAかを選択できた訳ですが、牧田投手はマイナーを選んだということですね。

当面のお金の心配はないでしょうし(勝手な推測)、日本に帰ればもうMLB復帰のチャンスはなくなりますから、勝負に出たのではないかと思います。

7月に入り2Aから3Aへ

DFA後、牧田投手は再びダブルAのソッドプードルズにアサインされます。

そして6月後半からの数試合の登板ですぐにトリプルAに上がりました。

パドレスのトリプルAの名前はEl Paso Chihuahuas(エルパソ・チワワズ)です。

これがまた、パドレスのマイナーは本当にロゴがかわいいらしいんですね。

El Paso Chihuahuas
Official website of the El Paso Chihuahuas, Triple-A affiliate of the San Diego Padres.

強さを醸し出すために、どのマイナーのロゴも強面をつくっているのですが、チワワズの場合、もとがチワワなのでどんなにがんばっても強面を演じているのが見え見えなので、それが余計に愛嬌がありますね。

かわいい以外ないでしょ、これ。

ちなみに一番上のツイートの埋め込みで、牧田投手がかぶっているキャップのロゴが「diaiablos 」になっています。

これはいわば、スローバック・ジャージを着用しているだけです。

テキサス州のエルパソにはかつて「エルパソ・ディアブロス」というチームがありました。長年レンジャーズのダブルAでした。

ところが2004年ごろにチームがなくなり、そこにチワワズがふたたび現れて地元に愛されています。

たまたま7月3日のゲームがスローバックジャージを着る日だったようです。

なお、独立リーグのチームにおいてもディアブロスがあったようですが、それはマイナーとはまた別のディアブロスだったようです。

牧田投手の2019年スタッツ(Minor)

牧田投手の2019年のスタッツを記しておきたいと思います。DFA前もマイナーで投げていましたので整理しておきたいと思います。

Kazuhisa Makita

ダブルA(ソッドプードルズ)(2019年7月4日時点)
  • 4月から7月1日まで在籍(DFA後も少し登板)
  • 26試合/ 40.2 IP/ 3勝2敗/ ERA 3.54/ 被安打43/ 被本塁打5/ 奪三振13/ 与四球7/ 与死球1
トリプルA(チワワズ)(2019年7月4日時点)
  • 7月3日から在籍
  • 1試合/ 3.0 IP/ 1勝0敗/ ERA 0.00/ 被安打3/ 被本塁打0/ 奪三振5/ 与四球0/ 与死球0

今の強いパドレスではメジャーへ上がるチャンスは非常に少ないと思いますが、本当にどう転ぶかわからないので、とにかく悔いなくやってもらいたいです。誰がどんな故障に見舞われるかわかりません。

できれば、腕の長い左バッターでも届かないようなアウトコースに逃げる変化球があればいいなと思います。MLBは結構、アンダースロー慣れしていますので、なにか特別な変化球ができればいいなと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】好ゲームのMIL@SDP戦!ダルビッシュ投手の熱投とコルテン・ウォンのスーパープレー!
【MLB2022】DFAから一転、2HR!メジャー復帰のアリティディス・アキーノが爆発の予感
【MLB2022】フレディー・ペラルタが右肩のハリでIL入り!
【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました