スポンサーリンク

【MLBニュース2019】ブルワーズ、ブランドン・ウッドラフ、投げては10K、打っては2RBIでフィリーズを圧倒

B・ウッドラフはもう”二刀流”の認定で

やっぱり投手が打席に入るのは面白いです。

現地2019年5月26日のフィリーズ@ブルワーズ戦!ポストシーズンを彷彿とさせるカードですが、この面白いシリーズのGame3で、ブルワーズ先発のブランドン・ウッドラフが野球少年のような活躍を見せました!

ブルワーズ地元のミラー・パークでの開催ということで大いに盛り上がりました。

この3連戦はフィリーズが2連勝中

現地2019年5月24日(金)から始まったこのシリーズは、Game1はアンドリュー・マッカッチェン、リース・ホスキンスらの活躍でフィリーズが中盤にパワーで押し切り、6-4で勝利。

Philadelphia Phillies at Milwaukee Brewers Box Score, May 24, 2019 | Baseball-Reference.com
Philadelphia Phillies beat Milwaukee Brewers (6-4). May 24, 2019, Attendance: 40254, Time of Game: 3:23. Visit Baseball-Reference.com for the complete box scor...

25日のGame2はジェイク・エアリエッタとジョーリス・チャシーンのエース同士の対戦をまたしてもマッカッチェンとホスキンスらの活躍ででフィリーズが打ち勝ち、2連勝。

Philadelphia Phillies at Milwaukee Brewers Box Score, May 25, 2019 | Baseball-Reference.com
Philadelphia Phillies beat Milwaukee Brewers (7-2). May 25, 2019, Attendance: 42475, Time of Game: 2:52. Visit Baseball-Reference.com for the complete box scor...

フィリーズがスイープするか?という状況のGame3でした。

Game3はウッドラフとエフリン

26日のGame3はブルワーズがブランドン・ウッドラフ、フィリーズがザック・エフリンの先発。

ブルワーズ、5回終了時で7−0の猛攻

ゲームは立ち上がりこそおとなしかったものの、3回にブルワーズのベン・ギャメルにソロホームランが飛び出して以降、ブルワーズが打線が爆発。

中盤に一気に7得点し、ザック・エフリンを攻略しました。

イェリッチ、21号

5回にはクリスチャン・イェリッチに今季21号のHRが飛び出しました。

イェリッチはこのペースだと63本打つ計算になるらしいです!!

B・ウッドラフ、フィリーズ打線を8回1ヒッター

よかったのはブランドン・ウッドラフですね。

ファストボールが走っていました。ウッドラフは本来、2シーム、スライダーと横のムービングで勝負する投手ですが、この日はベースとなる4シームがとりわけ走っておりました。

MAXは4シームの99mph(159.32kmh)。

2シーム、4シームともにアベレージで96mph(154.49kmh)をコンスタントに叩き出しておりました。

4シームが43球、2シーム、チェンジアップ、スライダーがそれぞれ19球、16球、19球という配分。まっすぐ中心の組み立てでした。

リードしていたヤズマニ・グランダールも強気でしたね!

あのフィリーズ打線を1安打、10奪三振ですから大したものです。しかも当たっているマッカッチェンやホスキンスを抑えての投球は素晴らしかったです。

打っては2安打、2打点

そのブランドン・ウッドラフは打撃でも活躍。

4回には2アウトでランナー2塁の場面でタイムリー2塁打で1打点。

さらに5回にはノーアウトランナー1・2塁で打席に入り、タイムリーシングルで2打点目。

ウッドラフは3打数2安打、2打点。そのウッドラフの活躍の動画です。

ウッドラフは今季10安打目!

なお、この日の2安打により、2019年のブランドン・ウッドラフの打撃成績は27打数10安打、うち2塁打が3本、打点が4で、打率が.370、OBPが.393、SLGが.481と野手並みの成績となりました。

ウッドラフの打撃といえば、やはり2018年のポストシーズンの活躍が思い出されます。

ウッドラフは7勝目

この勝利で、ブランドン・ウッドラフは7勝目。ブレーブスのマックス・フリードらに並んでナ・リーグのハーラートップ・タイです。

先発の台所が厳しいところだったので、これはカウンシル監督も嬉しいでしょうね。

Phillies 1, Brewers 9 (Final Score) on MLB Gameday
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone info, and Statcast data for Phillies vs. Brewers at Miller Park

フィリーズはリアルミュートが欠場していたのですが、代わってマスクをかぶったアンドリュー・ナップがチーム唯一の1安打を放ったのでした。

ブルワーズは現地2019年5月27日からツインズと2連戦。いいチーム同士の対戦なのでこれも面白そうです。

フィリーズは28日から地元にてカージナルスとの3連戦です。その後、ドジャース、パドレスと西海岸遠征が入っています。

あらためて思ったのはやはりピッチャーが打席に入るのは面白いということですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました