スポンサーリンク

【MLB7月トレード2019】ブルワーズ、パイレーツからジョーダン・ライルズを獲得へ

ブルワーズ同地区からスターターを補強

現地2019年7月29日、トレードデッドラインに向けブルワーズが動きました。

パイレーツからジョーダン・ライルズ(Jordan Lyles  28才)を獲得しました。

ブルワーズに復帰

ジョーダン・ライルズは2018年7月29日にパドレスをDFAとなり、ブルワーズがウェーバーで獲得しました。

8月以降リリーバーとして11試合に登板し、1勝0敗、ERA 3.31とブルワーズの後半の追い込みに貢献しました。ただ、プレーオフのアクティブ・ロスターに選ばれず、10月にFA。2018年12月にパイレーツと契約しました。

2019年は開幕前に右腕の違和感でIL入り、さらに6月にはハムストリングを傷めるなどIL入りの時期も何度かありましたが、17試合に登板、いずれも先発で5勝7敗、ERA 5.36という結果に。

特に直近の成績が結構悲惨で5月28日から8度登板し、いずれもチームは負け。ライルズ自身の成績も0勝6敗という状況でした。

ブルワーズは直近だけを見ていない

スターターの相次ぐIL入りの危機に際し、かなり思い切った補強とも言えなくもないのですが、ブルワーズのGMデービッド・スターンズは「我々は直近の成績だけでは判断しない。全体の成績を見ているんだ」と獲得の理由を明かしています。

ライルズの2019年の初登板は4月4日。以降、5月23日まで9度の登板でライルズは5勝1敗、ERA 2.81を記録。ライルズの登板日のパイレーツの成績は8勝1敗でした。

確かにシーズン序盤の成績は素晴らしかったですね。

スターンズGMはそこも含めてライルズを評価。立ち直れるというふうに見たようです。まあ資金セーブという大きな命題があるにせよ、なんとか本質をつかもうという工夫が伺えるのが好感ですね。

ジョーダン・ライルズは現地2019年7月29日、シンシナティでの登板が予定されていましたが、このまま現地2019年7月30日から始まるアスレチックス戦に備え、オークランドに飛びました。30日の先発ではないかと思われます。

スターンズGMの期待に応えたいところですね。

ライルズが2018年12月にパイレーツと結んだ契約は1年$2.05M。ブルワーズは今季の残りを引き継ぎます。ブルワーズの贅沢税上の計算が$0.69Mになっているので、支払いもこれに近い額なのではないかと思われます。ブルワーズは2018年のオフ、ライルズの2019年のクラブオプションの$3.5Mを蹴っていたのでした。

ブルワーズの危機を救え

現地2019年7月29日時点でのブルワーズのILの投手はご覧の通り。

  • RP コービン・バーンズ(C. Burnes) 10-day IL
  • SP ジョーリス・チャシーン(J. Chacin) 10-day IL
  • SP ジミー・ネルソン(J. Nelson)10-day IL
  • SP ブランドン・ウッドラフ(B. Woodruff)10-day IL

SP ジオ・ゴンザレスはINJURYの報道がありましたが、Day to DayなのでILには入っておらず。ローテーションは今ジオを含めて3人しかおりません。

  1. ザック・デイビーズ( Z. Davies
  2. チェイス・アンダーソン (C. Anderson
  3. ジオ・ゴンザレス( G. Gonzalez
  4. ジョーダン・ライルズ

4番めにジョーダン・ライルズに入ってもらいたいところですね。

パイレーツには25才右腕

今回のトレードは1対1で、パイレーツには右腕のコーディ・ポンス(Cody Ponce )が動きます。コーディー・ポンスは2015年ブルワーズ2巡目指名。

25才で、ブルワーズのダブルAに所属していました。2019年は27試合に登板し、1勝3敗、1セーブ、ERA 3.29。2018年まではスターターとして登板していましたが、2019年からはリリーバーとしての登板のみです。

ファストボールが93−96、スライダーが80台前半。非常にパワフルな投手です。ところどころにタメもあっていい投手だと思います。抜き球がどれくらいあるのかで幅が広がると思うのですが、伸びしろはかなりあると思います。

(ジョーダン・ライルズに関するリンクです。)

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました