スポンサーリンク

【MLB2024FA】フィリーズがスペンサー・ターンブルを獲得!2021年にノーヒッターを達成

フィリーズが投手補強

 現地2024年2月11日、フィラデルフィア・フィリーズが投手を補強。

 タイガースからFAとなっていた右腕のスペンサー・ターンブル(Spencer Turnbull)と1年契約で合意しました。

 スペンサー・ターンブルは2023年終了後にタイガースからノンテンダーとなり、ノンテンダーFAとなっていました。

契約内容

 現時2024年2月13日ではまだ合意のままですが、大筋では以下の内容となっています。

  • 1年/$2M (2024)
    • +パフォーマンス・ボーナス:MAX $2M

 前の契約は2年/$3.65M (2022-23)でしたから、単価はほぼ同額ということに。

スペンサー・ターンブルとは?

 スペンサー・ターンブルは1992年9月18日生まれの31才。アラバマ大学出身で、2014年のアマチュアドラフトでタイガースから2巡目指名を受けてプロ入り。

 メジャー上がったのは2018年シーズン後半。この年はお試し昇格ゆえ先発3試合を含む4試合の登板で0勝2敗、ERA 6.06でした。

 翌2019年、デトロイトの先発ローテーションに入ったスペンサー・ターンブルでしたが、いかんせんこの年のタイガースは全く打てない打線で、リビルドの大いなる犠牲者となりました。30試合に先発し、ERA 4.61というまずまずの成績を上げるも、勝敗数が3勝17敗という気の毒すぎる数字となったのでした。この敗戦数はもちろん両リーグでワースト。さらにHBP(死球)も16を數え、こちらもワーストとなっています。

 なお、良かった点はイニング数が148.1を數えたことと、奪三振が146を數えた点です。

2021年にノーヒッター

 コロナ・パンデミックの影響で短縮された2020年シーズンでは、11試合に先発して、4勝4敗、ERA 3.97。まずまずの成績を残しました。

 翌2021年、スペンサー・ターンブルは一気にその名を広めることになります。それが 2021年5月18日のマリナーズ戦。この試合に先発したターブルはノーヒットノーランを達成。

 2021年はノーヒッターが頻発した年でしたが、5月半ば時点でジョー・マスグローブ、カルロス・ロドン、ジョン・ミーンズ、ウェイド・マイリーに次いでシーズン5人目の達成。

ノーヒッター後にTJ手術

 非常に良いスタート切ったシーズンだったのですが、偉業の後に待ち構えていたのは怪我で、6月にはUCL断裂が発覚。結局、ノーヒッターの後は3試合しか先発することができず、6月4日の登板がシーズン最終登板になり、トミー・ジョン手術に至ったのでした。

 2021年は9試合、50.0 IPで4勝2敗、ERA 2.88で幕を閉じました。

 手術をした時期が悪かったため、2022年は全休。

 復帰は2023年 4月1日のレイズ戦でした。その復帰登板では2.1イニングで7失点と炎上。次の先発のレッドソックス戦でも5イニングで5失点。5月6日のカージナルス戦がシーズン最後の登板になりました。

 この時は首に違和感を覚えての離脱でした。2023年は7試合に先発し、1勝4敗、ERA7.26。

DDとはDET時代に縁あり

 31歳のスペンサー・ターンブルは今回のディールで再びデーブ・ドンブロウスキーの下でプレーすることになりました。デーブ・ドンブロウスキーは2015年にタイガースのPOBOから離れましたので、マイナー時代のスペンサー・ターンブルをよく知っています。

 また、 ドンブロウスキーは2024年1月に投手層を厚くすることを述べていましたので、今回のディールは有言実行というところでしょうか。

 調子が戻れば良いのですが、ちょっと未知数の要素が多いですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
【MLB2024】ナッツのスティーブン・ストラスバーグは未だ40manロスター。今後の動向は?
タイトルとURLをコピーしました