【MLB移籍2018】エリック・ホズマーはパドレスと8年で合意、J・オドリッジがツインズへ

ホズマーはSDPへ

現地2018年2月17日、去就が注目されていたロイヤルズからFAのエリック・ホズマーEric Hosmer)のディールが決まりました。

8年総額$144M

パドレスとなんと8年で合意です。

総額は$144million(1億4,400万ドル)で、年平均で最低でも2,000万ドル(ざっと20数億円)が支払われるかなりの大型契約。

パドレス、思い切りましたね!

ウィル・マイヤーズはOFへ?

これでウィル・マイヤーズ(Wil Myers)とともに左右で打撃の中心を担うことになります!と書きたいところですが、ポジションが1B同士で重なっています。パドレス、どうするのでしょうか?

ホズマーは左投げ、マイヤーズは右投げ。ただ、1Bでのゴールドグラブ賞を4度受賞しているエリック・ホズマーに軍配が上がりそうです。

マイヤーズは一応、プロフィールではRFも出来ることになっているので、すでにスプリング・トレーニングに入っている中、外野へのコンバートを余儀なくされそうです。首脳陣はうまくマイヤーズを説得しなければなりませんね。

ちなみに年齢はホズマーが28才、マイヤーズが27才になったばかりで1つしか違いません。

ホズマーは2017年、162試合に出場

エリック・ホズマーは2017シーズンは162試合すべてに出場。603打数、192安打(キャリアハイ)。打率.318、HR 25、RBI 94を記録。

今回、パドレスが大型契約に踏み切ったのはこの安打数の多さとHR数の際立ったバランスにあります。3割、30本が見えているのですから、やはり価値が高いです。ちなみにホズマーのOBP(2017年)は.385 ! 盗塁は年に一桁。 またこれらの高い数字ゆえ、年俸の高騰を警戒してここまで契約が進まなかったという背景もあります。

同地区にドジャース、ジャイアンツ、Dバックスという強いチームを抱えるパドレスは、とにかく打線は勝負できる形になりました。どこまで食い込めるか、楽しみです。

KCRの戦力低下は?

ちなみに、ホズマーのFA流出で戦力低下が心配されるロイヤルズですが、まだアレックス・ゴードン(LF)、アルシデス・エスコバー(SS)、サルバドール・ペレス(C)がいます。

2Bの控えには元ドジャースで野茂さん時代に活躍したラウル・モンデシー外野手の次男坊、登録名ラウル・モンデシー(ややこしいな!)もおります。

次男の本名はラウル・アダルベルト・モンデシー。長男は現在レイズ傘下のマイナーで、名前はラウル・モンデシー・ジュニア。さらに元カブスで豪快なフォロースルーが魅力のホルヘ・ソレアーなどもおり(2017年は絶不調だったのですが・・・)、野手はかなりのタレントが残っております。

面白くなってきました。

ツインズ-レイズ間でもトレード成立

また、別のディールの話になりますが、レイズとツインズ間でトレードが成立。

ジェイク・オドリッジがツインズへ

2年連続二桁勝利(いずれも10勝)のローテーション右腕、ジェイク・オドリッジJake Odorizzi)がツインズへ移籍。

ツインズからレイズにはマイナーの内野手ジャメイン・パラシオスJermaine Palacios)が動きます。

ツインズ、いい感じでローテーション投手を集めていますね!

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

Amazon タイムセール

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク