スポンサーリンク

【MLB Pre2021】2年連続ERA 1点台のザック・ブリットンがエルボー・イシューでシーズン前半を離脱する可能性あり

セットアップのキーマンが肘痛

 ヤンキースの話題です。

 現地2021年3月9日、ヤンキースのリリーバー左腕のザック・ブリットン(Zack Britton)がエルボー・イシューを発症。手術することが明らかになりました。

 ザック・ブリットンは現地2021年3月7日(日)にブルペンセッションを行った後、肘に痛みを発症。「すわ!」となった現場は、急遽、精密検査の手配に走る事態に。

左肘内視鏡手術へ

 ザック・ブリットンは現地9日(火)にMRIで肘を詳細に検査。その結果、骨の欠片があることが判明。内視鏡手術でそれを取り除くことになりました。

 これによりザック・ブリットンはニューヨークにあるチームのかかりつけの病院で手術するため、10日(水)にフロリダを出発。手術は今週末に行われる予定です。

 なお、現時点では内側尺骨側副靭帯(うちがわしゃっこつそくふくじんたい:UCL)の損傷や断裂とは違うということです。

ブリットンは1月にCOVID 19 に罹患

 ザック・ブリットンは2021年1月にCOVID 19 に罹患。かなりしんどい思いをしたようで、体重も落としたようです。その関係もあり、スプリングトレーニングへの参加にも遅れ、もともとの調整自体が遅れ気味でした。

 それに加えて今回の肘の内視鏡手術。

通常なら1ヶ月

 単にボーン・チップを取り出す手術であれば、通常なら約1ヶ月で復帰が可能。しかし、すでに3月の1/3を経過している現時点では開幕は間に合わせるのはかなり難しい状況に。

 さらに言えば、ブリットンはCOVID 19 罹患のため、調整そのものが遅れていました。よって、肘の手術が終わってから、そのリハビリと同時に本来するべき調整にも時間を使わなくてはなりません。

 よって、下手をすると、前半戦の大半を欠場してしまう可能性もあります。もっとも、これはかなりネガティブに見た場合の想定です。

2016年に47SV

 ザック・ブリットンは1987年12月22日生まれの33才。

 オリオールズ時代の2014年にクローザー・ロールを担って以来、ずっとリリーフを経験。2014年に71試合に登板し、37セーブ。2015年は64試合で36セーブ、2016年には69試合で47セーブを上げ、ALのセーブのタイトルを獲得。

 2018年のトレードデッドラインでヤンキースに移籍。

 ヤンキース移籍後も2019年に66試合に登板しました。

 もう、2014年以来、ずっと投げ続けてきたということが言えると思います。ボーンチップの除去の手術だけでよく済んだというくらいです。

2年連続ERA 1点台

 直近の成績として、ザック・ブリットンは2019シーズンに66試合でERAが1.91、さらに2020年には20試合で1.89をマーク。2年連続で良い数字を残しています。

 変化球もいいザック・ブリットンですが、それを活かしているのはなんと言っても、ファストボールの速さ。2016年にはシンカーのアベレージが96.9mph。

 2020年はさすがにやや落ちていますが、それでもアベレージで94.8mphをマークしています。今回の手術でまた力強く腕が振れるようになれば良いなと思います。

セットアップ・ロールには?

 さて、少なくとも4月中の復帰は厳しいかもしれないザック・ブリットンですが、ヤンキースはセットアップ・ロールにチャド・グリーンを起用しそうです。その他、今オフに獲得したジャスティン・ウィルソン、ダレン・オデイもその候補に入りそうです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
【MLB2022】マーリンズ、「90分ミーティング」後に4連勝!ジャズ・チズム、さらに発奮
【MLB2022】レッドソックス、2カード連続スイープは大谷に阻まれる!LAAは14連敗でストップ
【MLB2022】いつ見ても惚れ惚れするマイケル・コペックの投球!今季はすでに4度の1ヒッター
【MLB2022】ジョシュ・ヘイダーを今季最初に崩したのはフィリーズ!
タイトルとURLをコピーしました