スポンサーリンク

【MLB2023】ゴールド・グラバーのブレンダン・ロジャース、左肩脱臼でシーズンエンディングの危機

スーパーINFが育つコロラド

 コロラド・ロッキーズと言えば、素晴らしい内野手が出ることで有名で、10年連続ゴールド・グラブ賞並びに6年連続プラチナ・グラブ賞受賞のノーラン・アレナドを始め、トロイ・トゥロウィツキー、D.J.ルメイヒュー、トレバー・ストーリーといずれもコロラドから育った選手達であります。

 その伝統を受け継いだのが、現2Bのブレンダン・ロジャースで、2022年にNLのゴールド・グラブ賞を受賞しました。

B・ロジャース、左肩を脱臼

 そのブレンダン・ロジャースですが、現地2023年2月28日のカクタス・リーグでのレンジャーズ戦で左肩を脱臼。

 怪我をしたのは1回裏のレンジャーズの攻撃で、ロッキーズ先発の左腕のオースティン・ゴンバー(Austin Gomber)が立ち上がりから乱調。マーカス・セミエンの先頭打者2塁打、ナサニエル・ロウの犠牲フライなので打者3人で1点を奪われた後、アドリス・ガルシアに四球、ジョナ・ハイムにもRFへのシングルを許し、2アウト1、3塁になったところで降板。右腕のダガン・ダーネル(Dugan Durnell)にスイッチしました。

 その代わりばな、ロビー・グロスマンが放ったCF前に抜けようかという鋭い当たりにブレンダン・ロジャースがダイビングで阻止。通常であればこのまま起き上がり、間に合わないまでもなんとか1塁へのスローを試みるところでしたが、ブレンダン・ロジャースは痛みで悶絶。起き上がることが出来ませんでした。

そんな中でもなんとかボールをSSに転がしてランナーの進塁を食い止めようとした2Bとしての本能も凄まじいものがありましたが、この内野安打でレンジャーズはこのイニング2得点目。

 このプレーでブレンダン・ロジャースは離脱。コール・タッカーが2Bに入りました。

手術ならシーズン・エンディングの可能性

 この時点で左肩を脱臼したのは明白だったのですが、現地2023年3月2日、ロッキーズのバド・ブラック監督が明かしたところによると、複数のMRIで診断した結果、ブレンダン・ロジャースの左肩には想定をはるかに上回るダメージがあり、関節の中にあるカプセルと、肩を無傷で安全に保つためのすべての周辺組織に外傷あるとの診断でした。

 これにより、ドクターの判断は手術。

 しかし、もし手術となればブレンダン・ロジャースはほぼシーズン・エンディングとなることに。

ロッキーズ、セカンド・オピニオンを求める 

 ロッキーズは長期離脱することはわかっていても、それでもより正確な判断を仰ぎたいということで別のドクターからセカンド・オピニオンをもらうことに決定。

 手術かどうかはその診断次第ということになります。

ブレンダン・ロジャースとは

 ブレンダン・ロジャースは、1996年8月9日生まれの26才。ドラフトは2015年のロッキーズの1巡目指名で全体3位です。高校卒の内野手で全体3位ですから、いかに評価の高い選手かがわかります。

 デビューは2019年で22才の時です。25試合に出場し、76打数17安打で打率は.224。

 メジャー2年目の2020シーズンは60試合の短縮シーズンとなったことで、7試合しか出場せず、2安打しか放てず、打率は.095。

  メジャーに上がって初のフルシーズンとなった2021年は102試合に出場。387打数110安打で、打率.284、OBP .328、SLG .470、HR 15、RBI 51をマーク。

 2022年は137試合に出場。シーズン140安打を放ち、打率.266、OBP .325、SLG .408、HR 13、二塁打30、RBI63をマーク。

【YOUTUBE】BRENDAN RODGERS 3 HOME RUN GAME + WALK-OFF HOMER!

 守備の方では2022年のDRSは22、Fld %は.984。2Bとしてのプットアウト(Put Out)はNL1位の218などもあり、2022年NLゴールグラブ・ウィナーです。

 左打者の強い当たりが飛んでくる2Bでアウトを取り続けてきたという数字でもあります。

COLの2Bのバックアップは?

 いずれにせよ、長期離脱が決定的となったブレンダン・ロジャース。その穴を埋めるべく、名前が上がっているのが、26才のアラン・トレホ(Trejo)、29才で今季タイガースから移籍してきたハロルド・カストロそして同じく移籍組でパイレーツから加入したコール・タッカーら。

 また、LFでの出場が見込まれるクリス・ブライアントが本来の3Bに戻り、3Bのライアン・マクマホンが2Bへシフト・チェンジということもあり得ます。

 ロッキーズはホセ・イグレシアスを獲得することはなさそうです。もし、FAを獲得するなら、ジュリクソン・プロファーにオファーする時かもしれませんね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ウィリー・メイズが93才でなくなる。MLB史上、燦然と輝く名選手
【MLB2024】カイル・シュワーバーが2HRを放ち、6月通算60本を達成!その6月のレジェンドぶりのまとめ
【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
タイトルとURLをコピーしました