スポンサーリンク

【MLB Pre2021】ホワイトソックスのOF、イーロイ・ヒメネスが左大胸筋を断裂する大怪我で5−6ヶ月の離脱へ(追記)

イーロイ、要手術で少なくとも9月までに復帰は不可能な状態

 4月1日の開幕まであと1週間を切りましたが、ホワイトソックスにとって、非常に痛すぎるバッドニュースが入ってきました。

 OFのイーロイ・ヒメネス(Eloy Jiménez)が、左大胸筋を断裂する大怪我を負い、復帰まで5−6ヶ月かかる見込みとなりました。

 これには手術が必要で、復帰までのタイムテーブルは5-6ヶ月が見込まれ、少なくともイーロイ・ヒメネスは2021シーズンは9月まではサイドラインに下がる見込みです。

ウォール・キャッチ後の動きでこんな大怪我に

 イーロイ・ヒメネスが大怪我を負ったのは、現地2021年3月24日のカクタス・リーグのアスレチックス戦。

 2回表、先頭の4番キャッチャー、ショーン・マーフィーが放った左中間の大きな当たりにイーロイ・ヒメネスはウォールキャッチを試みますが、失敗。ソロHRとなりました。わずかにグラブが届かずというリーピング・キャッチでした。

 フェンスから大きく伸ばした左腕を支えに、ゆっくりと着地を試みようとしたイーロイ・ヒメネスですが、ここでうまく腕が滑らずに、体だけが着地する形となり、このときに左大胸筋が裂けた模様です。

 着地後、イーロイ・ヒメネスは悶絶。このままサイドラインとなり、精密検査の結果、要手術で5-6ヶ月のサイドラインということになりました。

順調だったスプリングトレーニング

 イーロイ・ヒメネスは、今スプリングトレーニングはかなり順調な仕上がりを誇っていました。16試合に出場し、47-15で打率.319、OBP .360、SLG .568、HR 2、二塁打 2、三塁打1、RBI 11。24日のゲームも5番LFで出場していました。

CWSは8勝11敗

 また現地2021年3月24日のゲームを終えてホワイトソックスは8勝11敗と、今ひとつ波に乗れていない状況。得点91に対して失点が103で得失点差が-12。カクタスリーグの15クラブの中で、得点が二桁なのは、ホワイトソックスだけ。

イーロイ・ヒメネスが引っ張っていた

 そんなホワイトソックスの中で、3割を超えていたのは、イーロイ・ヒメネスだけ。打率ではヨアン・モンカダがそれに続き、.293と奮闘しているものの、リームリーダーのホセ・アブレイユが打率.196と苦しんでいます。またティム・アンダーソンは打率.286。

 なお、HR数はアダム・エンゲルの3本というのが最高です。

 ホセ・アブレイユ、ティム・アンダーソンはシーズンに入れば調子が上がってくるでしょうが、いかんせん、勢いのある成績を残している打者がおらず、その中で打線を引っ張っていたイーロイ・ヒメネスがいなくなるのは痛いところです。

補強は?

 打線を引っ張っていたイーロイ・ヒメネスが抜けたことで、ホワイトソックスのOFは以下の布陣を敷けます。

  • CF:ルイス・ロバート
  • RF:アダム・イートン
  • LF:アダム・エンゲル、レウリー・ガルシア(UTL)

 アダム・エンゲルがいるので、LFのスポットに彼を入れ、アダム・イートンは本来のRFに。場合によっては、アダム・イートンのLFもありそうです。

 一つ言えるのは、ホワイトソックスはアダム・イートンを獲得していてよかったというところでしょうか。

 セスペデス、プイーグ 

 未契約のFAの外野手としてヨエニス・セスペデス、ヤジエル・プイーグがまだ残っていますが、ホワイトソックスは補強するかどうか、様子を見たいと思います。おそらくクラブ内で賄うとは思うのですが。

 ホワイトソックスの現時点での贅沢税上のサラリー計算は、$167.3M。まだ上限の$210Mには余裕がありますが、ここはクラブのファイナンスの問題もありますから、オーナーが財布をどう見るか?というところにかかってきそうです。

 それにしてもイーロイ・ヒメネスの離脱は痛すぎますね。

追記:7月26日に復帰

 イーロイ・ヒメネスは現地2021年7月26日のロイヤルズ戦で復帰!回復が早い!!

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
タイトルとURLをコピーしました