スポンサーリンク

【ALDS2019-Gm3】ヤンキースがスイープでALCSへ!ツインズ、満塁のチャンスを活かせず

ヤンキースが2017年以来のALCSへ

現地2019年10月7日、ヤンキース@ツインズのALDS Game3は舞台をターゲット・フィールドに移して行われました。

寒さが気になるところでしたが、ゲーム開始時の気温は摂氏16.6度。選手たちは時折指を息で温める仕草を見せてはいたものの、10月前半ということでかなりやりやすい環境でのプレーボールとなりました。

スターティング・メンバー

スターティングはご覧の通り。セベリーノとオドリッジといういい投手同士の投げ合いでした。

YankeesTwins
1.ルメイユ-1B
2.ジャッジ-RF
3. ガードナー-CF
4.エンカーナシオン-DH
5.スタントン-LF
6.トーレス-2B
7.サンチェス-C
8. グレゴリアス-SS
9. アーシェラ-3B
P. セベリーノ
1. ケプラー-CF
2. ポランコ-SS
3. クルーズ-DH
4. ロザリオ-RF
5. ガーバー-C
6. アラエス-2B
7. サノ-3B
8.M・ゴンザレス-1B
9. ケイブ
P. オドリッジ

(サマリー)NYY 5, MIN 1

Game Score

セベリーノ、オドリッジともに非常によいピッチングを見せてくれました。

2回表、ヤンキースが先制。グレイバー・トーレスが左中間にHRを放ち、1−0。

2回裏、ツインズは満塁の大チャンスがあったのですが、これを逃してしまいます。ここは後述します。

ピンチの後にはチャンスありで3回表、ヤンキースは先頭のアーシェラが二塁打で出塁。ルメイユのSSゴロの間にアーシェラは3塁へ。2アウトとなりましたが、ブレット・ガードナーが器用なバッティングでLFへシングルヒットを放ち、3塁ランナーのアーシェラを迎え入れ、2点目。

セベリーノは4回でマウンドを降りました。

ツインズは以降も毎回ランナーを出すも後続が続かず、0行進が続きます。

8回裏、先頭のエディー・ロザリオがザック・ブリットンの失投を逃さずCFへソロHRを放つも後続が続かず反撃も1点のみ。

9回表、ヤンキースは途中出場のキャメロン・メイビンにソロHRが飛び出し4-1に。さらにヒットと四球などでチャンスメイクし、ディディ・グレゴリアスがタイムリーを放ち5点目。

9回裏、イニングまたぎのアロルディス・チャップマンが三者凡退に打ち取り、ヤンキースが5−1で勝利。ALDS3勝目とし、ALCSへの切符を手にしました。

サノのポップフライで流れがNYYに

0-1で迎えた2回裏、ツインズはロザリオが二塁打、ガーバーが四球、アラエスがシングルを放ってノーアウト満塁の大チャンスを作りました。

ここで一気に勢いに乗りたいところだったのですが、最も残念なバッティングとなったのが次打者のミゲル・サノ。

フルカウントまで粘り、なおかつファウルでセベリーノの速球にも対応していたのですが、8球目、97.7mphの4シームに押し込まれ、これが1塁ポップフライに。

犠牲フライにもならず、ゴロも転がらず、何も起こらない最悪の結末となってしまいました。

この後の打者にはダブルプレーのプレッシャーがかかりますので、小さなバッティングになってしまい、マーウィン・ゴンザレス、ジェイク・ケイブとも三振に打ち取られ、結果無得点に終わりました。

サノの打席では捕手のゲイリー・サンチェスはスライダーの後は4シームというボールの勢いを活かした裏をかかない配球をしてくれていたのですが、7球のスライダーの後の8球目の4シームに詰まったのは残念でもありました。

もっとも、セベリーノの球威勝ちということも言えます。

ツインズ、打線がつながらず

レギュラーシーズンの数字から考えれば、非常におもしろい対戦になるだろうと思ったものの、実にあっけない幕切れとなりましたね。

  • HR 数(MIN:307-MLB 1位、NYY:306-MLB 2位)
  • AV. (MIN:270-MLB 2位、NYY:.267-MLB 4位)
  • Runs: (NYY:943-MLB 1位、MIN:939-MLB 2位)

ヤンキース、クラブハウスに秘密

Game3の前、ヤンキースのクラブハウスにはラップトップのモニターやタブレットがずらりと並んでそれがイルミネーションのように見えるくらいだったようです。

バッティングプラクティス前に選手が見たものは??

どうやら秘密のようです。アーロン・ブーン監督ははぐらかしました。

なにか視覚に関するものなのか、それとも名場面集のようないいところだけをつなげたVTRだったのかは定かではありません。

おそらく後者のようなものだと思うのですが、ヤンキースナインが3試合とも自信をもって臨んでいたワケはそれかもしれません。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
【MLB2022】マーリンズ、「90分ミーティング」後に4連勝!ジャズ・チズム、さらに発奮
【MLB2022】レッドソックス、2カード連続スイープは大谷に阻まれる!LAAは14連敗でストップ
【MLB2022】いつ見ても惚れ惚れするマイケル・コペックの投球!今季はすでに4度の1ヒッター
【MLB2022】ジョシュ・ヘイダーを今季最初に崩したのはフィリーズ!
【MLB2022】エンゼルス、ジョー・マッドン監督を解雇(追記あり)
【MLB2022】マイケル・ワカが3ヒット・シャットアウト!エンゼルス12連敗へ
【MLB2022】”衝撃の一戦”。フィリーズが大逆転勝利でエンゼルスをスイープ! LAAは11連敗へ
【MLB2022】フィリーズ、監督交代後に連勝!好循環へ!エンゼルスは10連敗で悪循環
タイトルとURLをコピーしました