スポンサーリンク

【MLB 2023 FA】アーロン・ジャッジはヤンキースに決定!9年/360Mドル保証の超大型契約へ

ジャッジは結局、ヤンキースと再契約

 現地2022年12月7日、今オフのFAの野手で再注目となっていたアーロン・ジャッジ( Aaron Judge)はヤンキースと再契約となりました。

 ジャイアンツとの報道もありましたが、決まったのはヤンキースです。

契約内容

 現地2022年12月7日時点では詳細は明らかになっていませんが、判明しているディールはこちらです。

  • 9年/$360M (2023-31)

 まだボーナスなどもあると思われますので、分かり次第記します。

【YOUTUBE】AARON JUDGE BACK TO YANKEES!! Judge reportedly signs 9-year $360 million deal! (Career Highlights)

超大型契約

 過去のメガ・ディールはご覧の通りです。

  • マイク・トラウト(LAA):12年/$426.5M: 2019-30
  • ムーキー・ベッツ(LAD) :12 年/$365M :2021-32
  • アーロン・ジャッジ(NYY): 9年/$360M: 2023-31
  • フランシスコ・リンドーア(NYM): 10年/$341M : 2022-31
  • フェルナンド・タティス・Jr.(SDP) : 14年/$340M: 2021-34
  • ブライス・ハーパー(PHI) :13年/$330M: 2019-31
  • ゲリット・コール(NYY): 9年/ $324M: 2020-28
  • コーリー・シーガー(TEX):10年/$325M
  • マニー・マチャード(SDP):10年/$300M :2022-31
  • トレイ・ターナー(PHI): 11年/$300M : 2022-33
  • ジャンカルロ・スタントン (MIA) : 13年/$325M : 2015-27 

“FA”として過去最大契約の意味

 ジャッジのこの契約は「過去最大」だと言われている理由ですが、これは「フリーエージェントとして」という但し書きがつきます。上述のリストでジャッジの上に書いているトラウト、ムーキーはともに延長契約。リンドーア、タティス・Jr.も延長契約でジャッジ以前のFA最大規模の契約はブライス・ハーパーの契約でした。よって、今回はハーパーを抜いてFAとしては史上最大規模ということに。

  • マイク・トラウト(LAA):12年/$426.5M: 2019-30←契約延長
    こちらのトラウトの契約はFA前から6年$144.5M(2015-20)でサインしていました。その旧契約の最後の2年を上書きするような形で、更新。その2年分の$52M(2019-20)+サイニング・ボーナス$20M+10年/$354.5M(2021-30) で計$426.5M
  • ムーキー・ベッツ(LAD) :12 年/$365M :2021-32←契約延長
    ムーキーの契約も延長契約です。2020シーズンの開幕直前の7/22にサインされたものです。
  • アーロン・ジャッジ(NYY): 9年/$360M: 2023-31 ←FA
  • フランシスコ・リンドーア(NYM): 10年/$341M : 2022-31←契約延長
    リンドーアも延長契約。2021年4月5日にサインしました。
  • フェルナンド・タティス・Jr.(SDP) : 14年/$340M: 2021-34←契約延長
    タティスももちろん延長契約。
  • ブライス・ハーパー(PHI) :13年/$330M: 2019-31←FA
    ハーパーはFAとしてフィリーズとサイン。

AAVは野手NO.1

 そして9年/$360MのAAV(均等割)は$40M。これは野手最高の単年価値ということになります。AAVはマックス・シャーザーとジャスティン・バーランダーがそろって$43.33Mが今のところ単年価値最大ということに。

さすがMVPの契約 

 2022シーズン、ALの主要打撃指標をほとんど制したジャッジ。

項目AL
BA1. ルイス・アラエズ .316
2. アーロン・ジャッジ.311
3. ザンダー・ボガーツ .207
HR1. アーロン・ジャッジ 62
2. マイク・トラウト 40
3. ヨルダン・アルバレス 37
RBI1. アーロン・ジャッジ131
2. ホセ・ラミレス 126
3. カイル・タッカー 107
Run1. アーロン・ジャッジ 133
2. ホセ・アルトゥーベ 103
3. マーカス・セミエン 101
OBP1. アーロン・ジャッジ .425
2. ヨルダン・アルバレス .406
3. ヤンディー・ディアス .401
SLG1. アーロン・ジャッジ.686
2. ヨルダン・アルバレス .613
3. ホセ・アルトゥーベ .533
OPS1. アーロン・ジャッジ1.111
2. ヨルダン・アルバレス 1.019
3. ホセ・アルトゥーベ .920
TB1. アーロン・ジャッジ 391
2.. ホセ・ラミレス 309
3. ボー・ビシェット 306
2022主要打撃指標ランク(AL)

 さすが、MVPの契約ですね。 

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
【MLB2024】ピート・クロウ=アームストロング(カブス/NLROY候補)がメジャー初HRを放つ!
【MLB2024】A’sが投手力でヤンキースをねじ伏せる!JP・シアーズ、メイソン・ミラーがシャットアウト・リレー
タイトルとURLをコピーしました