スポンサーリンク

【MLB移籍2020】巨人からメジャー挑戦の山口俊投手、ブルージェイズと2年6Mドルで合意

MLB移籍/FA情報

ALイーストに新たな日本人プレーヤー

 現地2019年12月17日、読売ジャイアンツからポスティングでメジャー移籍することを表明していた山口俊投手(32才)のメジャー移籍先が決定しました。

 トロント・ブルージェイズと2年で契約合意で、フィジカルチェックの後、正式発表となる予定です。

契約内容 2年$6M

 山口投手の契約は現時点では年間$3M、2年で$6Mのサラリーということだけしか判明しておりません。詳細わかり次第、追記します。

ポスティングでのメジャー挑戦

 NPBキャリア14シーズンの山口投手は2016年途中に国内FA権を取得。シーズン終了後に行使し、読売ジャイアンツへ移籍。その後、巨人軍では2017年から2019年まで3シーズン在籍。

 NPBのフリーエージェントの説明には下記のような記載があります。

一度FAの権利を行使し、その後NPB組織のいずれかの球団と契約した選手は、出場選手登録が4シーズンに達したときに「海外FA」となる資格を取得する。

NPB フリーエージェントについて

 よって今回は巨人軍での在籍の計算が4年を満たしていないので、「海外FA」ではなく、「ポスティング」でのメジャー移籍となったのでした。

リリース・フィーは$1.2M+アルファ

 MLBがNPBの球団に払う金額のことを「リリース・フィー」と呼びますが、山口投手とブルージェイズが2年$6Mで合意したので、下記の規定の1が適用となり、ブルージェイズから巨人軍には20%のポスティング費用が支払われます。

  1. $25M(2,500万ドル)で合意した場合→旧所属先に20%
  2. $50M(5,000万ドル)まで→旧所属先に1 + 次の2,500万ドルの17.5%
  3. $50M(5,000万ドル)超→旧所属先に1+2+その次の2,500万ドルの15%
  4. 契約にSupplemental Fee(余剰の料金)がある場合。サイニング・ボーナス(契約金)あるいは、Vesting Option(〜を達成すれば$〜)があれば、それぞれ15%が旧所属先に。

 4に記載の通り、サイニング・ボーナス(契約金)やパフォーマンス・ボーナス等のインセンティブなどあればさらに追加となりますが、サラリー分だけを考えれば$6Mの20%なので$1.2Mが巨人軍に。日本円でざっと1億3,000万円ほど(@JPY 109.52/USDのレート)になります。

2019年がキャリアハイだった山口投手

 1987年7月11日が誕生日の山口投手は、2020シーズンの誕生日で33才になります。直近の2019年がキャリアハイで26スタート、170 IPで15勝4敗、ERA 2.91、奪三振188と素晴らしいシーズンを過ごしました。

2005年豊作ドラフト

 山口投手は柳ヶ浦高校から2005年のドラフトでプロ入り。このドラフトは個人的にも非常に印象に残っています。高校生が豊作と言われていて、山口投手はじめ、T-岡田などいい素材が指名されました。筆者はこの年の選抜高校野球にたまたま観戦に行き、いいタイミングで育英vs東邦のゲームを見ることができました。この時、育英で投げていたのが阪神が3位指名した若竹竜士投手。

若竹と同期

 若竹のブルペンを見たとき、ひっくり返りそうになりました。キャッチャーミットの音とボールの勢いが違っていたからです。なんだこのすごいやつは!という感動です。実際、マウンドに上がった若竹は初球のファストボールでスタンドをざわつかせました。「え、何今の?」というざわつきです。そして2球目。誰もがそれが剛球であることを確信するボールが放たれました。ボールが糸を引いてキャッチャーミットに轟音を響かせた時、スタンドから「おおー」というどよめきと同時に拍手が起こったほどでした。こんな逸材が見つかるのだがら、高校野球観戦はやめられないと思ったものです(残念ながらYOUTUBEには2005年選抜の若竹の投球動画が見当たりませんでした)。

 かなり話が逸れましたが、山口投手はこの年の出世頭かもしれませんね。若竹投手は2013年にNPBから引退しました。

気になる死球13

 山口投手の2019年のスタッツで気になるのはHBP(与死球)の13個。フォアボールの年間60個はBB9で3.4ほどなのでそうでもないのですが、与死球13はかなり気になります。あのアストロズのサイン盗みを告発し、同時に死球王でもあったマイク・ファイヤーズでさえ13個(2017年)が最高。試合数がMLBより少ない中で彼と同じ数字だったのは気になります。当ててしまうと、腕が緩むのでそこが一番の問題です。

ブルージェイズ投手陣

 山口投手は一応スターターとしてカウントされています。下記メンバーが2020スターターですが、まずはここに入れるかどうかになると思います。TOP2は確定。残りのメンバーも2019シーズンの実績あり。

【スターター】

  1. チェイス・アンダーソン
  2. タナー・ロアーク
  3. マット・シューメーカー
  4. トレント・ソーントン
  5. ライアン・ボルッキ(L)
  6. アンソニー・ケイ(L)
  7. ジェイコブ・ワゲスパック(Jacob Waguespack)
  8. 山口投手

 最初は使う側も見てみたいと思うはずなので、リリーバーからの起用になるかもしれませんね。

【ブルペン】

  • ケン・ジャイルズ(CL)
  • エルビス・ルシアーノ(E. Luciano):19才、100mp右腕
  • サム・ガビグリオ
  • ウィルマー・フォント
  • ジョーダン・ロマーノ
  • トーマス・パノーン(L)
  • アンソニー・バス(元日ハム)
  • A.J.コール

 いずれにせよ、スプリングトレーニングでいい結果を出してもらいたいですね。万全の体調で挑まれることを祈っています。

 2019シーズン、ブルージェイズは67勝95敗でア・リーグ東地区4位。2020年はヴラディーミル・ゲレロ・ジュニア、キャバン・ビジオ、ボー・ビシェットとかつての大スターのジュニア達が躍動しそうな年でもあります。投手陣のキーマンとして彼らが伸び伸びできるような投球内容を見せれば、さらに追い風は吹きそうに思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
【MLB2022FA】ドジャースがクリス・テイラーと4年/60Mドルで再契約したディールについて
【MLBワード】ポストシーズン・シェアとは?
タイトルとURLをコピーしました