スポンサーリンク

インディアンスの別称は”Tribe (トライブ)”

インディアンス

こんにちは(^.^)

2012年5月24日現在、ア・リーグ中地区首位を走るクリーブランド・インディアンス。

インディアンスの記事に”Tribe”?

MLB.comインディアンスの公式サイトを見ていてよく出てくるのが、このTribe(トライブ)という言葉。

例えば、下の公式サイトの画面キャプチャーには(ちょっと字が小さいですが)、2人の選手の写真の下にこのように書かれてあります。

”Way to go, Ohio! Tribe, Reds cap sweeps”

ScreenHunter_01 May. 25 16.29
Tribeという言葉はよく出てくる

これはオハイオ州にある2チームが対戦相手をそれぞれスイープした時の見出しで、2チームの強さを表現するのにこのようなコピーがつけられております。

“cap”は動詞で「最後に締める」という意味で、時に野球用語で「ダメ押しをする」という意味で使われることがありますが、ここでは「締める」の意味の方がニュアンスに合っていると思います。

直訳すれば、「オハイオへの道!2チームがスイープで締める」こんな感じになると思います。

一方はレッズのことを指しているのはダイレクトなイメージでつかめると思うのですが、”Tribe”がいきなり出てくると、ん?となるかもしれません。

実際、僕も初めて見たときはピンときませんでした。しかし、”Tribe”の意味を調べてみると、「ああ、なるほどな、インディアンスのことね」とわかったのでした。

そもそもの”Tribe”の意味

そもそものTribe(トライブ)の英語の意味は「部族」。

実際、今のオハイオ州の線が引かれてある地域は、もともと複数のネイティブ・アメリカンの部族が住んでいた地域でもありました。今、ネイティブ・アメリカンの子孫が大変少ないということは何が起こったかはお察しというところです。ここではその問題は置いておきます。

そういったネイティブ・アメリカンの人や文化に近い地域柄から、インディアンスのことをトライブと呼ぶようになりました。

”C”マークのキャップを使用したワケ

インディアンスと言えば、上の写真にもあるような北米ネイティブの方をデザインしたトレードマークが有名ですよね。

これは、「ワフー酋長」という名前がついています。昔「インディアン」と呼んでいた人たちのことを今では「北米ネイティブ・アメリカン」という呼ぶようになった時代ですから、その見地からすると、「インディアン」というチーム名もトレードマークの「ワフー酋長」もなかなか使用しにくい時代です。

チームは、半世紀以上も各団体から訴えられ続け、マークは常に廃止の危機に晒され続けています。同時にチームはそれらの訴訟には頑なに対抗してきました。

そういった流れの中、チームは数年前からボブ・フェラーがいたころの復刻ユニフォームをオルタネイトとして着用することが多くなりました。

上の写真のCAPとジャージのセットが本来のホーム用である当チームですが、昨シーズンあたりから、明らかに”C”のオルタネイトを着る機会が増えました。

Cマークの使用は、表向きは、流行のスローバックという発想に思えますが、実は、訴訟によるマークの廃止を想定して、徐々にワフー酋長を使用しない方向性で動いているのではないか??そう思えてならないです。(これは私の邪推です。)

万が一、訴訟に負けることがあれば、球団は経営できないくらいの賠償金を払わされるでしょうから、そういったことも”C”を多用する理由では?と考えています。

私は、ボブ・フェラーが好きなので、彼が現役の頃につけていたCマークの方がいいんですけどね(^.^)

クリーブランドの場所

クリーブランドのあるオハイオ州の位置は、北米の中ではこんな位置です。
5大湖の下辺りです。

ScreenHunter_04 May. 25 17.12

ちょっと小さくてわかりにくくて申し訳ないのですが、地図上、A点が オハイオ州シンシナティ、B点がクリーブランド (クリックで拡大)

オハイオ・シリーズ

上の地図にどうしてシンシナティ(A点)をつけたのかというと、シンシナティ・レッズ(ナショナル・リーグ)とのインター・リーグがある時は、同じオハイオ州にあることから、オハイオシリーズと呼ばれることから、参考までにつけてみました。

クリーブランドとシンシナティのオハイオ州での位置関係を
拡大すると、このような位置関係になります。

ScreenHunter_05 May. 25 17.13
▲クリーブランド(B点)とシンシナティ(A点)

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. まとめtyaiました【インディアンスのTribe(トライブ)とは?】

    こんにちは(^.^) 2012年5月24日現在、ア・リーグ中地区首位を走るクリーブランド・インディアンスですが、MLB.comやインディアンスの公式サイトを見ると、よく出てくるの

NEW

【粘着剤ルールへの反応】タイラー・グラスノーとアレックス・コブのコメント
【MLB規制】高粘着異物の具体的な運用が明らかに(追記あり)
【MLBボール】投球時の高粘着の異物による滑り止め規制の開始
トレード注目のマックス・シャーザー、怪我は右の鼠径部で軽症(追記あり)
【MLB2021】大谷選手、自打球直後に二塁打!投げては奪三振8で勝利に貢献
【MLB2021】「好調」ニック・マドリガル(CWS)、右ハムストリングを傷め長期離脱へ
【MLB2021】ルーク・ウィリアムス、メジャー初HRは「サヨナラ」!
【MLB2021】ケブライアン・へイエスとボビー・ウィット・Jr.がベース踏み損ねでHRが無効に
【MLBデビュー】チームUSAでの活躍で昇格したルーク・ウィリアムス、初ヒットはセイフティー!!
【MLB アウトライト】フィリーズがスコット・キンガリーに厳しい決断
【MLB2021】レッドソックス、ライバル対決をスイープ!
【MLB2021】ジェシー・ウィンカーが今季2度めの1試合3HR!レッズはカージナルスをスイープ
”See you in TOKYO” チームUSA、東京五輪出場決定!トッド・フレイジャーが4-4!
【MLB2021】今季初のライバル対決はレッドソックスが勝利!デバースが先制3ランHR!
【MLB2021】ダルビッシュ投手、メッツ戦で投打に活躍し6勝目!
【ROAD to 東京】アメリカ大陸予選、チームUSAがスーパー・ラウンドへ
【MLB 2021】ロイヤルズ、噂のエドワード・オリバレスが昇格後も好調
【MLB2021】101mphが10球!ジェイコブ・デグロムがまた異次元の投球
【東京五輪2021】アメリカ大陸予選!ジャレン・デュラン、トリストン・カサスほかチームUSAのロスターが決定
【MLB2021】ドジャースのコディー・ベリンジャーが復帰!筒香選手はサバイブ
タイトルとURLをコピーしました