スポンサーリンク

【MLB2020FA】ジオ・ゴンザレスがホワイトソックスと1年4.5Mドルで合意!

かつての1巡目指名が3度目のCWS

 現地2019年12月20日、ホワイトソックスが先発ローテーションを獲得しました。ブルワーズからFAとなっていたジオ・ゴンザレスを獲得。1年契約で合意です。

契約内容

 契約内容は、1年$4.5Mに加えて$1Mのインセンティブ。2021年はクラブオプションで$7M、$0.5Mバイアウトが入っており、2020年は実質$5M保証ということになります。

ジオ・ゴンザレスはかつてのCWS1巡目

 ジオ・ゴンザレスはホワイトソックスへのカムバックとなります。2004年アマチュア・ドラフトの1巡目(全体38位)でホワイトソックスから指名され、プロ入り。

ジム・トームとのトレードでフィリーズへ

 しかし、ドラフト翌年の2005年12月にトレードでフィリーズに移籍しました。この時、ホワイトソックスはジオ・ゴンザレスとともにアーロン・ロワンドほか1名をフィリーズにトレード。フィリーズからホワイトソックスにはジム・トーミ(2018野球殿堂入り)が移籍した大きなトレードでした。

再びホワイトソックスへ

 さらに、その翌年の2006年12月、再びホワイトソックスとのトレードが行われ、ジオ・ゴンザレスはまたフィリーズからホワイトソックスへ。この時、ホワイトソックスはフィリーズはホワイトソックスからフレディ・ガルシア(元マリナーズの投手。通算156勝)を獲得。

デビューとなるアスレチックスへ移籍

 まだあります。デビュー前です。2008年1月、ホワイトソックスがニック・スウィッシャーを獲得したトレードで今度はライアン・スウィーニーらとともにアスレチックスに移籍。

 そして2008年にアスレチックスでメジャー・デビュー。2011年で過ごしました。2010年に15勝9敗、2011年に16勝12敗の実績を残しました。

いよいよナショナルズへ

 2011年12月、今度はアスレチックスがA.J.コール、トミー・ミローン、デレク・ノリス、ブラッド・ピーコックを獲得したトレードで、他1名の選手とともにナショナルズへトレード。

 その翌年の2012年のシーズンには21勝8敗、ERA 2.89を上げ、サイヤング賞投票で3位に入る活躍を見せました。

ブルワーズ→ヤンキース→ブルワーズ

 ナショナルズには2018年8月30日まで所属。31日にトレードでブルワーズに移籍。ポストシーズン要員としてのトレードでした。

 2018年オフにFA。2019年3月にヤンキースと契約。ヤンキースとは契約の関係で4月22日にリリース。その後、ブルワーズと再契約。そして今オフに、ホワイトソックスへ三度戻ってきたという流れです。

 スタッツとアウォードは上記リンクにも記載しています。

2019年のジオ・ゴンザレス

 ジオ・ゴンザレスの2019シーズンは、ブルワーズに移ってからスタートしました。19試合で17スタート、3勝2敗、ERA3.50。イニング数は87.1。6月頭から7月下旬まで左腕の痛みでIL入りとなった期間がありました。左腕がヘルシーならホワイトソックスにとってローテーションの一角として機能しそうです。

ホワイトソックスの投手陣

 現地2019年12月20日時点のホワイトソックスのローテーションは下記のような布陣です。

  1. ルーカス・ジオリト(14-9/ERA 3.41)
  2. レイナルド・ロペス(10-15/ERA 5.38)
  3. ジオ・ゴンザレス (L)
  4. ディラン・シーズ(4-7/ERA 5.79)
  5. マイケル・コペック
  6. ディラン・コービー(1-8/ERA 7.98)

 ジオ・ゴンザレスが入るまでは左腕がおらず、右腕オンリー。ディラン・コービーはブルペンに回ってくると思います。

マイケル・コペックの復帰

 というのも、2018年9月7日にUCL断裂が確認され、9月19日にトミー・ジョン手術を行ったマイケル・コペックが2020シーズンに復帰するからです。すでに1年が経過し、2020年のスプリングトレーニングの開始時期の2月半ばで術後1年と5ヶ月になります。3月と4月は多少様子を見るとして、早ければ開幕から、じっくり経過を見るなら5月頃には復帰となりそうです。

 コペックが戻ってくるのは楽しみでしかありませんね。あせらず戻ってきて欲しいと思います。そのためのジオ・ゴンザレスの補強でもあると思います。

ブルペン

 現地2019年12月20日時点でのホワイトソックスのブルペンはご覧のメンバーです。もし今後、補強するならブルペンになってきそうです。

  • アレックス・コロメ(CL)
  • ケルビン・ヘレイラ
  • ジェイス・フライ(L)
  • アーロン・バマー(L)
  • エバン・マーシャル
  • ジミー・コルデロ
  • カーソン・ファルマー
  • ホセ・ルイーズ

 野手陣はとても良いですからね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】レンジャーズ、ジャック・ライターがついにメジャー・デビュー!しかし、翌日にAAAへ
【MLB2024】タナー・ハウクがシャットアウト勝利!試合時間はたったの1時間49 分!
【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!
【MLB2024】マイケル・ローレンツェンのレンジャーズ・デビューはスコアレス投球!
【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
タイトルとURLをコピーしました