【MLB2020FA】ジオ・ゴンザレスがホワイトソックスと1年4.5Mドルで合意!

良いなと思ったらシェアお願いします

かつての1巡目指名が3度目のCWS

 現地2019年12月20日、ホワイトソックスが先発ローテーションを獲得しました。ブルワーズからFAとなっていたジオ・ゴンザレスを獲得。1年契約で合意です。

契約内容

 契約内容は、1年$4.5Mに加えて$1Mのインセンティブ。2021年はクラブオプションで$7M、$0.5Mバイアウトが入っており、2020年は実質$5M保証ということになります。

ジオ・ゴンザレスはかつてのCWS1巡目

 ジオ・ゴンザレスはホワイトソックスへのカムバックとなります。2004年アマチュア・ドラフトの1巡目(全体38位)でホワイトソックスから指名され、プロ入り。

ジム・トームとのトレードでフィリーズへ

 しかし、ドラフト翌年の2005年12月にトレードでフィリーズに移籍しました。この時、ホワイトソックスはジオ・ゴンザレスとともにアーロン・ロワンドほか1名をフィリーズにトレード。フィリーズからホワイトソックスにはジム・トーミ(2018野球殿堂入り)が移籍した大きなトレードでした。

再びホワイトソックスへ

 さらに、その翌年の2006年12月、再びホワイトソックスとのトレードが行われ、ジオ・ゴンザレスはまたフィリーズからホワイトソックスへ。この時、ホワイトソックスはフィリーズはホワイトソックスからフレディ・ガルシア(元マリナーズの投手。通算156勝)を獲得。

デビューとなるアスレチックスへ移籍

 まだあります。デビュー前です。2008年1月、ホワイトソックスがニック・スウィッシャーを獲得したトレードで今度はライアン・スウィーニーらとともにアスレチックスに移籍。

 そして2008年にアスレチックスでメジャー・デビュー。2011年で過ごしました。2010年に15勝9敗、2011年に16勝12敗の実績を残しました。

いよいよナショナルズへ

 2011年12月、今度はアスレチックスがA.J.コール、トミー・ミローン、デレク・ノリス、ブラッド・ピーコックを獲得したトレードで、他1名の選手とともにナショナルズへトレード。

 その翌年の2012年のシーズンには21勝8敗、ERA 2.89を上げ、サイヤング賞投票で3位に入る活躍を見せました。

ブルワーズ→ヤンキース→ブルワーズ

 ナショナルズには2018年8月30日まで所属。31日にトレードでブルワーズに移籍。ポストシーズン要員としてのトレードでした。

 2018年オフにFA。2019年3月にヤンキースと契約。ヤンキースとは契約の関係で4月22日にリリース。その後、ブルワーズと再契約。そして今オフに、ホワイトソックスへ三度戻ってきたという流れです。

現地2019年3月18日、ヤンキースがジオ・ゴンザレスとマイナー契約を結びました。その契約内容の詳細とジオ・ゴンザレスのキャリアについてわかりやすく書いております。

 スタッツとアウォードは上記リンクにも記載しています。

2019年のジオ・ゴンザレス

 ジオ・ゴンザレスの2019シーズンは、ブルワーズに移ってからスタートしました。19試合で17スタート、3勝2敗、ERA3.50。イニング数は87.1。6月頭から7月下旬まで左腕の痛みでIL入りとなった期間がありました。左腕がヘルシーならホワイトソックスにとってローテーションの一角として機能しそうです。

ホワイトソックスの投手陣

 現地2019年12月20日時点のホワイトソックスのローテーションは下記のような布陣です。

  1. ルーカス・ジオリト(14-9/ERA 3.41)
  2. レイナルド・ロペス(10-15/ERA 5.38)
  3. ジオ・ゴンザレス (L)
  4. ディラン・シーズ(4-7/ERA 5.79)
  5. マイケル・コペック
  6. ディラン・コービー(1-8/ERA 7.98)

 ジオ・ゴンザレスが入るまでは左腕がおらず、右腕オンリー。ディラン・コービーはブルペンに回ってくると思います。

マイケル・コペックの復帰

君もか!コペックがトミージョン手術へ またしても!というニュースです。 現地2018年9月7日、ホワイトソックスのルーキーでマ...

 というのも、2018年9月7日にUCL断裂が確認され、9月19日にトミー・ジョン手術を行ったマイケル・コペックが2020シーズンに復帰するからです。すでに1年が経過し、2020年のスプリングトレーニングの開始時期の2月半ばで術後1年と5ヶ月になります。3月と4月は多少様子を見るとして、早ければ開幕から、じっくり経過を見るなら5月頃には復帰となりそうです。

 コペックが戻ってくるのは楽しみでしかありませんね。あせらず戻ってきて欲しいと思います。そのためのジオ・ゴンザレスの補強でもあると思います。

ブルペン

 現地2019年12月20日時点でのホワイトソックスのブルペンはご覧のメンバーです。もし今後、補強するならブルペンになってきそうです。

  • アレックス・コロメ(CL)
  • ケルビン・ヘレイラ
  • ジェイス・フライ(L)
  • アーロン・バマー(L)
  • エバン・マーシャル
  • ジミー・コルデロ
  • カーソン・ファルマー
  • ホセ・ルイーズ

 野手陣はとても良いですからね。

現地2019年11月22日、ホワイトソックスとホセ・アブレイユが契約延長に合意。現時点でのCWSのCBT税の見積もりも。

 お読みいただき、ありがとうございました。

1989上映から31年を経てついに 現地2019年8月7日、とても素敵なニュースが入ってきましたね。 2020年8月1...

 

スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!