スポンサーリンク

【MLB移籍2020】動く捕手市場!スティーブン・ボートはDバックス、ダスティン・ガーノーはアストロズへ

捕手市場はハイペース

 2019年オフはFAの捕手のディールがいいペースで決まっていますね。ヤズマニ・グランダールのホワイトソックス入り、トラビス・ダーノーのブレーブス入りに続き、現地2019年11月26日には二人のFA捕手のディールが決まりました。

SFGのスティーブン・ボートはDバックスへ

 まずはジャイアンツからFAとなっていた35才のベテラン・キャッチャー、スティーブン・ボート(Stephen Vogt: 左打ち)ですが、Dバックスと1年/$3M(2020)のディールが決まりました。

 スティーブン・ボートは2019シーズンはジャイアンツとマイナーディールからのスタートでしたから、良い契約となって何よりです。

契約内容

 契約は1年/$3M(2020)に加えて2021年はべスティング・オプションが設定されており、達成する成績の詳細は明らかになっていませんが、最大で$7Mという良い条件となっています。

Dバックス、大盤振る舞い

 Dバックスには正捕手がおります。24才のカーソン・ケリー(Carson Kelly:右打ち)で、2019年は111試合に出場。打率.245、OBP .348、SLG .478、HR 18、RBI 47、BB 48、OPS + 112という成績を上げました。

 スティーブン・ボートはあくまでバックアップ起用ということになるのですが、バックアップの捕手に3MとはDバックスにしてはかなり大盤振る舞いに思いました。

アレックス・アビーラの移籍は決定的 

 その理由は経験十分のアレックス・アビーラ(Alex Avila: 左打ち)が今オフFAとなっているのですが、彼の離脱はもう決定的ということになったと考えていいと思います。

2019年のボート 

  マイナー契約からのスタートとなった2019年のスティーブン・ボートですが、5月1日にはメージャーへ昇格。99試合に出場し、打率.263、OBP.314、SLG .490、HR 10、RBI 40、BB 20、SO 66、盗塁3、OPS+ 111、WAR 1.2という好成績となりました。

ポージーと仕事をシェア

 守備でも活躍しており、99試合出場のうち先発マスクでフル出場が48試合。途中で交代するも6イニング以上守った試合が8試合。ゲーム途中からのフィニッシュまでの出場が43試合を数えます。

 では正捕手のバスター・ポージーがどれくらいマスクをかぶっていたかといいますと、114試合に出場したうち、フル出場が87試合。ゲームスタートから5イニング以上守ったゲームが14試合。途中出場が13試合。この途中出場には代打のみの出場も含まれています。

 ちなみにポージーの87試合のフル出場の中には延長ゲームのフル出場が8試合も含まれており、最長は7月18日のメッツ戦で16回のマラソンゲームでフルにマスクをかぶっていたのでした。

 スティーブン・ボートはもうポージーと仕事を十二分にシェアしていたという状態でした。

 2019シーズンのCS%(捕殺率)は17%。リーグ平均が26%でしたからちょっと低かったですね。

 捕手なので数字はパッとしませんが、彼の左打席はかなり定評があります。完全にプルヒッターです。

 もう一人、ディールが決まっています。こちらもバックアップでの起用が見込まれる捕手です。

ダスティン・ガーノーがアストロズへ

 アストロズがダスティン・ガーノー(Dustin Garneau)と1年 0.65Mプラスボーナス 0.75Mでサインしています。

ルクロイの脳震とう後にホームを守る 

 ダスティン・ガーノーは2019シーズン、バックアップ捕手として主にエンゼルスでプレー。特にジョナサン・ルクロイが現地2019年7月8日のアストロズ戦でジェイク・マリスニックからホームコリジョンのタックルを受けて脳震とうで戦列を離れた後、ホームを守りました。

 しかし、エンゼルスはトレードデッドラインでアストロズからマックス・スタッシを獲得。ジョナサン・ルクロイとダスティン・ガーノーをDFAとしたのでした。

 その後、ルクロイはカブスへ、ガーノーはアスレチックスへ移籍。ガーノーは8月半ばにアスレチックスからもDFAとなっていて、その後はアスレチックスのマイナーでシーズン終了まで過ごし、10月にFAとなっていたのでした。

 マックス・スタッシはエンゼルス移籍後、打率 .071、OBP .163、SLG .071という壊滅的な数字でしたので、ガーノーをDFAにしたことは早計だったと思います。

2019年のガーノー 

 2019年のガーノーの成績はエンゼルスとアスレチックスを合わせて35試合、打率.244、OBP .350、SLG .407、HR 3、RBI 14、WAR 0.9という成績でした。

アストロズでもバックアップ・ロール

 アストロズはロビンソン・チリノス、マーティン・マルドナードの二人の一線級の捕手がともにFA。ガーノーはアストロズでもバックアップ・ロールでの起用が見込まれます。どちらの捕手が残るかは注目しています。とくに今アストロズはサイン・スティーリングの問題で大変なことになっていますので、ひょっとしたら、チリノスはFAで売れないかもわかりません。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!(追記あり)
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
タイトルとURLをコピーしました