【MLB移籍2020】動く捕手市場!スティーブン・ボートはDバックス、ダスティン・ガーノーはアストロズへ

捕手市場はハイペース

 2019年オフはFAの捕手のディールがいいペースで決まっていますね。ヤズマニ・グランダールのホワイトソックス入り、トラビス・ダーノーのブレーブス入りに続き、現地2019年11月26日には二人のFA捕手のディールが決まりました。

SFGのスティーブン・ボートはDバックスへ

 まずはジャイアンツからFAとなっていた35才のベテラン・キャッチャー、スティーブン・ボート(Stephen Vogt: 左打ち)ですが、Dバックスと1年/$3M(2020)のディールが決まりました。

 スティーブン・ボートは2019シーズンはジャイアンツとマイナーディールからのスタートでしたから、良い契約となって何よりです。

契約内容

 契約は1年/$3M(2020)に加えて2021年はべスティング・オプションが設定されており、達成する成績の詳細は明らかになっていませんが、最大で$7Mという良い条件となっています。

Dバックス、大盤振る舞い

 Dバックスには正捕手がおります。24才のカーソン・ケリー(Carson Kelly:右打ち)で、2019年は111試合に出場。打率.245、OBP .348、SLG .478、HR 18、RBI 47、BB 48、OPS + 112という成績を上げました。

 スティーブン・ボートはあくまでバックアップ起用ということになるのですが、バックアップの捕手に3MとはDバックスにしてはかなり大盤振る舞いに思いました。

アレックス・アビーラの移籍は決定的 

 その理由は経験十分のアレックス・アビーラ(Alex Avila: 左打ち)が今オフFAとなっているのですが、彼の離脱はもう決定的ということになったと考えていいと思います。

2019年のボート 

  マイナー契約からのスタートとなった2019年のスティーブン・ボートですが、5月1日にはメージャーへ昇格。99試合に出場し、打率.263、OBP.314、SLG .490、HR 10、RBI 40、BB 20、SO 66、盗塁3、OPS+ 111、WAR 1.2という好成績となりました。

ポージーと仕事をシェア

 守備でも活躍しており、99試合出場のうち先発マスクでフル出場が48試合。途中で交代するも6イニング以上守った試合が8試合。ゲーム途中からのフィニッシュまでの出場が43試合を数えます。

 では正捕手のバスター・ポージーがどれくらいマスクをかぶっていたかといいますと、114試合に出場したうち、フル出場が87試合。ゲームスタートから5イニング以上守ったゲームが14試合。途中出場が13試合。この途中出場には代打のみの出場も含まれています。

 ちなみにポージーの87試合のフル出場の中には延長ゲームのフル出場が8試合も含まれており、最長は7月18日のメッツ戦で16回のマラソンゲームでフルにマスクをかぶっていたのでした。

 スティーブン・ボートはもうポージーと仕事を十二分にシェアしていたという状態でした。

 2019シーズンのCS%(捕殺率)は17%。リーグ平均が26%でしたからちょっと低かったですね。

レフティーと捕手のディールが決定 現地2019年2月11日、久々にメジャー・ディールが成立しております。 まずはアスレチックス...

 捕手なので数字はパッとしませんが、彼の左打席はかなり定評があります。完全にプルヒッターです。

 もう一人、ディールが決まっています。こちらもバックアップでの起用が見込まれる捕手です。

ダスティン・ガーノーがアストロズへ

 アストロズがダスティン・ガーノー(Dustin Garneau)と1年 0.65Mプラスボーナス 0.75Mでサインしています。

ルクロイの脳震とう後にホームを守る 

 ダスティン・ガーノーは2019シーズン、バックアップ捕手として主にエンゼルスでプレー。特にジョナサン・ルクロイが現地2019年7月8日のアストロズ戦でジェイク・マリスニックからホームコリジョンのタックルを受けて脳震とうで戦列を離れた後、ホームを守りました。

現地2019年7月8日、パイレーツの捕手フランシスコ・セルベリが脳震とうで捕手を断念することに。同じ日、ホームプレートコリジョンが発生しました。

 しかし、エンゼルスはトレードデッドラインでアストロズからマックス・スタッシを獲得。ジョナサン・ルクロイとダスティン・ガーノーをDFAとしたのでした。

 その後、ルクロイはカブスへ、ガーノーはアスレチックスへ移籍。ガーノーは8月半ばにアスレチックスからもDFAとなっていて、その後はアスレチックスのマイナーでシーズン終了まで過ごし、10月にFAとなっていたのでした。

 マックス・スタッシはエンゼルス移籍後、打率 .071、OBP .163、SLG .071という壊滅的な数字でしたので、ガーノーをDFAにしたことは早計だったと思います。

2019トレードデッドライン後の各クラブのロスターの動きです。有名選手の動きをフォローしています。

2019年のガーノー 

 2019年のガーノーの成績はエンゼルスとアスレチックスを合わせて35試合、打率.244、OBP .350、SLG .407、HR 3、RBI 14、WAR 0.9という成績でした。

アストロズでもバックアップ・ロール

 アストロズはロビンソン・チリノス、マーティン・マルドナードの二人の一線級の捕手がともにFA。ガーノーはアストロズでもバックアップ・ロールでの起用が見込まれます。どちらの捕手が残るかは注目しています。とくに今アストロズはサイン・スティーリングの問題で大変なことになっていますので、ひょっとしたら、チリノスはFAで売れないかもわかりません。

 お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク