スポンサーリンク

【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利

ヤンキースのホームでの連勝は13でストップ

 現地2022年6月24日、アストロズ@ヤンキースのGame2は、アストロズがジャスティン・バーランダー、ヤンキースがルイス・セベリーノが登板。魅力ある投手同士の投げ合いは非常に締まった好ゲームとなりましたが、アストロズが中盤のわずかなスキを突き、3点をゲット。これをブルペンが守りきり、3-1のスコアで勝利しました。

 アストロズはこの勝利により、2022年5月31日のエンゼルスとの初戦から始まっていたヤンキースのホームでの連勝を13でストップさせました。

 アストロズ、強いです!

バーランダーが7イニングを1失点

 この勝利の立役者はやはりジャスティン・バーランダーでしょう。トミー・ジョン手術後の初のフルシーズンの今季、非常に調子が良いです。

 この日のバーランダーは非常に味のある投球を見せました。タイガース時代には100mph以上を軽く超えていた4シームは要所だけに抑え、ファストボールのほとんどはMid-90mph。もともと持っているエンジンが違うので、ベースとなるベロシティーがmid-90mphというのがそもそもすごいのですが、この日はギア上げた時は97mph以上をヒット。

 手術前の2019年に34スタートで、223イニングを投げ、21勝6敗をマーク。奪三振は300という36才とは思えない数字を叩き出していて、その時のスタイルとほぼ変わりません。ただ、手術明けで可能な限り球数を抑えるように工夫しており、もともと素晴らしかったスライダーに加え、遅いカーブも有効。ますます味のあるスタイルとなっています。

 アストロズは前日の悪夢もあり、バーランダーを可能な限り引っ張りました。バーランダーは7イニングで102球を投げ、被安打4、失点1、BB1、奪三振3。奪われた1点はジャンカルロ・スタントンの事故のようなHRのみでした。

バーランダー、投球制限などない模様

 バーランダーはこの日、9勝目をマークしました。ここまで14試合に先発し、4月こそMaxの投球数は91でしたが、5月以降は100球超えがこの日も含めて4度。最多は6月7日のマリナーズ戦で108球。

 登板感覚は中5日がほとんどですが、中4日がすでに3度もあります。

 トミー・ジョン手術明けのシーズンは球数制限などが課されますが、どうやら割り切っている模様で、ほぼ投球制限などはないようですね。恐ろしい豪腕です(笑)。ちなみにバーランダーのトミー・ジョン手術は2020年9月30日に行われました。今季の開幕でちょうど1年半空いたことになりますね。

カイル・タッカーが殊勲の3ランHR

 アストロズが奪った3点は6回表にカイル・タッカーが打った3ランHRによる得点。

 ルイス・セベリーノも立ち上がりは非常によかったです。打者1巡まではパーフェクト投球。2巡目に入った4回裏は、四球とシングルを許しましたが、得点を許さず。

 圧巻は5回表。先頭のユリ・グリエルにダブルを、つづくアレドミス・ディアスにはシングルを許して、ノーアウト、ランナー1、3塁のピンチを迎えましたが、ジェイソン・カストロ、ジェイク・メイヤーズ、ホセ・アルトゥーベを3者連続三振に。落ちそうになったところをパワーでねじ伏せました。下位打線から2アウトを奪ったのも大きかったですね。

 しかし、6回表に疲れが出たのか、一瞬のスキがありました。中軸を迎え、1アウトからブレグマンにダブル、つづく当たっているヨルダン・アルバレスには四球を与え、ピンチを拡大。ここで迎えるのは前夜好守備でピンチを救ったカイル・タッカー。OFとしての評価もうなぎのぼりです。その初球、95.3mphのインコースの厳しいコースのファストボールをしっかりと捉え、右中間スタンドへ3ランHR。アストロズが3点を先制。

 アストロズは8回表、ロン・マリナッチオのコントロールの乱れでチャンスを作るも、活かせず。終わってみれば、タッカーの3ランでゲームを決めました。

 なお、ルイス・セベリーノは6回を投げ、被安打3、失点3、BB2、SO7でした。

 これでこのシリーズは1勝1敗に。Game3はクリスチャン・ハビエルとゲリット・コールの先発です。これも楽しみです。

 この敗戦においてもヤンキースの負け数はまだ19(52-19)。まだ20敗を喫していないんですね。

 ジャッジ、スタントンの強烈な長距離砲の圧をクリスチャン・ハビエルがどう乗り越えるのか、注目です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!(追記あり)
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました