スポンサーリンク

【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利

ヤンキースのホームでの連勝は13でストップ

 現地2022年6月24日、アストロズ@ヤンキースのGame2は、アストロズがジャスティン・バーランダー、ヤンキースがルイス・セベリーノが登板。魅力ある投手同士の投げ合いは非常に締まった好ゲームとなりましたが、アストロズが中盤のわずかなスキを突き、3点をゲット。これをブルペンが守りきり、3-1のスコアで勝利しました。

 アストロズはこの勝利により、2022年5月31日のエンゼルスとの初戦から始まっていたヤンキースのホームでの連勝を13でストップさせました。

 アストロズ、強いです!

バーランダーが7イニングを1失点

 この勝利の立役者はやはりジャスティン・バーランダーでしょう。トミー・ジョン手術後の初のフルシーズンの今季、非常に調子が良いです。

 この日のバーランダーは非常に味のある投球を見せました。タイガース時代には100mph以上を軽く超えていた4シームは要所だけに抑え、ファストボールのほとんどはMid-90mph。もともと持っているエンジンが違うので、ベースとなるベロシティーがmid-90mphというのがそもそもすごいのですが、この日はギア上げた時は97mph以上をヒット。

 手術前の2019年に34スタートで、223イニングを投げ、21勝6敗をマーク。奪三振は300という36才とは思えない数字を叩き出していて、その時のスタイルとほぼ変わりません。ただ、手術明けで可能な限り球数を抑えるように工夫しており、もともと素晴らしかったスライダーに加え、遅いカーブも有効。ますます味のあるスタイルとなっています。

 アストロズは前日の悪夢もあり、バーランダーを可能な限り引っ張りました。バーランダーは7イニングで102球を投げ、被安打4、失点1、BB1、奪三振3。奪われた1点はジャンカルロ・スタントンの事故のようなHRのみでした。

バーランダー、投球制限などない模様

 バーランダーはこの日、9勝目をマークしました。ここまで14試合に先発し、4月こそMaxの投球数は91でしたが、5月以降は100球超えがこの日も含めて4度。最多は6月7日のマリナーズ戦で108球。

 登板感覚は中5日がほとんどですが、中4日がすでに3度もあります。

 トミー・ジョン手術明けのシーズンは球数制限などが課されますが、どうやら割り切っている模様で、ほぼ投球制限などはないようですね。恐ろしい豪腕です(笑)。ちなみにバーランダーのトミー・ジョン手術は2020年9月30日に行われました。今季の開幕でちょうど1年半空いたことになりますね。

カイル・タッカーが殊勲の3ランHR

 アストロズが奪った3点は6回表にカイル・タッカーが打った3ランHRによる得点。

 ルイス・セベリーノも立ち上がりは非常によかったです。打者1巡まではパーフェクト投球。2巡目に入った4回裏は、四球とシングルを許しましたが、得点を許さず。

 圧巻は5回表。先頭のユリ・グリエルにダブルを、つづくアレドミス・ディアスにはシングルを許して、ノーアウト、ランナー1、3塁のピンチを迎えましたが、ジェイソン・カストロ、ジェイク・メイヤーズ、ホセ・アルトゥーベを3者連続三振に。落ちそうになったところをパワーでねじ伏せました。下位打線から2アウトを奪ったのも大きかったですね。

 しかし、6回表に疲れが出たのか、一瞬のスキがありました。中軸を迎え、1アウトからブレグマンにダブル、つづく当たっているヨルダン・アルバレスには四球を与え、ピンチを拡大。ここで迎えるのは前夜好守備でピンチを救ったカイル・タッカー。OFとしての評価もうなぎのぼりです。その初球、95.3mphのインコースの厳しいコースのファストボールをしっかりと捉え、右中間スタンドへ3ランHR。アストロズが3点を先制。

 アストロズは8回表、ロン・マリナッチオのコントロールの乱れでチャンスを作るも、活かせず。終わってみれば、タッカーの3ランでゲームを決めました。

 なお、ルイス・セベリーノは6回を投げ、被安打3、失点3、BB2、SO7でした。

 これでこのシリーズは1勝1敗に。Game3はクリスチャン・ハビエルとゲリット・コールの先発です。これも楽しみです。

 この敗戦においてもヤンキースの負け数はまだ19(52-19)。まだ20敗を喫していないんですね。

 ジャッジ、スタントンの強烈な長距離砲の圧をクリスチャン・ハビエルがどう乗り越えるのか、注目です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
タイトルとURLをコピーしました