スポンサーリンク

【MLB2019】アストロズのゲリット・コール、MLB唯一のシーズン300奪三振を達成

スポンサーリンク

初のサイヤング賞へ18勝目

現地2019年9月18日、ミニッツメイドパークで行われたレンジャーズ@アストロズ戦でゲリット・コール(Gerrit Cole)が先発。

シーズン292個の奪三振で迎えたこのゲームで、序盤からうまいピッチングで凡打の山を築き、迎えた6回表、この日8個の三振を奪いシーズン奪三振を300としました。

ゲリット・コール18勝目

この日はレンジャーズ先発のルーキー左腕のコルビー・アラード(Kolby Allard )も好投。4回まで両チーム無得点の投手戦となりました。

アストロズは5回裏にユリ・グリエルの2ランHRで先制。ゲリット・コールを援護します。

7回表、ゲリット・コールは1アウトから連打を許し、盗塁により捕手のスローイングエラーで1点を献上。

しかし、直後の7回裏、ホセ・アルトゥーベに今季29号のソロHRが飛び出し、再びリードを2点差に(3-1)。

8回表、先頭のロナルド・グズマンにソロHRを浴び、3−2と1点差まで追い上げられますが、8回を投げきり降板。

9回表はロベルト・オスーナがランナーを出しながらも1点差を守りきり、アストロズが3−2でレンジャーズに勝利しました。

ゲリット・コールは8回101球を投げ、被安打6、失点2、奪三振10、与四球1、被本塁打1で18勝目を上げました。18勝は2年連続ですね。

シーズン奪三振は302とMLB唯一の300奪三振となっています。

BOX SCORE

アストロズ、100勝目!プレーオフ決定

この勝利でアストロズは今季100勝目となり、プレーオフ進出が決定しました。

現地2019年9月18日時点ではヤンキースが99勝ですので、アストロズがこの時点ではア・リーグ勝率1位。このまま行けばアストロズは3年連続でペナントということになりそうです。

アストロズのすごいローテーション

今さらの感もありますが、アストロズのローテーションの凄さを記載しておきたいと思います。

  • ジャスティン・バーランダー:19-6/ ERA 2.50/ 283 SO 勝利数/WHIP 1位、ERA 1位(AL 1位、MLB 2位)、IP1位(212.0)
  • ゲリット・コール:18-6 / ERA 2.61/ 302 SO 奪三振1位
  • ザック・グレインキ:16−5/ ERA 2.95/ 174 SO 
  • ウェイド・マイリー:14-5/ ERA 3.71/ 138 SO

ザック・グレインキは今季Dバックスで10勝4敗、アストロズで6勝1敗です。

豪華過ぎるローテーションですね。

ア・リーグのサイヤング賞はバーランダーかゲリット・コールという様相です。

ゲリット・コール、グラブ側の腕の使い方が変化

前年もよかったゲリット・コールですが、今季はグラブ側の左腕の使い方に変化があります。

今季はわりと長い時間腕を伸ばしています。壁を意識しているのでしょうか。

一方、下記は2018年6月のVTRですが、グラブの抱え込みが早いです。

とにかく全体として体の上下動も少ないですし、静かできれいな投げ方なのでコントロールが良いのはもうこのフォームで一目瞭然ですね。

ゲリット・コール、サイヤング賞を獲れるでしょうか?

今季あと1度スタートがあると思います。32試合目の先発です。

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク