スポンサーリンク

【MLB2019】アストロズ、フランチャイズ史上初のヤンキース・スイープ!アルトゥーベが101、102号

【祝】アルトゥーベ、100号HR

今季初のアストロズの話題です。

まずは1日遅れですが、ホセ・アルトゥーベがキャリア通算100HRを達成しております!おめでとうございます!!

記念すべき100HRは前日の現地2019年4月9日のゲーム。

アルトゥーベ、101号、102号

そして現地2019年4月10日のゲームではヤンキース先発のジェームス・パクストンから101号、102号を放っております!

ここ3ゲームで4HRのアルトゥーベ。彼が打つとやはりアストロズは強いですね。

アストロズ、ヤンキースを初スイープ

そして現地2019年4月8日から始まったヤンキースとの3連戦で、アストロズは4-3 、6−3、8-6のスコアで3連勝を飾っており、なんとこれはフランチャイズ史上初のヤンキース・スイープらしいです!

1962 コルト45s

1962年、HOUSTON COLT. 45’sから始まったアストロズの歴史。筆者などは無精をして、ヒューストン・コルツなどと呼んでおりますが、ヒューストン・コルト・フォーティーファイブスが正式な呼び方。

1965年から現在のヒューストン・アストロズに名称変更しましたが、その長い歴史の中でヤンキース・スイープが今回が初めてということでした。

もともとはナ・リーグ

それだけスイープがなかったのは一つはアストロズがかつてナ・リーグのチームだったということが上げられます。

1969年から1993年までナ・リーグ西地区。

1994年から2012年まではナ・リーグ中地区で、現在のア・リーグ西地区に移ったのは2013年とつい最近のことです。

インターリーグが始まったのは1994年から1995年のストライキが明けてからの1997年から。

ながらく、対戦そのものが少なかったというのが大きいと思います。

アストロズ、マリナーズを追い上げへ

アストロズ、エンジンがかかってきましたね。現地2019年4月10日を終えて8勝5敗。首位マリナーズは現地2019年4月10日のゲームにも勝利し、12勝2敗と強すぎますが、アストロズはひたひたと後ろから追い上げてきております。

エンゼルスも調子がいいですし、ア・リーグ西地区はいずれも勝率5割をキープ。非常にレベルが高く、面白いです。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】ナ・リーグ東地区の首位攻防が面白い!ブレーブスがデグロム先発ゲームに勝利し、シリーズ勝ち越し!
【MLB2022】A’s、S・ピスコッティー、J・ラウリーに続き、エルビス・アンドラスをリリース!(追記あり)
【MLB2022】ラッチマン効果絶大!オリオールズがブルージェイズに逆転勝ち!ついに勝利数で並ぶ!
【MLB2022】レンジャーズ、クリス・ウッドウォード監督を解任へ!FA補強の結果が出ず(追記あり)
【MLB2022】サンディー・アルカンタラがパドレス打線を7回スコアレス!一方、プロファーはチームメイトから怒られる
【MLB2022】マイケル・ワカが復帰戦で快投!ヤンキースを7回2ヒッターでシリーズ勝利に導く
【MLB2022】フランミル・レイエス、DFA後に蘇る!カブス移籍3試合で打率.417!
【MLB2022】フェルナンド・タティス・Jr.がシーズン・エンディングへ!禁止薬物テストで陽性反応
【MLB2022】ガーディアンズ、ALセントラルの首位に躍り出る
【MLB】2022フィールド・オブ・ドリームスはグリフィー親子、ハリー・ケリーが登場!鈴木選手が先制打
【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
タイトルとURLをコピーしました