スポンサーリンク

【Injury2018】J・アルトゥーベがキャリア初のDLとアストロズの2刀流、J・D・デイビス

アルトゥーベがDLに

現地2018年7月28日、アストロズのホセ・アルトゥーベ(Jose Altuve )が自身キャリア初のDL (Disable List)入りとなりました。

右膝に違和感

ホセ・アルトゥーベは現地7月25日(水)の@ロッキーズ戦(2−3でアストロズがサヨナラ負け)で5回の守備からベンチに。

直前の4回表の打席では2塁打を放ったものの、走りながら少し顔を歪めるように見受けられるシーンもありました。

気が強い選手なので大げさに弱みを見せたりはしません。しかし、どのタイミングかはわかりませんが、この打席で右膝に違和感を感じたようです。

10-Day DL

アルトゥーベは翌日のラインナップからも外れ、28日になり球団の方から26日付で10日間DLに加えたとの発表がありました。

2011年に21才でデビューして以来、アルトゥーベがDLとなったのはキャリア初です。

2、3日様子を見るところ、しっかりと治した方がいいということでタイムテーブルを決めたということでした。

これから精密検査もするかもしれませんが、問題なければ最速で8月5日に復帰します。

2017年MVP、4年連続シルバースラッガー賞、5年連続オールスター出場、何と言っても右バッターで4年連続シーズン200安打以上を達成している現MLBの人気NO.1選手ですからね。

YearAgeGHHRRBISBBAOBP
20112157612127.276.297
20122214716773733.290.340
20132315217755235.283.316
20142415822575956.341.377
201525154200156638.313.353
201626161216249630.338.396
201727153204248132.346.410
20182810413494614.329.392
8 Yr8 Yr1086138493449245.318.365
現地2018年7月28日時点のアルトゥーベのキャリア

大きな怪我で無ければ良いなと思います。

C・コレア、B・マッキャンもDL

アストロズはここに来て主力の離脱が続いてします。

SSのカルロス・コレア(Carlos Correa)は現地6月25日のトロント戦を最後にラインナップから姿を消し、10Day DLとなっています。

C・コレアはLower Back、つまり、腰を傷めての離脱です。

さらに、正捕手のブライアン・マッキャン(Brian McCann )は右膝の手術で離脱。

最後にゲームに出たのは6月30日で現在も10 Day DLではありますが、そもそもは5月29日に右膝の痛みでDL入りとなり、復帰して離脱を繰り返し、今の状態ということであります。ブライアン・マッキャンはうまく行けば9月までかかりそうです。

そして、これらに加え今回のホセ・アルトゥーベの離脱です。A・J・ヒンチ監督、頭の痛いところですね。

M・マルドナードの補強

アストロズは現地2018年7月26日、エンゼルスから正捕手のマーティン・マルドナード(Martín Maldonado)をトレードで獲得しました。

ゴールド・グラブ賞キャッチャーであり、大谷投手の相棒でもあるので結構衝撃的なニュースでしたが、いい捕手を獲得した背景にはこういったブライアン・マッキャン離脱の背景がありました。

ちなみにアストロズからエンゼルスには21才、クラスA+の左腕、パトリック・サンドバル(Patrick Sandoval)と後日指名の選手が動きます。

アストロズですが、せっかくマーティン・マルドナードという素晴らしいキャッチャーを補強したにもかかわらず、捕手にはマックス・スタッシー(Max Stassi)を起用しています。もう少し時間が経てば、マルドナードを起用するのかもしれませんが、今のところスタートはスタッシーです。

スタッシーもせっかくのチャンスをそうやすやすと手放したくないでしょうからね。

ただ、マルドナードのバックアップ的な起用は避けてもらいたいところです。

アストロズのSS、2B、そして二刀流

さて、そういった捕手の補強もありつつ、アストロズがC・コレアとJ・アルトゥーベが抜けたSSと2Bの穴をどう塞いでいるのかというと、これがなかなかおもしろいです。

C・コレアが抜けた直後はSSにマーウィン・ゴンザレスを起用するケースがほとんどでした。ただ、最近はSSにアレックス・ブレグマンを起用しています。

記事にも書かせていただいたプロスペクトのカイル・タッカーが出場機会を得たのはC・コレアが離脱してM・ゴンザレスが動いたことにより、LFのポジションが空いたためです。

2Bですが、J・アルトゥーベが抜けたのは7月26日ですから、それまではM・ゴンザレスとJ・アルトゥーベが二遊間を組んでいました。J・アルトゥーベ離脱後の2Bはどうなったかというと、実はマーウィン・ゴンザレスが守っています!

マーウィン・ゴンザレスはユーティリティーなんですよね。

アレックス・ブレグマンがSSに行き、空いた3Bは誰が守っているかというと、ユリ・グリエルが守ったこともありますが、現状ユリ・グリエルは1Bのまま。主に3Bを守っているのはJ・D・デイビス(J.D. Davis)です。

二刀流J.D.デービス

そうです!あの2刀流のJ・D・デービスなんですね。

まだ2刀流はこっそり継続しております。2018年も1試合に登板しております。もっとも、大差で負けているゲームでの登板でしたから、ポジション・プレーヤーの登板とほぼ同義ではあったのですが。

HRも放っています!

今後は野手で行くんでしょうね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】エンゼルス、アストロズ投手陣から20三振を奪われる!1試合ではMLB最多タイ!
【MLB2022】”MAX 102.4mph!”ブレーブスのルーキー、スペンサー・ストライダーが剛球連発で4勝目
【MLB2022】タイガースのライリー・グリーン、メジャー初HRはサヨナラHR
【MLB2022】マンフレッド・コミッショナー、ロボ・アンプ導入、32クラブ拡大プランを語る
【MLB2022】好調ノーラン・アレナドがサイクル安打を達成!しかし、フィリーズが勝利
【MLB2022】パイレーツ、2試合連続で1試合3HRを放つ選手が出現!
【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
タイトルとURLをコピーしました