スポンサーリンク

161試合目、ブルワーズが惜敗!ナ・リーグ中地区は162試合目で決着へ(MLB2019)

ブルワーズ、2年連続タイブレーカーか?

現地2019年9月28日、ナ・リーグ中地区が前年につづき大変なことになっています。

レギュラーシーズン161試合目を終了し、ご覧の勝敗に。

  1. カージナルス: 90-71
  2. ブルワーズ:89-72 (ゲーム差1.0)

つまり162試合目でカージナルスが敗れ、ブルワーズが勝利すると勝ち星で並び、163試合目のタイブレーカーというシナリオに。

カブス、カージナルスに連勝

当ブログではカブスとカージナルスの首位争いが残り10試合で7試合もあったことから、2位カージナルスの逆転優勝をさんざん煽(あお)ってしまったのですが、最初の4連戦でカブスがまさかの4連敗。

カブスの優勝はここで潰えたのでした。そして3位ブルワーズが9月破竹の勢いで勝ち続け、元気がなくなったカージナルスから2位の座を奪い、首位争いに参加。

ラスト3試合を前にゲーム差1.0という状況になっていたのでした(現地2019年9月26日時点のスタンディング

もはやモチベーションがなくなってしまったかと思われたカブスですが、なんと最後の3連戦のGame1(Score)とGame2(Score)でカージナルスに連勝。

終盤のファンの楽しみを奪ったカブスが、最後の最後にナ・リーグを面白くしているのでした。

現地2019年9月28日、161試合目のゲームのリキャップです。

ブルワーズ、痛恨の連敗

そして2位ブルワーズは、最後のロッキーズとの3連戦で、カージナルスが敗れ自軍が勝てば首位に並ぶという状況だったにもかかわらず、Game1とGame2で連敗。

とくに161試合目のGame2は勝ちゲームを逃げ切れませんでした。

161試合目:ブルワーズ、逃げ切れず

このゲームは非常に良いゲームでした。バッター・ブレンドリーのクアーズ・フィールドでの開催ゆえに派手な打撃戦も想像できましたが、ふたをあけみると投手戦に。

両チームともになかなか得点が入らない中、ブルワーズは5回表にエリック・テームズのソロHRで1点を先制。

ロレンゾ・ケインの2つの好プレー

そんな緊迫した状況の中、ブルワーズCFのロレンゾ・ケインが素晴らしいプレーを2つ見せました。

1つ目は、ブルワーズが1−0とリードした6回裏、2アウトランナー1塁の状況でヨナサン・ダザが放った右中間への長打性の当たりをロレンゾ・ケインがスライディング気味にチャッチ。ロッキーズの反撃の芽を摘みました。

2つ目は7回裏。直前の7回表にブルワーズはオーランド・アルシアのタイムリー2塁打で2点目を追加していました。

その裏、ロッキーズは1アウト後にダニエル・マーフィーがシングルで出塁。直後、ギャレット・ハンプソンが放った当たりはCF後方へ、HRを確信するようなするどい打球が襲います。

誰もが同点HRと思った時、ロレンゾ・ケインがこれをリーピング・キャッチ。まさしくホームラン・ロビングと言っていい味方のピンチを救うプレーでした。

ここで同点になってしまうという状況といい、このプレーは神がかったスーパー・プレーだったと言っていいと思います。

ブルワーズ、ヘイダーで逃げ切れず

2−0でブルワーズがリードして終盤を迎えましたが、8回裏、ロッキーズはドリュー・ポメランツからイアン・デズモンドがHRを放ち、2−1と1点差に追い上げます。

そして9回裏、ブルワーズは満を持してクローザーのジョシュ・ヘイダーをマウンドに上げて逃げ切りを図るも、なんと2アウトからサム・ヒリアードに高めのボールを上から叩かれ、これがコロラド特有の落ちてこない打球となりそのままレフトスタンドへイン。土壇場で2−2のタイに持ち込まれたのでした。

そして延長10回、この回からマウンドに上がったマット・アルバーツから先頭のトレバー・ストーリーがライトポール際ギリギリに入るHRを放ち、これでロッキーズが3−2とサヨナラ勝利をおさめたのでした。

ブルワーズ、気をつけるべきHRで敗戦となり、これでせっかくのチャンスも2連敗。

ブルワーズ、優勝へはタイブレーカーの1チャンスを残すのみとなりました。

ブルワーズ、最終戦にケインなし

2つのビッグ・プレーをしたロレンゾ・ケインですが、9回表に3点目を奪おうと1塁からホームへ激走した際に捕手と交錯。左足首を痛め、ゲームから退きました。

おそらく捻挫と思われますが、この怪我でブルワーズは162試合目はロレンゾ・ケインなしで戦わざるを得なくなりました。

ブルワーズはクリスチャン・イェリッチを自打球による膝の皿の骨折で9月10日に欠き、ライアン・ブラウンもふくらはぎ痛でサイドラインに。そして今回のロレンゾ・ケインと大事な選手を欠く満身創痍の状態です。

WC枠で勝率でナッツと並んだ場合は?

仮にブルワーズが2位になった場合、ワイルドカードでナショナルズと当たる訳ですが、162試合で双方が勝率で並んだ場合、ホームフィールドアドバンテージは直接対決の勝敗で決まります。

今季のブルワーズVSナショナルズの対戦は4勝2敗でブルワーズが勝ち越しています。

ナショナルズの先発はシャーザーの予定ですから、ハードな戦いになりそうです。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
タイトルとURLをコピーしました