スポンサーリンク

【MLB契約2021】ブレーブス、チャーリー・モートンと2022年の延長契約にサイン

ブレーブス

ベテランの好評価は嬉しい

 年齢に関係なく、ベテランの仕事ぶりがきっちり評価されたといういいニュースが入ってきました。

 現地2021年9月6日、アトランタ・ブレーブスは、右腕のチャーリー・モートン(Charlie Morton)とエクステンションでサインしました。

契約内容

 新しい契約は非常にいい内容です。

  • 1年/$20M (2022)
    • 2023年は$20Mのクラブ・オプション(バイアウトはなし)

 バイアウトはつきませんでしたが、2023年のクラブ・オプションは付きました。

現行

 ちなみに、2021年の契約は、オプションやインセンティブはつかず、1年/$15M (2021)のみ。

 今回はサラリーも$5Mアップ。2023年はクラブオプションゆえ、ブレーブスの状況次第ではオプションが行使されないこともあり得ますが、それでも複数年の可能性をゲットできたというのは、いいことではないかと思います。

 昨今のFAに市場でのベテランへの冷遇を考えたときに、これは非常に評価すべき契約ではないでしょうか。しかも、サラリーが高い。

rWAR 3.3の活躍

 今季37才のシーズンとなるチャーリー・モートンですが、現地2021年9月7日時点で、28スタート。すでに158.0イニングを投じ、13勝5敗、ERA 3.47。Baseball ReferenceのWAR(=rWAR)では3.3がついています。

 奪三振は185でSO 9は10.5をマーク。

モートン登板日はゲームが活性化

 そして、評価されるべきはモートンの登板日にブレーブスがいいゲームをしているというところです。

 今季ここまでモートンが登板した28試合のうち、ブレーブスが勝利したのは、15試合。28試合のうちの15試合なら、半分は負けているじゃないの?とのツッコミもあるかもしれませんが、13試合の敗戦のうち、4点差以上がついたゲームが3試合、2点差での敗戦は1試合、そして1点差で敗れたゲームが9試合もあります。

 つまり、チーム勝利数15試合に1点差で敗れた9試合を足すと、24試合もしっかりとゲームメイクしているということが言えるでしょう。

 プロ同士の対戦ですから、敗れることもあります。しかし、モートンが登板すれば大崩れすることはほぼなく、かならず勝利に近いところまで持ってきていれる。こういったところがrWARの良さにも現れていると思います。

 4シーム、カーブ、カット、シンカー、スライダー、チェンジップと横の変化だけでなく、縦の変化も有効に使っているチャーリー・モートン。

 ギアを上げた時には、まだ97mphも出ますし、ますます味のある投球を見せてくれています。

 現時点でブレーブスはナ・リーグ東地区首位。フィリーズとメッツがそれほど離れてはいませんので、盤石とは言えませんが、モートンの存在は大きいですね。

 現地8月31日のドジャース戦では、打線を引っ張っているオジー・アルビーズが自打球を膝に当て、悶絶。これはもう骨折かと思いましたが、X線検査では骨に異常はなく、現地9月3日のロッキーズ戦で復帰を果たしています。運も良いですね。

 そしていざポストシーズンとなった時、モートンは本当に強いですから、今季もその勇姿が見られるかもしれません。

 ブレーブス、残り試合でポストシーズンを決められるか?注目ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

NEW

【MLB契約2022】パドレスが”超激レアキャリア”のマット・スウィリーとマイナー契約
【MLB2022】レイズ、タンパとモントリオールでのホーム分割案がMLBから拒絶される
【MLB2022】トリプルAでロボアンパイアー(ABS)開始!
【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
タイトルとURLをコピーしました