スポンサーリンク

【MLB契約2021】ブレーブス、チャーリー・モートンと2022年の延長契約にサイン

ベテランの好評価は嬉しい

 年齢に関係なく、ベテランの仕事ぶりがきっちり評価されたといういいニュースが入ってきました。

 現地2021年9月6日、アトランタ・ブレーブスは、右腕のチャーリー・モートン(Charlie Morton)とエクステンションでサインしました。

契約内容

 新しい契約は非常にいい内容です。

  • 1年/$20M (2022)
    • 2023年は$20Mのクラブ・オプション(バイアウトはなし)

 バイアウトはつきませんでしたが、2023年のクラブ・オプションは付きました。

現行

 ちなみに、2021年の契約は、オプションやインセンティブはつかず、1年/$15M (2021)のみ。

 今回はサラリーも$5Mアップ。2023年はクラブオプションゆえ、ブレーブスの状況次第ではオプションが行使されないこともあり得ますが、それでも複数年の可能性をゲットできたというのは、いいことではないかと思います。

 昨今のFAに市場でのベテランへの冷遇を考えたときに、これは非常に評価すべき契約ではないでしょうか。しかも、サラリーが高い。

rWAR 3.3の活躍

 今季37才のシーズンとなるチャーリー・モートンですが、現地2021年9月7日時点で、28スタート。すでに158.0イニングを投じ、13勝5敗、ERA 3.47。Baseball ReferenceのWAR(=rWAR)では3.3がついています。

 奪三振は185でSO 9は10.5をマーク。

モートン登板日はゲームが活性化

 そして、評価されるべきはモートンの登板日にブレーブスがいいゲームをしているというところです。

 今季ここまでモートンが登板した28試合のうち、ブレーブスが勝利したのは、15試合。28試合のうちの15試合なら、半分は負けているじゃないの?とのツッコミもあるかもしれませんが、13試合の敗戦のうち、4点差以上がついたゲームが3試合、2点差での敗戦は1試合、そして1点差で敗れたゲームが9試合もあります。

 つまり、チーム勝利数15試合に1点差で敗れた9試合を足すと、24試合もしっかりとゲームメイクしているということが言えるでしょう。

 プロ同士の対戦ですから、敗れることもあります。しかし、モートンが登板すれば大崩れすることはほぼなく、かならず勝利に近いところまで持ってきていれる。こういったところがrWARの良さにも現れていると思います。

 4シーム、カーブ、カット、シンカー、スライダー、チェンジップと横の変化だけでなく、縦の変化も有効に使っているチャーリー・モートン。

 ギアを上げた時には、まだ97mphも出ますし、ますます味のある投球を見せてくれています。

 現時点でブレーブスはナ・リーグ東地区首位。フィリーズとメッツがそれほど離れてはいませんので、盤石とは言えませんが、モートンの存在は大きいですね。

 現地8月31日のドジャース戦では、打線を引っ張っているオジー・アルビーズが自打球を膝に当て、悶絶。これはもう骨折かと思いましたが、X線検査では骨に異常はなく、現地9月3日のロッキーズ戦で復帰を果たしています。運も良いですね。

 そしていざポストシーズンとなった時、モートンは本当に強いですから、今季もその勇姿が見られるかもしれません。

 ブレーブス、残り試合でポストシーズンを決められるか?注目ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました