スポンサーリンク

【MLB契約2021】ブレーブス、チャーリー・モートンと2022年の延長契約にサイン

ブレーブス

ベテランの好評価は嬉しい

 年齢に関係なく、ベテランの仕事ぶりがきっちり評価されたといういいニュースが入ってきました。

 現地2021年9月6日、アトランタ・ブレーブスは、右腕のチャーリー・モートン(Charlie Morton)とエクステンションでサインしました。

契約内容

 新しい契約は非常にいい内容です。

  • 1年/$20M (2022)
    • 2023年は$20Mのクラブ・オプション(バイアウトはなし)

 バイアウトはつきませんでしたが、2023年のクラブ・オプションは付きました。

現行

 ちなみに、2021年の契約は、オプションやインセンティブはつかず、1年/$15M (2021)のみ。

 今回はサラリーも$5Mアップ。2023年はクラブオプションゆえ、ブレーブスの状況次第ではオプションが行使されないこともあり得ますが、それでも複数年の可能性をゲットできたというのは、いいことではないかと思います。

 昨今のFAに市場でのベテランへの冷遇を考えたときに、これは非常に評価すべき契約ではないでしょうか。しかも、サラリーが高い。

rWAR 3.3の活躍

 今季37才のシーズンとなるチャーリー・モートンですが、現地2021年9月7日時点で、28スタート。すでに158.0イニングを投じ、13勝5敗、ERA 3.47。Baseball ReferenceのWAR(=rWAR)では3.3がついています。

 奪三振は185でSO 9は10.5をマーク。

モートン登板日はゲームが活性化

 そして、評価されるべきはモートンの登板日にブレーブスがいいゲームをしているというところです。

 今季ここまでモートンが登板した28試合のうち、ブレーブスが勝利したのは、15試合。28試合のうちの15試合なら、半分は負けているじゃないの?とのツッコミもあるかもしれませんが、13試合の敗戦のうち、4点差以上がついたゲームが3試合、2点差での敗戦は1試合、そして1点差で敗れたゲームが9試合もあります。

 つまり、チーム勝利数15試合に1点差で敗れた9試合を足すと、24試合もしっかりとゲームメイクしているということが言えるでしょう。

 プロ同士の対戦ですから、敗れることもあります。しかし、モートンが登板すれば大崩れすることはほぼなく、かならず勝利に近いところまで持ってきていれる。こういったところがrWARの良さにも現れていると思います。

 4シーム、カーブ、カット、シンカー、スライダー、チェンジップと横の変化だけでなく、縦の変化も有効に使っているチャーリー・モートン。

 ギアを上げた時には、まだ97mphも出ますし、ますます味のある投球を見せてくれています。

 現時点でブレーブスはナ・リーグ東地区首位。フィリーズとメッツがそれほど離れてはいませんので、盤石とは言えませんが、モートンの存在は大きいですね。

 現地8月31日のドジャース戦では、打線を引っ張っているオジー・アルビーズが自打球を膝に当て、悶絶。これはもう骨折かと思いましたが、X線検査では骨に異常はなく、現地9月3日のロッキーズ戦で復帰を果たしています。運も良いですね。

 そしていざポストシーズンとなった時、モートンは本当に強いですから、今季もその勇姿が見られるかもしれません。

 ブレーブス、残り試合でポストシーズンを決められるか?注目ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

NEW

【MLB2021】フィリーズ、レンジャー・スアレスの97球シャットアウトでPSへ前進
【MLB2021】カージナルスが15連勝!中盤に逆転!
【MLB2021】崖っぷちのA’sがアストロズに大勝!PS争いの余波で煽りをくらう大谷選手 (追記あり)
【MLB2021】PHIとの直接対決前哨戦!ブレーブス、マックス・フリードがパドレスを98球シャットアウト!
【MLB 2021】ホワイトソックス、ディビジョン・チャンプ1番乗り!
【MLB 2021】ジャイアンツ、スコット・カズミアでマジック9へ
【MLB 2021】相手からのマークが集中する中、大谷選手が放った45号は価値あり!
【祝】200勝を達成したジョン・レスター、カージナルスのラスト・スパートを支える
【MLB】サルバドール・ペレス、ジョニー・ベンチ超えの46号!
【MLB 2021】ブレーブスから2連続!今度はエディー・ロザリオがサイクル安打を達成!
【MLB2021】マネーボール再びなるか!?アスレチックス、大逆転もあり得るすごいスケジュール(追記あり)
大谷選手、復帰マウンドで輝く!8イニングの熱投!
【MLB2021】マーカス・セミエンが40HR!
【MLB噂2021】メッツがフロントオフィス・サーチを開始!ビリー・ビーン、セオ・エプスタインの名前が上がる
【MLB2021】サルバドール・ペレスが45号HR!ジョニー・ベンチに並ぶ快挙
【MLB2021】大谷選手、腕の痛みでA’s戦の先発を回避(追記あり)
【MLB2021】ライアン・ブラウンが引退を表明。
【MLBワード】”マジック・ナンバー”と”エリミネーション・ナンバー”(リライト版)
【MLB2021】マックス・シャーザー、ニア・パーフェクトで3000K!イマキュレート・イニングも達成
【MLB 2021】ブルワーズ、バーンズ&へイダーでコンバインド・ノーヒッターを達成!
タイトルとURLをコピーしました