スポンサーリンク

【MLB2020】シャットアウト期間中、シャーザー、バーランダーらがフロリダに集結!こっそりアツいゲームを行っていた! 

スターがこっそりフロリダでプレー

 こんにちは。

 ちょっとおもしろいストーリーが出てきました。

 MLBのスプリングトレーニングが新型コロナウィルスの感染拡大により中止に追い込まれたのは、現地2020年3月13日でした。その後、5月に入りMLB、選手会双方で開催に関する交渉が重ねられ、6月下旬にようやく開催が決定。7月1日のスプリングトレーニング2.0にこぎつけたのはご承知の流れかと思います。

消えていたはずのベースボールが

 この約3ヶ月強の間、アメリカからベースボールが消えていたはずでした。

 ところが、実はベースボールが行われていたのです。

実はアツいゲームを開催していた!

 しかも超一流のスター達がフロリダに集結して!アツい戦いが繰り広げられていたことが発覚しました!なんともずるい!ずる過ぎる!

 どこで行われていたかと言うと、フロリダ州のクレッシーズ・スポーツ・パフォーマンス・ジム・イン・パーム・ビーチ・ガーデンズ(Cressey’s Sports Performance Gym in Palm Beach Gardens)、そしてパーム・ビーチ・ガーデンズ高校(Palm Beach Gardens High School)のグラウンド。

 パーム・ビーチは、ナショナルズとアストロズのスプリングトレーニングの施設のあるところですが、ここの施設はMLBがサスペンド中も人数を制限して利用されていた期間もありましたが、オフィシャルにはクローズ状態。

 よって選手のコネクションなどを利用してパームビーチの別の施設を使っていたと思われます。

超豪華な参加選手リスト

 このズルすぎるゲームを行っていた選手はご覧のとおり。超豪華です。

  1. マックス・シャーザー(ナショナルズ)
  2. ジャスティン・バーランダー(アストロズ)
  3. コーリー・クルーバー(レンジャーズ)
  4. ポール・ゴールドシュミット(カージナルス)
  5. ジャンカルロ・スタントン(ヤンキース)

 まだいます。

  1. ルーク・ジャクソン(ブレーブス)RHP
  2. ローガン・モリソン(ブルワーズ)1B
  3. リチャード・ブレイアー(オリオールズ)LHP
  4. ロバート・グセルマン(メッツ)RHP
  5. マイケル・ワカ(メッツ)RHP
  6. ジョシュ・ジェームス(アストロズ)RHP
  7. テイラー・グリエリ(レンジャーズ)RHP ※2011 レイズ 1巡目
  8. ブライアン・モラン(ブルージェイズ)LHP
  9. マイク・ブロソー(レイズ) 2B
  10. ライアン・ラマー(レイズ)OF
  11. スティーブ・シーシェック(ホワイトソックス)RHP
  12. ニック・ウィットグレン(インディアンス)RHP
  13. ブラッド・ハンド(インディアンス)LHP
  14. ザック・プレサック(インディアンス)RHP
  15. アンソニー・スウォーザック(フィリーズ)RHP
  16. モンテ・ハリソン(マーリンズ)OF
  17. イサン・ディアス(マーリンズ)2B
  18. ジョーダン・ホロウェイ(マーリンズ)RHP
  19. オースティン・ボス(ナショナルズ)RHP
  20. カイル・マゴウィン(ナショナルズ)RHP
  21. タイラー・キンリー(ロッキーズ)RHP
  22. カイル・バラクロー(パドレス)RHP
  23. A.J. ラモス(ドジャース)RHP
  24. ケビン・シーグリスト(2017: カージナルス/フィリーズ)LHP
  25. トリストン・マッケンジー(インディアンス・マイナー)RHP
  26. ヘスス・ルザルド(アスレチックス)LHP
  27. ノア・シンダーガード(メッツ)RHP ※リハビリ

 29番目に書かせていただいたケビン・シーグリスト(Kevin Siegrist)は2015年にカージナルスで81試合に登板したリリーバー左腕です。マイナーでも2017年で記録が途絶えています。彼は出身はバッファローですが、ハイスクールはフロリダ州ウェリントン・コミュニティー・ハイスクールの出身。そして大学がパーム・ビーチ・コミュニティー・カレッジ。

 彼がどういう経緯で参加したかはわかりませんでしたが、地元にかなりいいパイプを持ってはいそうです。

独自ルール設定で感染対策

 そしてこのリーグ(!?)は新型コロナウィルスの感染拡大にも配慮。スライディングの禁止し、可能な限り距離を空けて座るように配慮していた模様。

 スライディングはコンタクトを無くすという意味が込められていたのでしょう。

 そして同施設の利用者で感染者数は0でした。

秘密厳守を貫く

 参加していたプレーヤー達が懸念したのはこのリーグの開催が広まることでした。やはり非難が集まる要素もありますし、それにその噂が広まれば関係者以外にも当然見物人が多数出たでしょう。そうなると責任問題にも発展しますから、いろんな意味で秘密を貫くことを徹底していました。

SNSも禁止

 なかにはSNSにアップしたいと思った選手もいたようです。当然ですよね。たとえばブレーブスのルーク・ジャクソンなどは、「シャーザーとゴールドシュミット、ジャンカルロの対戦を見たくない人なんていないでしょ。しかも高校のグランドでやってるんだよ」とアップしたくて仕方なかったようですが、思いとどまったようです。

もしもアップされたら・・・

 ゲームの模様が記録されていたかどうかは定かではありません。これは仮定の話ですが、もしも有料で公開されたなら・・・と考えると商売っ気のあるメディアなどが動くかもしれませんね。見たいものは見たいです。

 ただ、選手はあくまで本域で調整したかったのでしょう。よって撮影していたとしても、SNSでアップ出来るスマホ撮影のクオリティーのものではないかと予想します。

バウアーのサンドロット

 MLBの活動停止期間中、トレバー・バウアーが主催してサンドロット・ゲームを行われました。こちらは遊びでしたが、面白い企画でしたね。3月18日に公開され、日本時間2020年7月4日時点で37.6万回再生。これはもうプロが撮影、編集していました。このようなクオリティーのものが果たしてあるのかどうか?それは定かではありません。責任問題がクリアーになれば世に出てくるかもしれません。

 ベースボールが消えていた期間にまさかこんなことがあったなんて。

 なかなか良いお話だったと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
タイトルとURLをコピーしました