スポンサーリンク

【MLB2021FA】メッツ、OFをアップグレード!ケビン・ピラーを獲得へ!1年契約で珍しいオプション付き

充実のOFをさらにアップグレード

 現地2021年2月15日は、FAで未決となっていたプレーヤーのディールが複数決まりました。なかでもその動向が心配されていたOFのケビン・ピラー(Kevin Pillar/32/右投げ右打ち)も決定。

 メッツと1年で合意です。

 まだ32才と若いケビン・ピラーがこの時期まで残っているのもおかしい話で、やはり前年のコロナ禍による収益減の影響も感じさせます。

驚かされた3つのポイント

 ところで、ディールには3つの点で驚かされました。

  1. ケビン・ピラーの契約の2年目のオプションが変わっている点
  2. NYMはすでに充実したOFに加え、ジャッキーの噂もある。同じ守備タイプのピラーを獲得した影響は?
  3. 天井なしに思えるほどのメッツの予算!とは言え、現時点の贅沢税の状況は?

【1】ケビン・ピラーの契約

 さて、ケビン・ピラーとメッツは以下の条件で合意に至った模様です。契約はあくまで1年契約ですが、2年めのオプションが変わっていて、初めて見るかもしれません。

  • 1年/$5M (2021)保証 + 2022 オプションあり
    • サラリー:2021:$3.6M
    • 2022:
      1. $2.9M プレーヤーオプション (バイアウトなし)
      2. $6.4M クラブオプション ($1.4Mバイアウト)

 2021年のサラリーはあくまで$3.6M。そして2年めが1.プレーヤー・オプションの場合と2.クラブ・オプションの場合の2つがあります。

 $5M保証というのは、$3.6Mのサラリーに加えて最低でも2つめのクラブオプションの場合のバイアウト$1.4Mが入っているからそうなるのですが、ではその分岐点はどうなるのか?

実質、ミューチュアルか

 プレーヤーオプションとは選手側に更新の選択権があることですが、通常はかなりの売り手市場の立場である選手でないと獲得できないオプションです。

 であるなら、総額$6.5Mと言えそうですが、どうもそうではないようです。考えられるのはある程度の成績を残せれば、それも勘案するということではないかと。

 ということは、一定の基準があってその上でどうする?という双方の合意のもとで決まる、実質ミューチュアルオプションではないかと思います。

 いずれにせよ変わった内容です。ミューチュアルだったら普通ですけどね(笑)。

 なお、2020年の契約は以下の記事にあります。

【2】ジャッキー・タイプの選手を獲得

メッツのOFはかなり優秀

 メッツはすでにブランドン・ニモ、マイケル・コンフォート、そしてドミニク・スミスというエブリデーOFが揃っているチーム。ジョナサン・ビヤーを獲得したので、3B予定のJ.D.デービスもOFを守れる選手。さらに、今オフはかぶすからノンテンダーFAとなったアルバート・アルモラ・ジュニアも獲得。かなり充実した布陣です。

JBJ獲得の噂

 しかし、メッツはレッドソックスからFAとなっていて、毎年2、3本はHRをフェンス際でキャッチしているJBJこと、ジェッキー・ブラッドリー・ジュニアを獲得するという噂もあります。

 ジャッキーは、インパクトのある打撃を見せることもありますが、原則、あまり打つ選手ではありません。打率があまりよくないのです。通算打率で、.238。ただ、HRは15から20本は見込める力はあります。守備型と言っていい選手。

 ケビン・ピラーもやはり打撃より守備が魅力の選手。とは言え、通算打率は.262で、HRは82本を放ってはいて、強烈な打撃のインパクトはありませんが、それなりに打ちます。

 JBJとケビン・ピラーは打席での左右の違いはあれど、守備が魅力の点やオフェンス力はかなり似通った点があります。

 今回、メッツはケビン・ピラーを獲得。これがどういう意味を持つのでしょうね?

 ジャッキーはFAの交渉でかなり強気に出ているという噂も。もしも彼の希望額を払うとしたら、実質メッツくらいしかないのですが、果たして同タイプの選手を2人も獲得するのだろうか?とも思います。

 メッツとJBJとの動向に注目ですね。

【3】メッツの贅沢税

 大富豪の新オーナーが就任し、予算が充実したメッツ。今オフ、ロビンソン・カノーの$24Mを払わなくてよくなったことでさらに翼を得たような状態になっています。

 もはや天井なしか?と思えるくらいにディールを成立させていますが、現地2021年2月16日時点の贅沢税上のサラリーは一体いくらになっているのか、気になったので調べて見ますと、

 $188.9M

 まだ21Mほどスペースが残っています。

 トレーバー・ローゼンタールの獲得も考慮に入れているメッツ。果たしてカブスのクリス・ブライアント獲りもあるのか?残りスペースをどう使うのか、注目ですね。ブライアント獲得ならJBJはないと思いますが、どうなるのでしょうね。なかなかおもしろいです。

 以上です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】フィリーズ、最高のゲーム展開で2011年以来のポストシーズン進出を果たす!
【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
タイトルとURLをコピーしました