スポンサーリンク

【MLB2023】アストロズ、再び!トレードデッドラインでケンダール・グレイブマンを獲得

TDLで2度めのヘルプ要請

 現地2023年7月28日、アストロズがトレード・デッドラインに向け動きました。

 ホワイソックスからリリーバーのケンダール・グレイブマンを獲得です!アストロズがケンダール・グレイブマンをトレード・デッドラインで獲得するのはこれで2度め。

2021年のトレード・デッドライン

 1度目は2021年のトレード・デッドラインでのこと。前年の10月にマリナーズとサインしたケンダール・グレイブマンは2021シーズン、マリナーズで30試合に登板し、33.0イニングを投げ、14ゲーム・フィニッシュ、10セーブ、ERA 0.82と際立った成績をマーク。

 このときラファエル・モンテロとともにアストロズに移籍。ラファエル・モンテロは現在でもアストロズのリリーバーとして活躍。アストロズからマリナーズへはジョー・スミスとエイブラハム・トロが動きました。

トレード概要

 今回のトレードの概要です。

アストロズGet

  • ケンダール・グレイブマン(Kendall Graveman/32)RHP

ホワイソックスGet

  • コリー・リー(Korey Lee/25) C/右投げ右打ち: 2019年アストロズ1巡目指名

K・グレイブマンの現契約

 2021年にアストロズに移籍したケンダール・グレイブマンは23試合に登板し、ERA 3.13をマーク。ポストシーズンでもALDSでのホワイソックス戦、ALCSでのレッドソックス戦、ブレーブスとのワールドシリーズでそれぞれ3試合ずつ登板。9試合でERAは1.64でした。

 この活躍もあり、FAとなったケンダール・グレイブマンじゃ2021年11月30日にホワイソックスと以下の内容で契約。

  • 3年/$24M (2022-24)
    • 支払いは$8M/年x3

 よって、契約は来季まで残っております。2024シーズン分はアストロズがフルで$8Mを抱えるとして、2023年のサラリーは$2.795Mほど残額が残っており、この残額も獲得したアストロズが支払うことになりました。

2023年のK・グレイブマンの成績

 今季のケンダール・グレイブマンは45試合、22ゲームフィニッシュで、8セーブ、ERA 3.48をマーク。

 今季は本来のクローザーのリアム・ヘンドリクスが血液がんの1つである非ホジキンリンパ腫で開幕に間に合わず。主にケンダール・グレイブマンがクローザー・ロールを担いました。

 ホワイソックスは4月に7勝20敗とスタートダッシュに大失敗。5月、6月となんとか5割近くの勝率をキープしましたが、7月に入ってさらに戦意喪失。4月とほぼ同じペースでここまで進んでいます。

 よって、ケンダール・グレイブマンもなかなかその力をフルに発揮できない状況で、今回のトレード・デッドラインのターゲットとなっていました。

 かつて数年前に、筆者はホワイソックスの輝く未来を記事内に展開した記憶があるのですが、プロスペクト達が成熟した今、むしろ悪くなってしまったような状況です。2020年のポストシーズンでまさかの早期敗退があって以降、おかしくなりました。あの頃はちょっと調子に乗っている感がありました。どうもラテン気質が強く、上がり下がりが早くて粘りがありません。ここでオールドスクールで軌道修正したかったのですが、肝心のラルーサが年齢による不確かな采配で、状況はさらに悪化しました。

アストロズ、ゲーム後半を手厚く

 アストロズにはクローザーにライアン・プレスリーがおり、彼が機能している間は盤石です。

 セットアップにはヘクター・ネリス、ブライアン・アブレイユ、フィル・メイトン、ライン・スタネックがおり、ケンダール・グレイブマンが加わることでさらに手厚くなります。

 ここまで手厚くする必要があるのか?とも思いますが、ヘクター・ネリスとともにクロージングの経験があることでライアン・プレスリーの連投を避けたい場合には、その手厚さが効果を発揮しそうです。

 今オフ、ライン・スタネックとフィル・メイトンがFA。そこでケンダール・グレイブマンが2024シーズンまでコントロール出来るなら、来季の布陣も心強い。その面での獲得動機もありそうです。

 ヘクター・ネリスは2024年シーズンは$8.5Mのプレーヤー・オプション(シーズン終了後の身体検査が条件)です。ネリスの現時点でのERA は1.44でSO%は28.6。この好調さなら、ネリスは他に契約の場を求める可能性もあります。

【CWS】コリー・リーとは? 

 さて、ホワイソックスが獲得したコリー・リーですが、上述の通り、2019年のアストロズの1巡目指名の捕手。

  2022年7月1日にすでにデビューしています。ビッグリーグでの経験は2022年の12試合のみで、25-4でBAは.160。

 2023シーズンはトリプルAで68試合に出場。打率.283、OBP .328、SLG .406、HR 5、二塁打 18、RBI 32、BB 17。

 捕手かDHでの出場で、捕手としては53試合に先発出場。CS%は27%です。

 ホワイソックスはヤズマニ・グランダールの契約が今季で終了。オプションもありません。

 今回のディールはそれも想定したプロスペクト捕手の獲得となっています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
タイトルとURLをコピーしました