スポンサーリンク

【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約

ブレイク・スネルもショート・タームに落ち着く

 現地2024年3月18日、2023年に2度目のサイ・ヤング賞を受賞し、この冬の注目FAであった左腕のブレイク・スネル(Blake Snell)のディールがついに決定。サンフランシスコ・ジャイアンツが獲得しました。長かったですね。大谷選手が他のFA選手のディールに支障をきたさないように2023年12月にディールをまとめたにもかかわらず、ここまでかかりました。ブレイク・スネル獲得にはヤンキース、エンゼルス、そして直近ではアストロズの名前が上がりましたが、ジャイアンツがゲットしましたね。しかも、2年/$62Mならジャイアンツが想定していたであろうスネルのFA当初の金額より大幅安になったと思われます。

 なお、まだ投手の有力FAにはジョーダン・モンゴメリーがおります。

契約内容

 ジャイアンツとブレイスク・スネルは大筋で下記の内容で合意。現時点ではフィジカル・チェックの結果待ちで、まもなくオフィシャルになります。

  • 2 年/$62M (2024-25)
    • サイニング・ボーナス:$17M (2026年1月に支払われる予定)
    • $15M(2024) 
    • $30Mプレーヤー・オプション(2025)

オプアウトあり

 ロング・ターム&3桁($XXXM)を目指していたであろうブレイク・スネルですが、結果的にはショート・タームとなりました。さすがに単価は$30M平均と高いものになりましたが、サイニング・ボーナスも含めた設定となっています。サイニング・ボーナスにしたのは、年に2度の入金タイミングにしたということかと思います。これで節税になるとは思わないのですが、オフシーズンにドンと入ってくるのは大きいですね。

 さらに2年目は実質オプトアウト可ということに。現時点で31才のブレイク・スネルは2024年終了後のオフシーズンは32才に。ここでもう一度市場に出るかどうかは今季の成績にかかってきますね。もはやバイアウト$17Mというような考えでオフシーズンに臨めるという考え方もできますね。

2年続かない傾向

YearAgeClubLgWLERAGSIPBBSO
201623TBRAL683.541989.05198
201724TBRAL574.0424129.159119
201825TBRAL2151.8931180.264221
201926TBRAL684.2923107.040147
202027TBRAL423.241150.01863
202128SDPNL764.2027128.269170
202229SDPNL8103.3824128.051171
202330SDPNL1492.2532180.099234
スネルの通算主要成績

 ここでブレイク・スネルの成績を記載しておきたいのですが、ご覧の数字になっています。

圧倒的だった2018年(CY1度目)

 下手をすれば23勝もあり得たブレイク・スネルの2018年。もう圧倒的でした。180.2イニングでBBがたったの64で、H9においても5.6しか計上しませんでした。ERAは1.89と2点を下回りました。ゾーンで勝負出来るボールをいかに多く投げていたかがこれだけでもよくわかります。まさに最高品質の投球。

 ところが翌2019年は23先発で107.0 IPで6勝8敗、ERA 4.29。2020年は短縮シーズンでしたので、11試合4勝2敗、ERA 3.24でも御の字。問題は2021年と2022年ですね。ともにイニング数は128.0近辺で、二桁勝利はなりませんでした。ERAは4.20、3.38。

 このように「2年続けて」というのがないのがブレイク・スネルの痛いところでした。ロングタームでの契約が色々と立ち消えたのもこれが原因ではないかと見られています。

2023年に2度目のCY賞

 そして2023シーズン、ブレイク・スネルは直近2年の振るわなかったシーズンを取り戻すべく、開幕からローテーションを守ったものの、いかんせん、4月のパドレスはブレイク・スネルの登板日にことごとく敗戦。スネルの4月の成績は0勝4敗、ERA 5.48と大きくつまづき、2021年、2022年と同じか・・・と思わせました。 

 しかし、5月1日のレッズ戦で2023年の初勝利を上げ、6月から挽回。オールスター明けの7月30日に8勝8敗とここで負け数にようやく並び、以降は一敗したのみで14勝9敗にまとめてきました。パドレスの状態がもう少し良ければあと数勝は上積みできたという数字になりました。最終的なERAは2.25と2018年以来の素晴らしい投球をし、2度目のサイ・ヤング賞受賞と相成った訳です。

【YOUTUBE】Padres’ Blake Snell takes home his 2nd Cy Young Award! (2023 Highlights)

 問題は2024年も高品質の投球が続くかどうか。ここで続けばスネルはオプトアウトし、再びロングタームの契約を勝ち取りに行く・・・そのような契約内容となっています。

ウェブ&スネルのトップ2

 ブレイク・スネルが入ったことでジャイアンツは、ローガン・ウェブ&ブレイク・スネルという非常に強力なトップ2ローテーションが完成。その他、トッププロスペクトでスプリング・トレーニングで2勝、ERA 1.93の左腕のカイル・ハリソンがNO.3に入ってきそうです。そして今季から先発に転向する元カージナルスの剛腕ジョーダン・ヒックスがどこまで先発として結果を出すのかも楽しみです。現時点では未知数というしかありません。

 ジャイアンツは今オフ、2021年ALサイ・ヤング賞のロビー・レイをトレードで獲得。ただ、ロビー・レイは2023年に肘の手術を行い、シーズンの大半はIL。手術の内容が腱の再建型のトミー・ジョンではなく、インターナル・ブレースであれば今季中の復帰もあり得ます。

 さらに開幕はILですが、アレックス・コブも股関節の手術後のリハビリから復帰すれば、かなり優秀なローテーションを組めることになります。後ろにはカミーロ・ドバルがいますから、いい投手構成となります。テイラー・ロジャース(LHP)とタイラー・ロジャース(RHP)もいます。

 また、ジャイアンツは今季からボブ・メルビンが指揮を執り、パドレスで彼の傘下でプレーしていたスネルにとっては良い環境になるかもしれませんね。

ジャイアンツ、贅沢税超えに

 ブレイク・スネルを獲得したジャイアンツは今季はFAでホルヘ・ソレア、そしてマット・チャップマンを獲得。さすがに今季は贅沢税のしきい値の$237Mを超え、$250Mも超える見込みです。ジャイアンツは2015年から2017年まで贅沢税を払う立場でしたが、今回はそれ以来の贅沢税超えになります。

 スネルはパドレスからのクオリファイング・オファー(QO)を辞退してFAに。そのスネルとサインするジャイアンツはすでに、マット・チャップマン獲得で2巡目指名権とインターナショナル・ボーナス・プール枠の50万ドルを放棄。今回のスネルの獲得により、さらに3巡目指名権(全体87位)とインターナショナル・ボーナス・プールから追加で$50Mの枠を失うことに。

 なお、パドレスは2023年に贅沢税のしきい値を超えたため、QO辞退のFAを失った場合でも4巡目以降の指名権に限られます。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】タナー・ハウクがシャットアウト勝利!試合時間はたったの1時間49 分!
【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!
【MLB2024】マイケル・ローレンツェンのレンジャーズ・デビューはスコアレス投球!
【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
タイトルとURLをコピーしました