スポンサーリンク

【MLB 2022】大谷選手、12勝目ならずもイニング・ピッチ・クリアーでERAランクAL5位へ

今季23度めの登板

 現地2022年9月3日、大谷選手がアストロズ戦に登板。ルイス・ガルシアとの投手戦となったこのゲームで、大谷選手は8イニングを投げきり、被安打6、失点1、奪三振が5。

 立ち上がりから非常に安定していた大谷選手は、1回から3回までアストロズ打線を三者凡退に抑える好投。5回表に2アウトからトレイ・マンシーニに2塁打を打たれ、J.J マティジェビックにタイムリーを打たれ、先制点を許すも、それ以上の失点は許しませんでした。

最終イニングでシンカーが100mph超え

 アストロズはヨルダン・アルバレスが手の怪我で離脱中とは言え、ホセ・アルトゥーベ、カイル・タッカー、アレックス・ブレグマンと勝負強いバッターが上位打線におり、やはり厄介な打線です。

 特にアルトゥーベは思い切りよく踏み込んで来て、ちょっと遠目に見える外のボールも難なく引っ張ってきます。アルトゥーベとは4度対戦し、最初の1、2打席は抑えたものの、第3打席ではCF前シングル、第4打席では二塁打と2本の長短打を浴びました。しかし、アルトゥーベ起点のチャンスをしっかりと抑えたがゆえにアストロズ打線を苦しめたとも言えるでしょう。

 最終イニングとなった8回であっても、ファストボールは100mph超えを1球、99mph台を3球も記録。

 特にシンカーは意図して投げるのはこの日が初めてではないかと思いますが、実戦で使えるようになったようで、これからの武器になりそうです。この時点でブレイク・トライネン(LAD)並みの変化を遂げたボールも。

打線はルイス・ガルシアに苦戦

 さて、打線の方ですが、アストロズ先発のルイス・ガルシアに苦戦。やはり起動時のあの独特の動きがタイミングを狂わすようです。

 最近はゆりかごを揺らすような手の動きに加えて、右、左とステップする過程を時には飛ばして、右に踏み出した後にすぐに投げるようなこともしてきます。タイミングずらしですね。ただ、右に動くだけで投球に入るときは、ファストボールしか投げていませんでした。それはコーチも打者もわかっていながら、打席に立つとタイミングが合わないのでしょうね。

 ルイス・ガルシアはそのタイミングの取りづらいmid-90mphのファストボールに加え、大きなカーブも特徴。なお、大谷選手には、その中間の速度帯のチェンジアップも投じます。

守備で持ちこたえ、サヨナラ勝利 

 延長に入った時点でエンゼルスはやられるだろうなと思いましたが、どうしてどうして、ホセ・キハーダが気迫の投球を見せ、強いボールでアストロズ打線をねじ伏せました。

 エンゼルス投手陣は10回から12回まで3イニングをしのいだのは素晴らしかったです。ジミー・ハーゲットは今本当に好調ですね。

 そして、エンゼルスは延長12回裏に、マット・ダフィーのタイムリーでオートマティック・ランナーのテイラー・ウォードが生還して、2-1のスコアでサヨナラ勝ちを納めました。

大谷選手、ERAランキングに入る

 大谷選手ですが、この日は8イニングも投げたので、シーズン通算で136.0 IP(イニング・ピッチド)に到達。

 ERAのタイトルはIPがクラブの消化試合数以上にならなければ、ランキングに入らないのでこれまでは名前が出てきませんでした。

 しかし、この日でエンゼルスの試合数は133で、大谷選手のIPは136.0となったので、この日からERAのランキング入りへ。大谷選手の2.58は、ALで5位に入ることに。

 なお、シーズンは162試合あるので、シーズン終了時には162.0IPを超えなければ、ランキングには入りません。また、クラブの消化数の方が多くなれば、またランキングから消えます。

 大谷選手は、これから中5日、あるいは6日で投げて行くと、ギリギリ到達するかどうかというところ。

 無理に投球回数を増やして怪我でもしたら元も子もないので、体調を優先した登板数にしてもらいたいとは思います。

 なお、奪三振数181は、現時点でア・リーグ5位。このまま行けば、ゲリット・コール→ディラン・シーズ→ロビー・レイに次ぐ数字になりそうです。そして、この日の5奪三振でメジャー通算400奪三振を超え、403となりました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました