スポンサーリンク

【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!

8回2ヒッター!

 前日に延長11回までDHとしてフル出場し、2HR、8RBIを上げた大谷選手。その翌日の現地2022年6月22日は投手としてマウンドに上がりました。もちろん、この日もP-DHとして出場し、2番打者としてのマウンドです。

 2番だと1回表の投球を終えてすぐに打席が回ってくるので、普通に考えて相当ハードな仕事ぶりです。

 この日の投球ですが、非常に良かったですね!!!

キャリアハイの13K

 ロイヤルズ相手で、昨シーズンHRキングを争ったサルバドール・ペレスが左親指を傷め、この日はスタメンにはいなかったのですが、当たりが出てきたボビー・ウィット・Jr.をはじめ、なかなか手ごわい打線でもありました。

 立ち上がり、厄介なウィット・メリフィールドにシングルを打たれた後、アンドリュー・ベニンテンディにもRF前にシングルを打たれ、連打スタートという形になりましたが、その後は女房役のマックス・スタッシとも息がぴったりと合い、落ち着いた投球を披露。変化球をうまく使いながら、97-98mphのファストボールを時折り交え、後続を打ち取ると、奪三振ショーとなりました。

2回以降はヒットレス

 この日浴びた安打は立ち上がりの連打のみ。2回以降はヒットレスで許したランナーは6回表、1アウト後にウィット・メリフィールドに与えた四球のみ。ロイヤルズは完全にノーチャンスで、2回と4回は3者連続三振という素晴らしい投球。

 結果、8イニングまでマウンドに上がり、108球の熱投!被安打2、スコアレス、BB1、奪三振13というとんでもない投球内容を見せてくれました。

 この日はカーブ、スライダーがとりわけ良くて、組み立ても楽だったように思います。

 奪三振13はキャリアハイです!

 今季は投手としての出来が素晴らしいですね。

打線はリンチに苦戦

 結果、5-0のスコアで終わってみれば、完勝ではありましたが、打線はロイヤルズ先発のダニエル・リンチ(25才)に手こずり、5回途中まで3安打と苦戦。

 5回裏、リンチに疲れが出たのか四球絡みで満塁としたところに、デービッド・マッキノンが犠牲フライを放ち、ようやく1点を先制。

 7回表を終わって1-0の僅差でゲームが動いたのでした。

 追加点が入ったのは7回裏で、ルイス・レンヒーフォの二塁打と、デービッド・マッキノンのシングルで2点を追加。3−0としました。

 ネヴィン監督はここで「降りても」と思ったようですが、大谷選手の方がむしろ「8回も行く」と強い意志を見せ、続投となり、8回2ヒッター・ピッチングを披露したという流れです。

 エンゼルスは8回裏にもベラスケス、ウォードのタイムリーでさらに2点を追加。大谷選手を援護しました。

 9回はライアン・テペラが登板。三者凡退に抑え、エンゼルスが5-0とロイヤルズを下しました。

 大谷選手はこれで6勝目(4敗、ERA 2.90)。

 エンゼルスはこのシリーズを1勝2敗とし、なんとか連敗を止めました。

デトマーズがマイナーへ

 なお、エンゼルスは前日に5失点を喫したリード・デトマーズをマイナーへオプションしました。デトマーズはその前のドジャース戦においても4回途中4失点と2回続けてのゲームメイクに失敗。5月10日のレイズ戦でノーヒットノーランをマークしたものの、ちょっと疲れが出ているのかもしれません。

 エンゼルス、ローテーションも一人欠くことになり、状況は厳しいままですが、ここをなんとか乗り切りたいですね。

 それにしても大谷選手、ナイスピッチングでした。見ていても、燃えましたね!

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
【MLB2022】マーリンズ、「90分ミーティング」後に4連勝!ジャズ・チズム、さらに発奮
【MLB2022】レッドソックス、2カード連続スイープは大谷に阻まれる!LAAは14連敗でストップ
【MLB2022】いつ見ても惚れ惚れするマイケル・コペックの投球!今季はすでに4度の1ヒッター
【MLB2022】ジョシュ・ヘイダーを今季最初に崩したのはフィリーズ!
タイトルとURLをコピーしました