スポンサーリンク

【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!

シンカーが相手打者の邪魔をする!

 現地2022年9月10日、大谷選手が今季24度目の先発マウンドに上がりました。今回の対戦相手も、アストロズ。前回登板の現地2022年9月3日から2戦続けてのマッチアップです。

 前回は8イニングを投げ、被安打6、失点1ながら、味方打線の援護がなく、大谷選手降板後に勝ち越され、チームは1-2のスコアで敗れました。ただ、大谷選手にとっては現地8月15日のマリナーズ戦から投げ始めたシンカーが冴え渡り、かなり自信を得ることが出来た登板だったのではないかと思います。

 そして前回からの違いは打線にもありました。今回はマイク・トラウトが絶好調の中での登板で、いい援護がありました。

エンゼルスが効果的に得点を上げ、援護

 まず幸先が良かったエンゼルスの攻撃から行きましょう。ちなみに、この日の大谷選手はP-DHで打順は4番でした。

 エンゼルスは初回、ホセ・ウルキディ(Jose Urquidy)からリードオフのデービッド・フレッチャーが死球で出塁。2番のマイク・トラウトはその初球をLFに運び、長打コースに。この打球で一塁から一気にホームを狙ったフレッチャーでしたが、アストロズのヨルダン・アルバレス、ジェレミー・ペーニャのリレーの前にホームタッチアウト。トラウトは2塁に。

 嫌な流れの後、大谷選手が大きな当たりをCFに打ちますが、これはフェンス前で失速し、2アウト。トラウトはタッチアップで3塁に進塁。

 つづくテイラー・ウォードの当たりは3Bのアレックス・ブレグマンの前に転がるボテボテのゴロ。ブレグマンはベアハンドで対応するも、1塁へセーフ。この間にトラウトがホームへ還り、エンゼルスが1点を先制。

トラウトが6戦連続HR

 エンゼルスは2回表にもチャンスメイク。先頭のマイク・フォードの二塁打を皮切りに、モニアック、スタッシで満塁のチャンスを作ります。ここでアンドリュー・ベラスケスが2塁へのボテボテのゴロを放ち、フォードが還り、2点目。

 この後、ルイス・レンヒーフォの内野ゴロの間に、3塁ランナーのマニアックがホームを狙うもまたしてもアウト。再び、嫌な流れになったのですが、それを粉砕したのがトラウトでした。

 トラウトは、またしても早めに勝負をかけ、2球目の4シームをLFスタンドへHR。スタッシとレンヒーフォがいたので、3ランHRとなり、エンゼルスは2回で5得点を奪い、大谷選手をバックアップする形となりました。トラウトはこれで6戦連続のHRで、今季34号。

 エンゼルスは5回表にも、テイラー・ウォルターを2塁に置いて、マイク・フォードがRFへタイムリー2塁打を放ち、6点目を奪います。

大谷選手も立ち上がりに失点

 大谷選手は立ち上がり、リードオフのホセ・アルトゥーベにアウトコースのカットボールを打たれ、出塁を許します。

 その後、ワイルド・ピッチでアルトゥーベは2塁へ進塁。ユリ・グリエルにはRFへのシングルを許し、これをテイラー・ウォードがもたついた間に、アルトゥーベがホームイン。アストロズに1-1のタイスコアに持ち込まれました。

自己最速の101.4mphをマーク

 大谷選手の初回の投球は、変化球はカットとスライダーが中心。シンカーはユリ・グリエルの打席で1度投げただけ。初回はまだしっくり来てなかったようです。

 2イニング目のチャズ・マコーミックの打席からシンカーが一気に増えました。3イニング目の3アウト目をカイル・タッカーから三振を奪いましたが、その時に投げた4シームが101.4mphをマーク。自己最速となりました。 163.19kmhです。

アルトゥーベを2打席連続三振に 

 大谷選手に対してよく打っているホセ・アルトゥーベは上述の通り、第1打席でヒットを放ちました。しかし、この日対峙した残り2打席はいずれも三振。

 これは間違いなくシンカーの効果で、アルトゥーベにはインコースに食い込むこのボールがどうやら邪魔になってきたようです。これがあるから、スライダーも活きてきます。今後のアルトゥーベとの対戦は見ものです。大谷選手もかなり自信を持って投げられるのでは?とも思います。

ブリスター・イシューで降板

 ただ、その代償もやはりあって、この日大谷選手は5回、79球で降板。6イニング目もマウンドに上がりましたが、ブリスター・イシュー(マメ)でそれ以降は諦めざるを得なくなりました。

 新しいボールを投げるとこういうことが起こりますね。これは時薬ですので、次の登板が見込まれるマリナーズ戦に間に合うかどうかです。

ジミー・ハーゲットがまた好投

 なお、ゲームの方ですが、6回からジミー・ハーゲットが大谷選手をリレー。ジミー・ハーゲットは変わりなばに死球を与えるもその後はパーフェクト投球。8回2アウトまで2.2イニングをしっかりと投げきりました。調子がいいですね。

 その後はホセ・キハーダが小気味よく投げ込み、こちらも1.1イニングをスコアレス投球。

 6-1のスコアでエンゼルスが勝利し、大谷選手に12週目がつきました。

イニング不足で一旦はERAはランキング外へ

 大谷選手はこの日の登板で、141.0イニング。エンゼルスの消化試合数は、現地10日のこのゲームで139。よって、現時点ではERA2.55はア・リーグのランキングで4位に入っていますが、あと3試合でイニング不足となり、一旦はERAランキングから外れます。

 次の登板はブリスター・イシューが回復すれば、エンゼルスが145試合目か146試合目での登板になるでしょうから、また一度復帰。その後、またイニング不足でランクから外れるという状態になりそうです。

 最終的に162イニングに到達するかどうかは微妙。到達すればERAランキングで上位に入りそうです。

 なお、奪三振数は問題ありません。現在は188で、こちらもア・リーグのランキングで4位。シェーン・マクラナハンが怪我で離脱しているので抜きましたね(マクラナハンは182)。

 大谷選手、今度はまたしても史上初となるイベントが控えています。今度は30HR以上、200奪三振。これももう目の前に引き寄せています。

 ブリスター・イシューが問題なければ、おそらくあと3度の登板となりそうです。場合によっては4度もあるかもしれませんね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました